男と女ではダイエットと痩せる食生活はどちらが簡単?

ダイエットのため同じ痩せる食生活をするにしても年齢や職種によって摂取カロリーが違ってきますし男の人と女の人でも痩せる効果にずいぶん違いがあるようです。

スポンサードリンク


現代の日本人は本当に恵まれていて、コンビニ、レストラン、スーパーといたるところに食品、食材があります。経済的に豊かでさえあれば食べ物に困るようなことは先ずないようです。

これは本当に有難いことですが、注意しておかないと、ついつい摂取カロリーが消費カロリーを上回って男の人も女の人も体重増加になりがちです。

男の人の方が女の人よりもダイエットに成功しやすい

痩せる食生活をダイエットに取り入れて「いざ頑張ろう!」と思っても、女の人よりも男の人の方が効果が出やすいようです。

ですから色々な痩せる食生活の方法や運動をやってもモチベーションが続かないで途中でダイエットを諦めてしまうのは、どうも女の人のようです。

これは一体どうしてなのでしょう。そして女の人の方が同じ痩せる食生活をしていても男の人より痩せにくいという問題をどう解決していけばいいのでしょう。

今回は男の人と女の人の体の仕組みと痩せる食生活の違いについて考えてみました。

女の人は男の人に比べて痩せにくいのはなぜ?

男と女の筋肉量の違い

決心してダイエットを始めると女より、男の人のダイエットのほうが早く効果が現れやすいですね。不公平なように思えます。

その理由の一つには、体のつくりにあります。

アスリートなど、例外はありますが、一般人では男の人の方が女の人よりも筋肉量が多く、その分基礎代謝量が多くなり脂肪を燃焼しやすくできています。

つまり男の人の方が体に蓄積された余分な脂肪が女の人より燃焼しやすい体の構造をしているのです。

男と女の基礎代謝量の違い

先ほども触れましたが、基礎代謝とは、人間が生きていくうえで、必要とされる最低限のエネルギー量のことです。

女の人より男の人の方がダイエットが成功しやすい一つの理由は、基礎代謝量が多く、多いという事は自然と消費するカロリーも多くなるという事です。

つまり余分な脂肪が燃焼しやすい体のつくりに男の人はなっているのです。

男の人の基礎代謝量は、女の人の基礎代謝量より500kcal位多くなっています。カロリーを燃やしやすい体に作られているんですね。

女の体には皮下脂肪がつきがちで取れにくい

「女性皮下脂肪写真フリー」の画像検索結果

反対に女の人の体は(皮下)脂肪がつきやすい作りになっています。

女の人にある子宮は妊娠して赤ちゃんが育つための部屋となる安全な場所でないといけません。

子宮は女の人にとって無くてはならない臓器の一つです。

転んでお腹を打ってしまったり、何か硬いものがぶつかったりなど外部からダメージが加わったら大変です。そんなときに外からの衝撃のクッションになってくれるのが、皮下脂肪です。

つまり皮下脂肪は子宮を外部の衝撃から守るという重要な役割を果たしています。

さらに皮下脂肪には保温の効果もあり、女の人の大敵である冷えから体を守ってくれます。

ですから女の人は男の人に比べ、皮下脂肪がつきやすくなっているからダイエットはそんなに簡単ではないという事が言えます。

また残念ながら皮下脂肪は一度つくとなかなか落ちにくいという特徴があります。

これはなぜかと言いますと、簡単には減らないエネルギー源として脂肪を体に蓄えておくことで、飢えに備え、お腹の赤ちゃんと一緒に生き延びるためと言われています。

男の人に多くついている内臓脂肪は取れやすい

男の人は筋トレをしても女の人より筋トレ効果が高くでます。

男の人の方が筋肉が育ちやすいので、ボディラインの変化がすぐにわかります。これはダイエットのモチベーションアップに繋がります。

更に脂肪の種類からも、男の人の方に多くついている内臓脂肪は、女の人の方に多くついている皮下脂肪よりも筋トレや運動で落ちやすくこれも男の人のダイエットのモチベーションに繋がります。

つまり内臓脂肪が目立つお腹がすぐにへこむので体の線、ウエストの変化がすぐにわかるんです。

男の人の方が女の人よりもダイエットを頑張った分、結果がすぐに表れてきやすいのでまた頑張ろうとやる気とモチベーションを高く持ち続けることができて、その結果女の人よりダイエットに成功しやすいという事が言えます。

つまり、男の人に見られがちな内臓脂肪は皮下脂肪に比べ比較的落ちやすく、男は女に比べて筋肉がつきやすいので、女の人は男の人に比べて痩せにくいと考えられます。

筋肉モリモリにはなりたくありませんが、女の人も適度な運動と痩せる食生活で嫌いな体を保ちたいですね。

スポンサードリンク


男の人と女の人の痩せる食生活とダイエット法

男の人の痩せる食生活で気を付けたい点

外で働く機会の多い、の人はやはりお付き合いも無視できません。会社の同僚や上司との飲み会、アルコールはつきものです。

アルコールはカロリーも高く、一緒に出てくる食事も塩辛いものや脂っこいものがメインになりがちです。

お昼も外食の方が多いので用心しないといけません。

毎日これが続きますと痩せる食生活からは程遠いものとなります。

男の人の痩せる食生活とダイエット

・筋肉がつきやすい体なので痩せる食生活に運動を取り入れて痩せる

「筋トレ写真フリー」の画像検索結果

高タンパク、低脂肪の食材を選んで痩せる食生活をしながら体を鍛えるのが一番です。しっかりと身体を鍛えると目に見えて体のラインが引き締まってきます。

運動を痩せる食生活に運動を取り入れることにより男の人は筋肉を発達させモチベーションも上がってきます。

・筋肉が増えると基礎代謝量がアップ

「筋トレ写真フリー」の画像検索結果

男の人なら基礎代謝量が高くなるような運動を選びましょう。

基礎代謝量が高くなるような運動・・・

無酸素運動筋トレや短距離走などの激しい運動を指します。
激しい運動をおこなっている場合は、息を止めたり、息を強く吐くなどするため、運動中は酸素をあまり取り入れません。そのため、無酸素運動と呼ばれています。
筋肉が鍛えられるため、基礎代謝量が増えるのが特徴です。

基礎代謝量を高めると運動していなくても、寝ている間に脂肪燃焼させることができるのですから、更に良いです。

・毎日体重、体脂肪率をチェック

「体脂肪チェック写真フリー」の画像検索結果

毎日の数値をグラフにつけて、1週間サイクルで変化をみると今の状態が順調に痩せているときなのか、あるいは壁にぶつかっているときなのかがよくわかります。

それが分かると痩せる食生活で今は何を食べた方が良いのかも分かります。

・食事は食べる量やカロリーだけではなく、何をどのような組み合わせで食べるか、(痩せる)食生活に気をつける

カロリーのことばかり気にする人がいますが、痩せる食生活において重要なことは何をどのような組み合わせで食べたかです。

こののように運動と痩せる食生活の基本的なルールを理解してダイエットを実行すれば、男の人ならば必ず満足のいく結果が得られるはずです。

女の人の痩せる食生活で気を付けたい点

「ケーキと女性写真フリー」の画像検索結果

女の人が大好きなスイーツ、お菓子類は痩せる食生活をする時は、少し控えるようにしましょう。全く食べないとストレスになって一度に沢山食べたりしてリバウンドしますからご褒美程度に食べるようにしましょう。

女の人の痩せる食生活とダイエット法

今まで書きましたようにダイエットでは男の人に比べて不利なことが多い女の人は、一体どうすればいいのでしょう。

その秘訣は、女の人の体の仕組みとうまく付き合いながらダイエットすることです。

女の人の体の特性を理解した上で心身に負担のかからない現実的なダイエットを痩せる食生活にも取り入れながらやることです。

毎月の生理で変わる心と身体の変化に合わせながら調節します。

運動を取り入れたり、痩せる食生活に自分ご褒美のスイーツを取り入れたりしてストレスを溜めずに無理をしないようにダイエットをする方が長続きします。

「ケーキと女性写真フリー」の画像検索結果

特に生理の前は無理な運動は避けましょう。

生理が終わり体調がよくなったら痩せる食生活に自分に合った適度な運動を取り入れましょう。

月経の周期による心身の変化を考慮しながら運動と痩せる食生活のスケジュールが作れます。

ここで気を付けたいのが生理前は食欲がわきやすいという事です。

こんな時には全く食べないと、さらにストレスになりますので、ストレスを溜めないためには我慢するのではなく痩せる食生活でダイエット用のお菓子や食材を準備したり作ったりしておきましょう。

例えば「生理前のストレスがかかる時にだけ、お菓子を痩せる食生活にも取り入れる」「腹持ちの良い低カロリーで食物繊維たっぷりの野菜スープを沢山準備しておく」などと自分ルールを作っておきましょう。

食事改善を心掛け正しい痩せる食生活をおくり、適度な運動を体調に合わせて取り入れ規則正しい生活を心掛けるようにすれば、無理なくダイエットが出来そうです。

女の人は、心身の変化を理解し、心身を休めてあげる時期を自分で理解し焦らないでいることがモチベーションを持ち続けることの秘訣です。

女性ホルモンの影響を理解することがダイエット成功の秘訣とも言えます。

女の人は激しい運動でなく栄養バランスのとれた痩せる食生活も生活に取り入れ、短期間で痩せるのではなく長い目でみてダイエットを成功させようという考えで取り組むと体に負担もかからず良いと思います。

まとめ

いかがでしたか?

男の人と女の人では体の構造が違いますので、その分ダイエットの仕方も違ってきます。

痩せる食生活は?と言うと、男の人ならば筋肉を増やし基礎代謝量を増やすような痩せる食生活の食材を選ぶのが良いでしょう。

例えば高たんぱくの低脂肪の鶏の胸肉やささ身、大豆食品の豆腐、豆乳などの食材です。

女の人はやはり皮下脂肪がつきやすく取れにくい体となっています。

の人はこの体の仕組みを受け入れて生理中は無理をせず、生理前の食欲が湧く時もダイエット用の食材を痩せる食生活に取り入れてうまく自分と付き合いながら長い目でダイエットを成功させたが良さそうです。

今日の一言・・・残念ながら女性は皮下脂肪がつきやすく取れにくい体なんですね。これを受け入れ、心と体に優しいダイエットを女の人は頑張りましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です