美味しくて健康的な無添加パンのカロリー

無添加パンは体に優しく美味しいパンと評判です。ここでは一般にイーストと呼んでいるパンやお饅頭などを作る時に使うドライイーストや生イースト、さらには大きなパン工場で使用するパンの膨らみを短時間でよりもっと膨らむように加えるイーストフードなどを加えていない天然酵母で作ったパンを無添加パンと呼ぶ事にします。

スポンサードリンク


もちろん、無添加パンとはその他にも着色料や防腐剤、乳化剤などの添加物も一切添加されてないパンの事です。

天然酵母を使って作った無添加パン

関連画像

天然酵母で作ったパンは見た目よりどっしり重いものが多いので食べごたえがあります。国産小麦粉を使用したものが多く、体に優しい素材で作られているのは事実です。

天然酵母で出来たパンは添加物を加えていないという事以外は普通のパンと材料はほとんど一緒です。カロリーもたいして違いはありません。ところが天然酵母で作る無添加パンはイーストで作りませんので膨らみがそれほどなくズッシリしています。

普通のパンと天然酵母のパンの違いとは?

「天然酵母写真」の画像検索結果

一番の違いはパンを膨らませるイースト菌です。一般的によく売られているパンのほとんどがドライイースト、もしくは生イーストを使用して生地を膨らませます。このドライイーストは化学薬品を使うから体に悪いと思っている方がいますが、決してそうではありません。

こちらの記事に普通のパンと天然酵母を使ったパンについて書いていますので是非ご覧ください。

無添加パンのレシピとそのパン屋さん

天然酵母のパンで楽しくダイエット

天然酵母で出来たパンは、果物等から自分で酵母を育て、その酵母で生地を膨らませます。レーズンやりんご、イチゴやバナナ、ヨーグルト等、酵母の素になるものはいろいろあり、その酵母によって風味や味が違ったり膨らみ方が違ったりします。

関連画像 関連画像

発酵の力も市販のイーストに比べ弱いので、ふわふわに膨らみやすいドライイーストを使ったパンに比べて出来上がりがどっしりと重くなりがちです。

市販の天然酵母種

最近では色々な天然酵母の種が売られています。本当に美味しいのでこれで作ってみると良いと思います。果物で自家製酵母を作るよりも手間と時間がかかりませんし、雑菌が繁殖しにくい利点があります。

「天然酵母写真」の画像検索結果 「天然酵母写真」の画像検索結果

無添加パンの安全性

市販のパンや街のパン屋さんのパンでは「添加物不使用」または「無添加パン」等と記載がないかぎり、添加物が入っている恐れがあります。

天然酵母のパンで出来たパンは体に優しいパンを目指して作っている人やパン屋さんが多いので添加物無しで作り、小麦粉も国産小麦粉を使用しているケースが多いようです。(日本では収穫の後の作物に農薬を使うことは禁止されています。)

ただし、無添加パンというだけあり、無添加なので自然から抽出した防腐剤なども使われていませんので普通のパンに比べて傷むのが早いのは事実です。

しかし、一方ではバターや乳製品、卵など加えてないものが多くその分傷みにくいパンもあります。安全性から考えてどちらが良いかというのは個人の判断に任せないといけません。

無添加パンってどのくらいのカロリー?

パンを作る酵母が違う以外は、添加物が入っていないというくらいの違いですので普通のパンとカロリーはさほど違いは無いのですが、ズッシリとしているパンが多いのでカロリーを気にする方は以下の事に気を付けると良いでしょう。

関連画像

パンが大好きな人は食べ過ぎに注意

天然酵母を使って作っていますので、その酵母の風味も最高に味わえますし、小麦粉そのもの、本来の小麦粉の味が生かされていて美味しいです。ですからパンが大好きな方は沢山食べちゃいます。

又、バターやその他の添加物なども含んでいない素朴でシンプルなパンが多いのですが、それだけを味わうのであればいいのですが、美味しいジャムやバターを沢山塗ったりしますとカロリーも高くなります。

「パンジャム写真フリー」の画像検索結果

普通のパンがフワフワで軽いのに比べ、天然酵母で作られたパンはズッシリしていますから食べごたえもあり少しの量で満足がいく人ならダイエットにも適していますが、パンが大好きな方なら沢山食べてしまう心配もあります。

神戸屋さんの無添加パンのカロリー・・・イーストフード・乳化剤・臭素酸カリウム不使用の無添加パン

自分で作る無添加パンは人それぞれ無添加の意味も違いますし作り方も違いますのでカロリーもそれぞれです。

ここではイーストフード・乳化剤・臭素酸カリウム不使用の無添加にこだわる神戸屋さんのパンについてカロリーを見ていきましょう。

神戸屋さん経営理念

Fresh & Pure

Fresh とは新鮮
食品を美味しく召し上がっていただくために欠かせない条件です

Pureとは純正
余分な手間を加えたり、食品添加物を使ったりしないで
素材そのものの美味しさを味わっていただこうという考え方です

科学技術の進化がもたらす恩恵以上に
自然の恩恵を大切にしたいと考えています

科学的につくられるおいしさよりも
自然な美味しさを生かしたいと考えています

イーストフード・乳化剤<br> 無添加への挑戦

Fresh & Pureを実践するために
私たちが次に取り組んだのがイーストフード・乳化剤無添加です

イーストフードとはイースト菌の栄養分
これを使うことによってパン生地が扱いやすくなり、生産性も上がります

乳化剤とは水分を保持する老化防止剤
これを使うことによってパンをいつまでも柔らかく保つことができます

昔ながらの手づくりの良さと最新の製造技術を結び付け
イーストフード・乳化剤無添加への挑戦を開始しました

試行錯誤を繰り返した結果、
1994年にイーストフード・乳化剤無添加商品の発売にこぎつけました
しかし、残念ながらすぐに固くなるという弱点があり
さらに数年間、改良に改良を重ねることになりました

ようやくその弱点を克服したのは1997年のこと
『神戸屋づくり』食パンを契機として新たな歴史が始まりました

昔ながらのつくり方へのこだわり

これまで、私たちは生産性を高め、少しでも安い価格で提供するために
ためらいなく科学の恩恵に浴してきました
イーストフード・乳化剤の使用もその一つです

しかし、環境問題が大きく取り上げられ
自然がもたらす恩恵のすばらしさが再認識されるようになると
私たちは改めてその当否を見なおす必要性を感じるようになりました

パンの主原料である小麦は自然の恵み、太陽大地の恵みです
パンを噛みしめた時に味わえる小麦粉のほのかな甘さと香り
それこそ自然が注ぎ込んだ小麦本来の美味しさです

今や私たちの生活は、科学の進歩と恩恵なくして成り立たなくなっていますが
だからといってそれに頼るのではなく
もう一度自然を見つめなおし
昔ながらのつくり方や昔ながらの美味しさにこだわりたいと思います

業界の流れからすれば小さなこだわりかもしれませんが
私たちにとっては大きなこだわりです

イーストフード・乳化剤を使わない昔ながらのつくり方考えています

1994年にスタートを切ったイーストフード・乳化剤無添加商品は
幾度となく改良を加えながら、着々と進化を遂げてきました

1997年 『神戸屋づくり』
1998年 『むぎの詩』シリーズ
1999年 『自然種』
2000年 『神戸そだち』
2001年 『新古典派』『湯種』『神戸ホテル食パン』
2004年 『湯種』『神戸屋づくり』『むぎの詩』
2006年 『神戸パン』『フランス食パン』
2007年 『さっくり食パン』
『湯種』リニューアル
2011年 『もちふわ食パン』

イーストフード・乳化剤を使わないばかりでなく
そのメリットをさらに生かすための工夫も怠りなく重ねてきました

メインテーマは小麦粉が持つ自然の力を引き出すこと
小麦粉本来の美味しさを生かすための試みです
その成果として実を結んだのが『むぎの詩』です

さらに小麦粉本来の美味しさを引き立てるために創意工夫をこらし
特許技術によって日本人好みの“もっちり感”を出すことに成功しました
発売以来たいへんご好評をいただいている『湯種』がそれです

そして2011年、創業以来、食パンにこだわり続け
“匠の技術”を生かした『もちふわ食パン』が誕生しました
私たちのチャレンジはこれからもまだまだ続きます

神戸屋グループでは

1980年(昭和55年)より
全商品について 臭素酸カリウムの使用を
中止いたしました

私たちは、臭素酸カリウムを使用したパンが
良いパンであるとは考えておりません
従って今後も、臭素酸カリウムを使用した
パンづくりは考えておりません

私たちは
Fresh&Pure
healthy is tasty
を企業理念としております

昔ながらの手づくりの良さと技術を結びつけ
美味しさや品質を 向上させる
努力を重ねております

現在では、イーストフード・乳化剤無添加の食パンを
お客様に、毎日お届けしております

スポンサードリンク


カンパーニュ

カンパーニュ

ポーリッシュ製法(水種法)を使用したフランスパンです。種を長時間熟成させることで、もっちりと柔らかい食感がお楽しみ頂けます。

268kcal(629kcal)

  • 小麦 落花生 そば えび かに
    (本品は同じ設備で卵を含む製品を製造しています)
    イーストフード・乳化剤無添加

 

くるみとレーズン

くるみとレーズン
カリフォルニア産くるみと赤ワインで風味付けしたカリフォルニア産レーズンを、長時間熟成の自家製発酵種ルヴァン種を使用した生地と合わせました。
298kcal(597kcal)
小麦 落花生 そば えび かに
(本品は同じ設備で卵を含む製品を製造しています)
イーストフード・乳化剤無添加

 

バイツェンブロート(スライス)

バイツェンブロート(スライス)
ゆりかご型の形状でミミまでソフトに焼き上げました。ほのかな甘みのきめ細かい生地に、石臼挽き小麦(小麦中2.5%使用)・ライ麦・発芽玄米・小麦ふすまを配合しました。
915kcal(261kcal)
小麦 落花生 そば えび かに
イーストフード・乳化剤無添加

これらのパンはある意味こだわった無添加パンです。カロリー的には普通のパンとあまり変わりません。体に優しく美味しいパンですが、その分食べすぎには注意したいものですね。

まとめ

いかがでしたか?無添加パンと言っても何を添加していないのかでどんな無添加パンなのか違ってきますが、カロリー的には普通のパンとたいして違いはありません。

食べごたえがありますので少量で良い、食べ過ぎない、という人もいれば、天然酵母で出来たパンは小麦粉そのものの味が楽しめて美味しいので反対についつい食べ過ぎてしまうという方もいるかと思います。

カロリーを気にしている方は注意して無添加パンをいただき、美味しいからと言って食べすぎには注意しましょう。

今日の一言・・・無添加パン、または普通のイーストを使わず天然酵母で作ったパンはズッシリしていて噛みごたえがあり、噛めば噛むほどパンそのものの美味しさを楽しめます。シンプルな素材で作れるのでご自分で作ってみても楽しいと思います。ただ、傷みやすいのでカビなどには十分注意した方がよさそうです。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です