アルミカップを使って作る焼きプリン

焼きプリンの容器のイメージはありますか?昔ながらのアルミカップに入ったひんやり冷えた焼きプリンが冷蔵庫から出されると「これは本物のプリンだ!」なんて思ってしまうのは幸せパンだけでしょうか・・・。

スポンサードリンク


市販の焼きプリンはプラカップに入っていますが焼き目がついていて不思議に思います。

各メーカーの研究や苦労について調べてみますと驚かされます。

プラスチックなのに焼き目もついてる市販の焼きプリン色々、いったいどうやって?どこのメーカーが一番先?

最近では見慣れてなんとも思わないのかもしれませんが、焼きプリンと言うとアルミカップに入れてオーブンで焼き、出来上がったら冷蔵庫でキンキンに冷やされてるイメージがあります。

スプーンですくうと中のカラメルソースがじわっと開いたところににじみ出てきますよね。

そんな焼きプリン、アルミカップで作るとどんな利点があるのか調べてみました。

関連画像 「アルミカップの焼きプリン写真フリー」の画像検索結果

焼きプリンを作るアルミカップの種類

焼きプリンを作る時の陶器製のカップとアルミカップ

焼きプリンはプリンカップの材質によっても味は異なってきます。

なぜなら容器の種類によって熱伝導率が違い、それが焼きプリンの固まりかたに影響するからです。

陶器で出来たカップに比べ、アルミカップは熱伝導率がよく早く熱が伝わりますので、昔ながらの固めの焼きプリンをつくるのに適しています。

陶器製のカップは熱伝導率が悪いのでゆっくり穏やかに加熱することができます。ですから滑らかで軟らかいプリンをつくるのには陶器製のカップが適しています。

焼きプリンのアルミカップ色々

最近では使い捨てのアルミカップが100均でも出回っていて、その機能の優れていることにも驚かされます。

焼きプリン大好きファミリーなら大きさが色々あるようですので家族の人数分アルミカップを購入なさるのも良いでしょう。

一見高いようにも思えますが、大切に使いますと、何年も、いや何十年も変形せずに使えます。

お菓子作りの大好きなお友達へのプレゼントにもなります。

幸せパンはお菓子作りの大好きなお友達には中身を作ってそのままアルミカップごと、誕生日などにプレゼントとして贈ります。

とっても喜んでもらえます。

「アルミカップ プリン 使い捨て」の画像検索結果 「アルミカップの焼きプリン写真フリー」の画像検索結果

焼きプリン用アルミカップ色々 アルミカップ➡Amazonプライム さん

アルミプリンカップ No.5

アルミプリンカップ No.5 ¥ 118 くらい

色々な焼きプリン用のアルミカップがあります。焼きプリンだけでなく、もちろん熱を通さないゼラチンで固めるものやその他の凝固剤を使って作るプリンの容器にもなります。

ご家族の人数分お持ちになるのも良いかもです。

ただしご存知のように電子レンジでの熱伝導は無理です。

使い捨てアルミカップ➡クオカさん

「使い捨てプリン用アルミカップ写真フリー」の画像検索結果

アルミ箔プリン型120ml10個

ふたつき・・・価格:505円 545円(税込) くらいであります。(10個)

ふたなし・・・価格:410円 442円(税込) くらいであります。(10個)

「100均アルミカップ」の画像検索結果

100均では、ふたなしで焼きプリン用アルミカップ5個で100円があるようです。

このように焼きプリン用のアルミカップで特にプラスチックの蓋が付いているものは冷蔵庫で冷やす時も衛生的ですね。

こちらも色々な大きさがあるようです。

焼きプリンをアルミカップで作る利点

「アルミカップ 焼きプリン オーブン」の画像検索結果

焼きプリンとなるとお家で作る時はやっぱりアルミカップか陶器の容器で作らないといけません。高温で卵の力を利用して固めるからです。

焼きプリンはもちろん、ゼラチンなどを使って作るプリン、チーズケーキやガトーショコラなど、ケーキを焼く型としても大活躍します。

熱の伝導

先ほどもちょっと触れましたが、陶器で出来たカップに比べ、アルミカップは熱伝導率がよく、早く熱が伝わります。

「アルミカップ 焼きプリン オーブン」の画像検索結果

ですから昔ながらの硬めの焼きプリンをつくるのに適しています。

陶器製のカップは熱伝導率が比較的悪いので、ゆっくり穏やかに加熱することができます。ですから滑らかで軟らかいプリンをつくるのには陶器製のカップが適しています。

関連画像

茶わん蒸しなど考えると分かりますよね。

使いきりのアルミカップならプレゼントやお弁当のおもたせに最適。

・チーズケーキやガトーショコラなど、焼きプリンはもちろん、火を使うケーキを焼く型としても利用出来ます。

・使いきりのアルミカップは手軽にプレゼントやお弁当の「おもたせ」にできてとても便利です。

「プリンアルミカップお菓子写真フリー」の画像検索結果 関連画像

お弁当にプラス手作りの焼きプリンの入ったアルミカップがあると非常にお昼が楽しみになりますよね。

さらに・・・アルミ製なのでバーナーであぶったりすることも可です。

「アルミカップ焼きバーナークリームブリュレ写真フリー」の画像検索結果 関連画像

焼きプリンやクリームブリュレ等は、表面にこんがりした焼き色が付いていると高級感もあり一層美味しそうに見えますよね!

このアルミカップならバーナーで焙っても大丈夫です。しっかりした焦げ目をつけられるのでおすすめです。特別な日の美味しいプリンにはこんな手法もありですね。

アルミカップを使った焼きプリンのレシピ

さあ、アルミカップで作る焼きプリンにはどんな美味しい焼きプリンがあるのでしょうか。見てみましょう。

アルミカップで作る滑らか焼きプリン

スの入らない、なめらかなプリンです。アルミプリンカップで作ります。と言う美味しそうな焼きプリンのレシピです。アルミカップ8個使用、半分でも出来ますね。

アルミカップで作る焼きプリンでも固くなく滑らかな焼きプリンも出来るというレシピです。

レシピID : 1467392 さん有難うございます。COOKPADさん➡なめらか。とろける。焼きプリン♪

なめらか。とろける。焼きプリン♪

なめらか。とろける。焼きプリン♪
スの入らない、なめらかなプリンです。
アルミプリンカップで作ります。
材料 (8個分)
牛乳
300cc
砂糖
65g
2個
バニラオイル
適量
カラメルタブレット(市販品)
8個

1

砂糖を40gと25gに分ける。

2

鍋に牛乳と分けた砂糖25gをいれ、火にかける。砂糖が溶けるまで温める。(沸騰させないように)

3

ボウルに卵をいれてときほぐし、残りの砂糖45gを入れて混ぜておく。

4

写真

③に温めた牛乳を少しずつ加えて混ぜ、こし器でこす。

5

写真

アルミカップにカラメルタブレットを入れ、出来上がったプリン液を流しいれる。

6

写真

深めのバットやケーキ型などにプリンカップを並べ、湯を注ぐ。プリンカップの半分くらいの位置まで湯を入れる。

7

予熱したオーブンで、150度~160度で25~30分、焼く。

8

写真

冷蔵庫で冷やして完成♪

コツ・ポイント

オーブンに入れるときは、必ず湯を入れます。
スが入らない、なめらかなプリンになります。

このレシピの生い立ち

いつもの作り方のアレンジ
レシピID : 1467392 

スポンサードリンク


アルミカップで作る定番の焼きプリン

これぞ基本の焼きプリンとも言える美味しい懐かしの焼きプリンのレシピです。詳しく丁寧に説明されているので嬉しいですね。

また、おすすめは温かいままで食べればトロトロの温プリンだそうです。

冷やして食べれば普通のカスタードプリンになるという事で、どちらも食べてみたい方には最適です。

レシピID : 3658377さん有難うございます。COOKPADさん➡基本の焼きプリン

基本の焼きプリン

基本の焼きプリン
温かいままで食べても冷やして食べても◎
材料 (プリンカップ4つ分またはココット5つ分)
■ 〜カラメルソース〜
砂糖
70g
大さじ3
熱湯
大さじ4
■ 〜プリン液〜
全卵
2個
黄卵
1個
牛乳
300cc
砂糖
40g
バニラエッセンス
数滴
焼く時の熱湯
適量(天板の深さによるので)

1

写真

〜カラメルを作る〜
砂糖と水を鍋に入れて中火で熱する。(まだ混ぜない。)

2

写真

しばらくすると泡が出てきます。

3

写真

泡が小康状態になり、茶色っぽくなってきたら鍋をゆらして全体の色が均一になるようにする。

4

写真

このくらいの色になったら火を止め、熱湯を入れて素早く泡立て器で混ぜる。(熱湯を入れたときに飛び跳ねるので注意!)

5

写真

出来上がったカラメルをカップに入れる。

6

カラメルを入れたら一旦カップを冷蔵庫に入れておく。

7

写真

〜プリン液〜
牛乳と砂糖をボウルに入れて砂糖が完全に溶けるまで混ぜる。

8

写真

別のボウルをもう一つ用意し、全卵と黄卵を入れて泡を立てないように優しく混ぜる。色が均一になるように混ぜる。

9

写真

卵を混ぜたボウルに先ほどの牛乳と砂糖を入れて混ぜる。

10

写真

しっかり混ざったらふるいで濾す。(この工程を省くとプリンの滑らかさが変わってくるので省かないでください。)

11

写真

濾すと白身などがふるいの中に残る状態になる。

12

写真

できたプリン液にバニラエッセンスを入れて混ぜ、冷蔵庫からカラメルを入れたカップを出してそっとプリン液をカップに入れる。

13

オーブンを170度に予熱する。その間にお湯を沸かしておく。

14

写真

オーブンの予熱が完了したらプリンをオーブンに設置し、天板に沸かしたお湯を注ぐ。(蒸し焼き状態にするから。)

15

25〜30分で焼く。

16

焼きあがって程よい焼き目が付いたら完成。焼き目が足りなければ追加で加熱。

17

温かいままで食べればトロトロの温プリンに、冷やして食べれば普通のカスタードプリンになります。(私は温プリンがオススメ)

コツ・ポイント

とりあえずプリン液を濾してください。するとしないとでは滑らかさが全然違います。そしてバニラエッセンスは必ず入れて下さい。入れないとめちゃくちゃ甘い卵焼きみたいになります笑

このレシピの生い立ち

友達のプレゼントにしようと思ったので。
レシピID : 3658377

まとめ

いかがでしたか?基本の昔懐かしいアルミカップの焼きプリン。美味しそうですよね。

熱の伝導がアルミカップは陶器の容器よりも早いので硬めの焼きプリンに適しているようです。

アルミカップで作ると美味しいだけでなく、使いきりのアルミカップならお弁当と一緒にお持たせにもなります。

お友達に差し入れやプレゼントにも使い切りアルミカップは便利ですね。お菓子作りを始めたばかりのお友達には、焼きプリンの入ったアルミカップをプリンごとプレゼントするのも喜ばれます。

ちょっとオシャレに使い切りアルミカップの表面をバーナーで焙ったりして焼きプリンやクリームブリュレも出来ます。

使いきりでないアルミカップは大切に使うと何十年も使えますのでかえってお得です。

アルミカップで作る典型的な焼きプリンのレシピも紹介しました。熱いうちにいただくと、とろとろ焼きプリンで、それも美味しそうでした。

今日の一言・・・いかがでしたか?アルミカップは熱の伝導が早いので冷えるのも比較的短時間で冷えます。アルミカップを使って作った美味しいひんやり焼きプリンを食べたくなりますね。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です