糖尿病にならない為の毎日の食事と・・ご褒美ケーキ!

甘いものが大好き、特にケーキが大好きでほとんど毎日お菓子やケーキを食べてる・・・目の前のケーキをお口に運びながら幸せ気分にひたる毎日、でもその時一瞬、頭の中をよぎるのは、あのこわぁ~い言葉・・・糖尿病。皆さんそんな経験ないですか?

または、「今はまだ糖尿病だなんて言われてないし元気だけど、家族の中に糖尿病になってる人がいるのよね、私、毎日ケーキを食べて大丈夫かしら?」とケーキを食べることに不安なあなた。そんな方は、今すぐこれを読んで毎日の健康な暮らしを手に入れましょう。糖尿病と診断された方にもおすすめのケーキのレシピも載せてます。

スポンサードリンク


糖尿病ってどんな病気?

糖尿病

最近毎日といっていいほど耳にする言葉の中に糖尿病という言葉があります。「毎日甘いものばかり食べてたら糖尿病になっちゃった。」とか、「毎日毎日ケーキばかり食べると糖尿病になるよ!」などなど。「いったい糖尿病ってどんな病気?」と聞かれても「はい、糖尿病とはこんな病気です。」と答えられる人って少ないんじゃないでしょうか。では糖尿病とはいったいどんな病気なのでしょうか?

血糖値はすい臓から出るインスリンというホルモンによって正常に保たれているのですが、なんらかの原因でインスリンの作用が低下し体内に取り込まれた糖質が体内で利用されず血中ブドウ糖が増え慢性的に高血糖になる病気が糖尿病です。

糖尿病には主に2つのタイプがあります。その中で1型は生まれつきインスリンがすい臓から出る量が少ない、又は他の病気などが原因でインスリンが作られずインスリンの量が足らないので外から(注射や内服薬)補わなくてはいけない場合などです。

2型は毎日のインスリンの分泌が少なくなって作用が悪くなったり肝臓や筋肉に血中からうまくブドウ糖を取り込まれずに糖尿病になる場合で日本の糖尿病患者さんの95%以上がこれに属します。一口に糖尿病と言っても色々あるわけです。

糖尿病ってどうして怖いの?

ではなぜ糖尿病は怖い病気なのでしょうか?それは、血糖値が上がると色々な悪循環が体内で起こるからです。

例えば糖尿病網膜症、糖尿病緑内障、糖尿病白内障などの目の病気になり失明する恐れのある人もいれば、糖尿病神経障害が出てケガしても痛みの神経がマヒして気づかず治りにくく、細菌感染したり脚が壊死して最悪の場合、足を切断しないといけなくなる人もいます。糖尿病腎症では糖尿病のために腎臓の糸球体の働きが悪くなり自分の力で血液をろ過してきれいにできず人工透析で血液をろ過し尿をつくらなくてはいけなくなります。これらが糖尿病3大合併症です。

糖尿病を放っておくと他にも色んな症状が出てきます。最初のうちは立ちくらみ、目のかすみ、多尿、口渇、疲れ、手足の冷え、しびれ、肌荒れ程度から生理不順、インポテンツ、さらには心筋梗塞、脳梗塞などいくらでも他の病気が併発します。

糖尿病と言われたら必ず毎日の食事を考えて血糖値をコントロールするようにしないといけません。が、その前に糖尿病にならないために毎日の暮らしで出来ることがあるはずです。

どうしてケーキや甘いものを毎日たくさん食べると糖尿病になりやすいと言われるの?

「ケーキばかり毎日食べると糖尿病になるよ!」と注意されたことのある人は沢山いますよね!

市販のケーキや甘いものは糖質が沢山含まれています。それをたくさん食べると血糖値が上がり血糖値を正常にするためにすい臓からインスリンが出ます。ケーキなど甘いものばかり毎日過剰に食べ続ければすい臓にも負担をかけてインスリンの出が悪くなり血糖値を正常に保てず、糖尿病になる危険性があります。

また高カロリーのケーキや甘いもの取り過ぎは当然太ります。消費できない余分なカロリーは毎日体内に脂肪として蓄えられます。肝臓や筋肉が脂肪肝、脂肪筋となりインスリンの働きが鈍り糖尿病になりやすくなります。

それから肥満になると膨れ上がった脂肪細胞から分泌される物質がインスリンの働きを邪魔し血糖値を正常に保つのが難しくなり糖尿病になりやすくなります。さらに血糖値を下げるためインスリンを出そう、出そう、とするすい臓の働き自体が弱り、インスリンの出が悪くなり糖尿病につながる恐れがあります。

では糖尿病になりたくないならケーキは食べれないの?

そんなことはありません。糖尿病の人でさえも毎日意識的に摂取カロリーをコントロールしていたら毎日何を食べても基本大丈夫なのですから。ましてや健康体の人の糖尿病予防の毎日の食事となればバランスのとれた食事を心掛け、毎日適度な運動をしてさえいればケーキを食べるのなんて心配などしなくて大丈夫。要は食べ方と毎日の暮らしをどんなにするかなのです。

糖尿病にならない為の毎日の食事ってどんなもの?

幸いなことに糖尿病という病気には摂ってはいけないという食べ物はありません。つまり糖尿病の毎日の食生活ではどんな種類の食事でもほどほどに食べて毎日の栄養のバランスをよくし、すい臓に負担をかけないようにします。ですから糖尿病予防の為の食事はこれにならって毎日食事をバランスよく摂り、適度な運動を心掛けていれば日本人に多い2型糖尿病予防にはつながります。

例えばケーキのドカ食いをしない。毎日3度の食事はキチンと摂るようにすると一度に沢山の量を食べる事もなくすい臓にも負担がかからず糖尿病予防になる。ストレスをためない。自分にあった毎日の運動を心掛け、常日頃から「糖尿病にならないよう毎日の食べ物には気を付けよう!」といった意識をもつ。あまりにも自分に厳しすぎるとかえってストレスがたまり突然ケーキのドカ食いなどをするおそれがありますから、たまにはご褒美ケーキを自分に与える、などなどです。

ここで1つ注意が必要なのは、糖尿病という言葉の響きから頭に浮かぶのは砂糖ですよね?ですからケーキなど甘いものを食べないでいたらよいかというとそうではありません。御存じの通り、血糖値を上げるのは糖質ですのでその食べ物に糖質がどの位含まれているかが問題になります。つまり、ケーキのように甘くなくても糖質の割合が大きい食べ物は毎日の食事の中で注意が必要です。

ではどんな食べ物に毎日気を付けないといけないかと言うと、まずはやはりケーキなどのお菓子類、糖分の入った炭酸飲料、清涼飲料は一番注意が必要です。わりと飲み物は気付かない方が多いのですが、最近ではこれも常識、なるべくお茶など甘くないものを選びましょう。

次に毎日の食事のご飯や麺類、パンなど穀物からできたもの、また野菜でも芋類でも、カボチャやサツマイモなどはわりと血糖値を上げる度合いの高い方です。また、お肉や魚、卵は糖質が少なく生野菜に比べ腹持ちもいいので毎日の食事に取り込み食べるようにしましょう。

それから食物繊維の多い食べ物を毎日沢山食べると血糖値の上昇を穏やかにしてくれ便通をよくしてくれますので糖尿病予防には欠かせません。たとえば、白米の代わりに玄米を食べてみるとかゴボウやキノコ、海藻類を毎日の食事に加えるなどさまざまな工夫ができます。最近では難消化性デキストリンなどが入ったお茶やコーヒーなどもあり、糖だけでなく脂肪の吸収までも抑える手助けをしてくれます。ケーキを食べる時も一緒に飲む飲み物も考えたがよいですね。

 

糖尿病予防のご褒美ケーキのレシピ

しかしながらあまりにも糖尿病のことばかり気にして毎日暮らすのもストレスがたまります。きちんとしたと食事を毎日バランスよく食べ、糖質の取り過ぎに注意し適度な運動を心掛けている自分にご褒美ケーキをあげるのも大切です。

そこで糖尿病予防の為の糖質が少なく美味しいヨーグルトのデザートケーキ(グリークヨーグルト、水切りヨーグルト)をご紹介します。これなら火も使わず簡単に作れるので朝仕事に行く前にササッと仕込んで冷蔵庫に入れ仕事から帰ってからの楽しみになりオフィスのケーキなどの甘いものの誘惑も我慢できるというものです。

スノーホワイト ヨーグルトケーキ・・・グリークヨーグルト、水切りヨーグルト

グリークヨーグルトd (2)

1)準備するもの

煮沸消毒したガーゼ(固く絞ればOKです。)

金網(プラスチックでもよい)直径約15センチボウル型

金網を受けるボウル

輪ゴム2個

ラップ

2)材料

プレーンヨーグルト(無糖) 400g~450g

好みでブルーベリーなどの甘さを抑えたジャム(最近は色々な糖分を抑えたものがあります。)

3)はじめに

網にガーゼをかけて真ん中をくぼませ輪ゴム2個で周りを止め、ボウルにはめておく。(この時ガーゼと網の底に4センチ位の空間ができるようにします。)

4)作り方

安定した所でボウルにはめたガーゼの網の中にゆっくりとヨーグルトを全部入れてラップをかける。

冷蔵庫で8~12時間放置する。

ラップをとり網のボウルをボウルから外し、ガーゼに残ったヨーグルトの真ん中のくぼみに好みのジャムを加える。(あまり沢山だと後ではみ出るので注意して下さい。)

乳清(ホエイ)と呼ばれるボウルに残った液は捨てずにとっておく。

輪ゴムを外しガーゼを持ち上げてジャムをヨーグルトで包み込みながらきんちゃく型に絞る。

絞ったらお皿に絞り口を下にしてガーゼを外して入れる。好みでメープルシロップなど糖尿病予防によいシロップをかけたりしていただく。(イチゴなどの季節の果物で飾っても可愛いです。)一人分では多い場合は絞る時分ける。

5)応用

丸いビスケットなどの上に置いても可愛いです。

又、ヨーグルトで大きいのと小さいのを作り、雪だるまのようにしても小さいお子さんには喜ばれます。

6)参考

残った液、乳清(ホエイ)は捨てないで!・・・はちみつとレモンを加えて冷やして飲んでも美味しいし、シチューやポトフに加えてもよい。美容に効果的です。特に糖尿病予防に良いインスリン分泌効果もあり!

低脂肪ヨーグルトで作ると出来上がりの量が少なくなりますがこちらの方が一人で食べやすい量になります。100g約40kcal

まとめ

いかがでしたか?糖尿病にならない為には毎日の食事をバランスよくすることが大切です。また、糖質の取り過ぎには注意が必要ですが、ラッキーにも糖尿病で食べてはいけない食べ物というのはありません。ケーキや甘いものも食べ方や糖分を少なくすれば大丈夫。自分にご褒美ケーキをあげるのも大切です。毎日の適度な運動とバランスの良い食事を心掛けて糖尿病予防に繋げましょう。毎日の暮らしは健康志向で。これは糖尿病予防だけでなく成人病予防にも繋がります。

今日の一言・・・糖尿病予防はすべての病気の予防にもつながります。意識が大切、でも神経質にならないで!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です