卵の殻を容器にした美味しい卵プリン

プリンと言えば卵を使ったカスタードプリン(卵プリン)がやっぱり一番最初に思い浮かぶと思います。その卵プリンの容器を卵ので代用すると見た目もとってもかわいいプリンになるんです。卵の殻に入った卵プリンってどんなものがあるのでしょう。

スポンサードリンク


甘くて柔らかく一口食べると口の中でとろけて幸せな気持ちになれるプリン。大人も子供もお年寄りにも、みんなに愛され続けるプリンです。そしてプリンといえばカスタードプリン、やっぱり卵のイメージですよね。

卵の殻を容器にしたプリンって、おしゃれでおいしそうに感じませんか?見ているだけで幸せな気分になれ食べるのがもったいないくらいに可愛いです。

関連画像

お店で売ってある卵の殻を容器にした卵プリン

卵の本当の殻に卵プリンが入っているものから卵の殻をイメージした容器にプリンが入っている卵プリンまで色々あります。見た目が可愛くて、お味を考える前に思わず買ってしまいそうです。

本物の卵の殻を使った卵プリン

ファーム・ヌーボー『ひよこプリン』・・・北海道千歳市

たまご専門店が販売するかわいいプリンです。とっても可愛くて観光客にも大好評のようです。

「卵プリン 殻」の画像検索結果

本当のヒヨコが卵の中にいるみたいな、そんなかわいらしい卵プリンです。

自社養鶏場の卵を使ったお菓子が評判。なかでも麦飯石卵を使った完全手作りのひよこプリン(1,260円・5個入り)が一番人気。

■DATA

住所
千歳市長都駅前4-8-4
営業時間
11:30~17:30
定休日
(日)
駐車場
2台
電話番号
0123-27-6202

交通アクセス

交通アクセス・JR札幌駅から普通列車千歳行きなどで約50分、長都駅から徒歩約7分
・車でJR札幌駅から道央自動車道を経由して約48km、約1時間(所要時間は交通状況により変わりますのでご了承ください)【JR】
http://www.jrhokkaido.co.jp/
環境にもやさしく快適!移動にはぜひJRをご利用下さい。

本物の卵の殻に入ったプリンの上に飾ってあるクッキーのヒヨコがなんとも言えず可愛いですね。5個入り1,260円が一番人気だそうです。自社の養鶏場の卵を使うのですから出来た卵プリンもとっても新鮮ですよね。

ラ・リーヴ

内野本郷店 店舗紹介

創業1976年、今年で41周年を迎える埼玉にある洋菓子店です。

現在では内野本郷店、宮原店の2店舗を構える人気のパティスリーです。
オーナーの岸さんは、二代目。初代オーナーであるお父様の元で19歳の頃から修行を積み、現在に至っています。

今では二代目として創業からの変わらぬ独自の味を大切にしながら日々新しいお菓子の創作にも挑戦していらっしゃいます。
ラ・リーヴ洋菓子店さんでは、卵プリンだけでなく見た目の可愛らしいケーキも多くてそれが子供から大人まで地域の方々に愛されるお店の秘訣となっています。

ラ・リーヴ洋菓子店さんで一番人気の商品は、『うみたてプリン』です。

菅野養鶏所の自然卵を、清浄・加熱殺菌して牧場直送の生乳を使用し、ラ・リーヴさん独自の製法で 仕上げた昔ながらの濃厚な味でそれでいて卵くさみのない、甘味とコクのある卵プリンです。

卵の殻に入った卵プリンが、可愛い見た目とこだわりの味で老若男女問わず人気の商品です。お土産にも最適です。

当店では、なるべく子供に喜ばれるような可愛らしいケーキを作るように心がけております。
店内には喫茶スペースもあり、イート・イン限定のメニューもご用意しております。
アクセスですが、こちらの内野本郷店はJR高崎線「宮原駅」西口より徒歩20分のところにございます。

イート・インスペースがあるなんて嬉しいですよね。

内野本郷店 店舗紹介

本郷店は白を基調としたオシャレな内観となっております。
ケーキも焼き菓子も豊富に取り揃えておりますので、
どうぞお立ち寄り下さい。

内野本郷店 店舗紹介

本郷店のティールームはカウンター式になっています。
店内の内装に合わせ、シルバーを基調とした、おしゃれなスペースです。

ラ・リーヴは1976年創業の洋菓子店です。地域の皆様に愛されるお店を心掛けています。
ラ・リーヴ洋菓子店 内野本郷店
〒331-0045 埼玉県さいたま市西区内野本郷543-2 TEL:048-624-5129【営業時間】10:00~20:00
【定休日】火曜日
ラ・リーヴ洋菓子店 宮原店
〒331-0812 埼玉県さいたま市北区宮原町3-559 TEL:048-651-6579【営業時間】9:00~20:00
【定休日】年中無休
ラ・リーヴ洋菓子店 宮原店

うみたてプリン
¥100

ココロノアカリの『たまごのプリン』

ココロノアカリ

出典:http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130201/13097888/dtlrvwlst/5676133/

百貨店で人気の卵プリンです。大切に育てられた鶏の卵から容器は作られています。
連日完売という、驚くべき人気で本店の他、全国の大型商業施設や百貨店で取り扱われています。

〈丸ビル本店〉
【住所】
東京都千代田区丸の内2-4-1 B1
【電話番号】
03-5223-3850
【営業時間】
[月~土] 11:00~21:00
[日・祝] 11:00~20:00
【定休日】
丸ビルに準ずる

見た目が可愛いだけでなく原材料には、こだわりもしっかりあって、安心して食べる事が出来る卵プリンです。

たまごのプリン 6個入り

カラメルソースは、ラム酒風味とプレーンの2種類入っています。元々、濃厚でしっかりしたプリンですので最初に一口何も付けずにいただき、それぞれのソースで一口、色んな味を楽しめます。

容器は、本物の「卵」の殻ですからそれだけでもなんだか嬉しくなりそうです。作る側の特別な気持ちを体感しながら、美味しい卵プリンを楽しめます。

卵の殻の形をした容器の卵プリン

こちらでご紹介するのは沢山ありすぎて困るほどです。

たまご専門店 TAMAGOYA

  • 住所

    〒411-0815 静岡県三島市安久322-1


  • 電話

    0120-54-0831


  • 駐車場

    200台完備


  • 定休日

    年中無休


  • 営業時間

    【SHOP】
    平日 / 9:00~18:00 土日祝 / 9:00~19:00

    【RESTAURANT & CAFE】
    カフェタイム / 9:30~11:30
    ランチタイム / 11:30~15:00
    カフェタイム / 15:00~16:30
    ※カフェタイムはパンケーキとドリンクのみのご提供

富士山を望む静岡県三島市、国道136号線沿いにございます。また駐車場は200台完備しております。

たまご専門店 TAMAGOYA 外観
卵本来の美味しさ

物販スペースでは、日の出たまごだけを贅沢に使ったバームクーヘンやカステラ。日の出たまごをふんだんに使っているお菓子はやっぱり日の出色!?
是非自分の目で確かめてみて下さい!!
可愛らしい10種類以上の旬のフルーツを使用した「フルーツタルト」
カラフルな色に目が奪われる「たまごたっぷりんシリーズ」目で見て楽しめる商品が店内にいっぱいです!

ここまで沢山卵プリンが並んでいますと圧倒されそうですね。↑全部食べてみたくなります。(笑)

たまごたっぷりん アソート 10個入
色とりどりの美味しさ

たまごたっぷりん
アソート 10個入

2,240円

たまごたっぷりん アソート 6個入
全種類詰まった嬉しい

たまごたっぷりん
アソート 6個入

1,320円

たまごたっぷりん アソート 4個入
新商品の4種類を楽しめる

たまごたっぷりん
アソート 4個入

920円

その他にも卵の殻ではなくて普通の容器に入ったプリンも用意してあるようです。和三盆を使ったプリン、3個で1700円、10個入りもあります。

三島・安久 きみのぷりん 3個入
日の出たまごの卵黄と和三盆

三島・安久 きみのぷりん
3個入

1,700円

富士山を望む静岡県三島市、国道136号線沿いにお店はあるようです。また駐車場は200台完備とはうれしいですね。

スポンサードリンク


銀座たまや『ごまたまごプリン』

出典:http://www.tokyotamago.com/product/purin/index.html

東京土産『ごまたまご』で有名な銀座たまやのプリン。これもカッチリしたしっかり生地の卵プリンです。美味しいし崩れにくくてお土産にもってこいですね。
中のソースにはカラメルソースではなく、ごまが入っているんですよ。

銀座本店の他に、JR駅や空港でも買うことができます。

プラスチックの容器も軽くて丈夫、本当の卵の殻の色をしています。それだけでも可愛いですよね。

〈銀座本店〉
【住所】
東京都中央区銀座7-14-14
【電話番号】
03-5201-3510
【営業時間】
[月~土] 10:00~18:30
【定休日】
日祝日

これは東京名物のひとつですね。お土産には喜ばれます。

卵卵(らんらん)ふわぁ~む『地養卵たっぷりん』

卵卵ふわぁ~む

出典:http://www.kakizen.jp/031/01/

三重県にある「垣善フレッグ」という養鶏場が経営するお店の卵プリンです。こちら卵の殻の形とは言え、透明で中身が見えるのでなおさら美味しそうに感じますよね。

地養卵たっぷりんと名前も粋です。なんだか栄養満点で病気も吹っ飛びそうな名前の卵プリンですね。

お店の名前もお客様が「らんらん」と幸せな気持ちになってもらえるようにと「卵らん卵らん」とつけられた店名だそうです。

素敵ですよね。プリンの他に、シュークリームやロールケーキもあります。

〈卵卵ふわぁ~む〉

HP0010.jpg

広々とした感じがとっても素敵なお店ですよね。

・・・らんらんふぁ~む・・可愛い名前ですね。
【住所】
三重県北牟婁郡紀北町紀伊長島区長島629-1
【電話番号】
0597-47-3931
【営業時間】
10:00~18:00
【定休日】
水曜日
三重県、ちょっと遠いけどいつか行ってみたいお店です。

お取り寄せも出来るようです。良かったですね。

タマゴ屋さんのスイーツ、卵卵ふわぁ~むネットショップ

卵の殻を使ってお家で作る卵プリン

ここまで見てきますと、なんだか無性に卵の殻で出来た容器に入った卵プリンを食べてみたい気がしてきます。

レシピを見てみましょう。どんな風に作るのでしょう。

ウフとはフランス語で卵のことだそうで「ウフプリン」って卵の殻で作ったプリンの事なんですね。

とっても詳しく書いてあるレシピをレシピID : 4277960さん有難うございます。COOKPADさん➡ウフプディング 卵の殻プリン

ウフプディング 卵の殻プリン

ウフプディング 卵の殻プリン
ウフはフランス語で卵のことで、卵を殻ごと使ったプリンです。
材料 (8個)
牛乳
250cc
2個
砂糖
30g
バニラエッセンス
少々
卵の殻
8個

1

写真

卵の殻の尖っている方をこつこつとテーブル等で叩き、軽くヒビを入れて殻を少しずつ剥きます。殻を上手に割るのは難しそうですね。

2

写真

牛乳、卵、砂糖をボウルに入れ、(ハンドミキサー又はホイッパーで)よく混ぜ合わせます。

3

写真

手順2の卵液にバニラエッセンスを加えて濾し器で濾して、卵の殻に入れます。・・・やっぱりなめらかにするためにこしたほうが良さそうです。また壊れた卵の殻が入るのを防げます。

4

写真

水を1cm程張った圧力鍋に目皿を敷き、手順3を乗せ、低圧で1分加熱し、鍋肌の粗熱が取れるまで蓋を外さずに蒸します。

 こちら蒸し器でも出来ます。蒸し器の場合は弱火で10分程蒸して様子を見てください。

5

写真

容器を揺すってみて、卵液がプルプルと揺れて液が垂れなければ、プリンの完成です。

6

写真

カラメルソースは別レシピ、《カラメルソースの作り方》ID:4232458を参照下さい。

7

写真

卵が入っていたパックに詰めてみました。

卵の殻をとる以外は割と簡単に出来そうですね。見た目もとってもおしゃれです。

コツ・ポイント

圧力鍋で蒸し上げましたが、蒸し器の場合は弱火で10分程蒸しても美味しく蒸し上がると思います。
アルミホイルでリングを作り、その上に卵を乗せています。

このレシピの生い立ち

卵の殻を使ったプリンを作ってみました。
レシピID : 4277960

まとめ

いかがでしたか?普通の容器の代わりに卵の殻を使って卵プリンを作るととっても可愛く、おしゃれな卵プリンになります。

本当の卵の殻に入れて卵プリンを作ってあるものから、卵の形をした容器に入っている卵プリンまで色々でしたが、見た目も楽しめる美味しい卵プリンでしたね。

関連画像

自分でも割と簡単に出来ますので、小さなお子様がいらっしゃるご家庭ではとても喜ばれると思います。ぜひ一度作ってあげてください。

関連画像

今日の一言・・・美味しい卵プリンを卵の殻に入れて作るなんてグッドアイデアですね。しかもお家でも出来ちゃいます。可愛くて栄養価も高い美味しいプリンは、本当にみんなに幸せを呼ぶ食べ物なんですね。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です