頑固な宿便を出す方法、色々ありますが知ってますか?

宿便って知ってますか?読んでその名の通り、腸内に宿る、頑固な古い便の事です。

腸内に宿便がたまると美容と健康に色んな問題が出てきます。宿便の影響では自分で自覚症状のあるもの、例えばお腹が張ったり吹き出物が出来たりから自覚症状が無いものまであり、良いことは何一つもありません。

一体、頑固な宿便を出す方法ってあるのでしょうか?美容と健康の敵である宿便を出す方法考えてみましょう。

宿便って何?出す方法あるの?

「宿便写真」の画像検索結果

スポンサードリンク


ズバリ、宿便とは腸内に宿って出てこない頑固な便の事です。どんなものかわかると「出したいっ!出す方法知りたい!」と思いますよね。

よく耳にする宿便とは・・・なんとなく分かるのですが、いったいどんなものなのでしょう。

先にも書いたように腸内に溜まって(宿って)出てこない便の事です。つまり腸壁にこびりついている老廃物みたいなもの、こびりついていますからなかなか便として外に排泄されません。出す方法はあるんでしょうか。

こびりついてますから出す方法は、はがあしちゃえばいいんですが・・・。先ずは宿便を出す方法の前に宿便の原因を知りましょう。

国語辞典では「宿便:排泄(はいせつ)されないで長い間、腸の中にたまっている便。」等と書いてありますが、宿便という言葉自体は医学の専門用語ではないそうです。宿便は滞留便(たいりゅうべん)とも呼ばれるようです。

原因として考えられるものに、腸管が器質的に異常がある場合と、器質的には異常は無いのに腸管自体の蠕動(ぜんどう)運動などの機能低下で便秘になるだけでなく宿便として腸内に滞留している場合があるようです。

いったいどのくらいの量の宿便が人には溜まってるの?

どんな人でも、(つまり、毎日快便の方でも)おおよそ腸内に3~5kgの宿便があると言われています。「一升瓶1本位」という人もいます。「そんなに溜まっていて宿便を出す方法ってあるのかしら?」と思いますよね。

「宿便写真」の画像検索結果

宿便を出す方法があったら、その分体重も減って腸内環境もととのい、健康にも美容にも良く、一石二鳥の効果です。

宿便は腸壁にこびりついていますので、普通の便は宿便の内側を通り抜け、宿便までは普通の便とは一緒に排泄されないので、毎日便通のある人でさえも宿便がたまっているということです。

こんな事聞いたらゾッとしますね。すぐその体にある悪い宿便を出す方法考えたくなりますよね。

宿便を出す方法を考える前に宿便が腸内にあるとどうなるのか知っておきましょう!

宿便は腸内から体に必要な栄養分の消化吸収を妨げてしまいます。古い便が腸壁にこびりついていますからそれから毒素が発生され、血液をも汚していろいろな病気を引き起こす原因にもなります。

宿便の自覚症状、いったいどんな体の異常がみられるの?

口臭が気になるようになった。

もともと便秘がちがもっと頑固な便秘になった。また、排便の色が悪かったり異常な悪臭があったりズドンと出た感がない。

疲れやすくなった、だるさがある。

背中や肩、首コリがひどい。

肌荒れ、吹き出物がでて、肌にうるおい感がなくなった。

肥満、最近太り気味だ。体がだるくて重い。

お腹が張って悪臭のガスが出る。

など色々な自覚症状がでてきます。

自分にも宿便があるならそれを早く出す方法を知りたいですよね。

自覚症状が無くてもこんな病気になる可能性大です。

長いこと宿便が腸内に溜まると大腸内壁に空洞(憩室)が出来てそこに便が蓄積し詰まった状態になります。つまり、ますます排便が悪くなり便秘がひどくなり宿便が増えるのです。

「空洞憩室写真」の画像検索結果

それでも今までと同じような食事の量を食べ続けていれば、食べたものは大腸で滞留し(宿便、滞留便)、ウエルシュ菌などの悪玉菌が増殖し善玉菌に勝ってきます。

注)・・・ウエルシュ菌(Clostridium perfringens )は、ヒトや動物の大腸内常在菌であり、下水、河川、海、耕地などの土壌に広く分布する。ヒトの感染症としては食中毒の他に、ガス壊疽(ガスエソ)、化膿性感染症、敗血症等が知られている

つまり、どんどん宿便が溜まって腸内環境がどんどん悪くなるんです。

この状態が続けば、単におなかの調子が悪くなるというだけでなく、悪玉菌の増殖のため、食べた脂質や動物性たんぱく質の分解吸収を手助けする胆汁酸が、反対に発がん性物質に変化してしまう危険性があるそうです。

それがどんどん進行していけば、腸に蓄積した老廃物や不純物が腫瘍や潰瘍に変化してしまう事もあります。

発がん性物質に変化してしまうなら放っておくと大腸がんになる確率もあるでしょう。

つまり、宿便を「ただの便秘、ただの宿便だ。」と、安易にひと言で片づけてしまうには危険性が大きい症状なのです。

また、宿便から慢性的な便秘になってイレウス(腸閉塞)になることもあるそうです。

胃・十二指腸を通った食べ物が、腸で止まってしまうなんて大変です。

便が詰まるだけではなく、お腹の膨張感や吐き気、お腹の痛み、おう吐、脱水症状、さらには白血球の増加、発熱なども引き起こすこともあり、最悪の場合、緊急手術を要することさえあります。

この病気以外にも、宿便による頑固な便秘のため、切れ痔やイボ痔、痔ろうなどの肛門の病気をはじめ、高血圧症などにもなるそうです。

宿便、便秘が花粉症をはじめとしたアレルギー症状を引き起こし、それが宿便が原因と分からない方も沢山最近ではいらっしゃるようです。

つまり、宿便によって増殖した悪玉菌が大腸内にある便を腐敗させてしまい、腐敗によって有害物質が発生し、それが腸から吸収されて、体中に行きわたり、アレルギーの原因になると考えられています。

なんだか、宿便を出す方法絶対知っておきたいですよね。

どんな宿便を出す方法があるのでしょうか?

スポンサードリンク


宿便を出す方法って?

宿便を出す方法・・・腸内洗浄

これは自分で行うのではなく、病院、もしくは美容外科クリニックなどでやってもらえます。

腸内洗浄をすれば、大腸に溜まった宿便と一緒に老廃物、悪玉菌も洗い流され、腸内がきれいに掃除されスッキリなります。

この宿便を出す方法では、腸がきれいなるだけではなく、腸内環境が良くなるので、本来の腸の機能が回復し、水分も吸収され便秘や宿便になりにくくなります。

また、女性だけでなく男性でも肌荒れ、吹き出物・ニキビ、シワやシミなど、肌のトラブルの改善が期待できる点も宿便を出す方法、「腸内洗浄」のいいところでしょう。

宿便が一気に洗い流されるため、洗い流された宿便の分、体重が劇的に軽くなります。宿便が沢山溜まった人では、この宿便を出す方法では3~5kgも体重が劇的に減るそうです。

ただし、保険がきかないので自費となり、2万円位はかかるようです。腸内洗浄をお願いする病院、クリニックもしくは美容外科クリニックとよく相談するようになさってください。

ダイエット中の方にはこの出す方法はモチベーションアップにつながりますね。

「腸内洗浄キット」など自分で出来る腸内洗浄で宿便を出す方法もあるでしょうが、ここは専門の医師に相談するのが安全です。

自分の体ですから大切です。各人の体調は自分では分かりません。必ず専門医に宿便を出す方法の相談をなさることをお勧めします。

ただし、先ほども書きましたが、保険がききませんので高額にはなるでしょう。先ずはお医者様と相談するのが一番です。

宿便を出す方法・・・ファスティング(断食)

宿便(滞留便)を出す方法の一つとしてファスティング(断食)があります。

断食も、宿便や便秘の解消法、宿便を出す方法として知られています。これなら家で出来ますね。

断食はダイエットのイメージが強いようですが、それだけではありません。ファスティングといわれる断食では、ほかの効果もあります。

消化器官を休ませて各消化器官の機能を回復させ、消化器官内に溜まった老廃物や摂りすぎた栄養を排出する効果などです。

さらに言えば、宿便を出す方法の一つなんです。

便秘や宿便・滞留便は、腸内環境が悪くなったことが、主な原因です。

腸内環境のバランスを元に戻す為には、胃腸やその他の悪影響を受けた器官に休息を与え、そこを修復させる時間を与えることは重要なことなのです。

断食の間は、大切なことですが、「全然、飲まず食わず」というのでなく、野菜ジュースやファスティング用のダイエット食品などで体に必要最低限の栄養を必ず摂ります。←ここ大切です。

期間は、3~7日で大丈夫。

「三食を断食するのが自分には難しい」という方は

「1日目は朝食だけは摂る。それも低カロリーでビタミン、酵素が多いものの野菜や果物にする。

「野菜と果物写真」の画像検索結果

「2日目は朝食も抑える」

「食べない写真」の画像検索結果

「3日目~5日目は水と酵素ドリンク」

「酵素ドリンクを飲む写真」の画像検索結果

「6日目は消化に良いおかゆさんと梅干し」など

関連画像

「7日目は消化の良い普通のご飯を3食」

関連画像

など、自分の体調ややり方にあわせ、少しずつマイペースで進めていく方が、断食(ファスティング)を成功させるコツでもあります。

しかし、そうは言っても食事制限には忍耐が必要です。断食を我慢できなければ意味がなく、後で沢山食べるようなことがあっては失敗します。

それに、体力の必要なお仕事をしている方は食事はエネルギー源として不可欠です。

又、ファスティングしても宿便が必ず出るという保障がない事や人によって効果を得られるまでの期間が色々であること、職場ではファスティングがやりにくい。などのデメリットがあることも頭にとどめておく必要があります。

断食した後、リバウンドしてしまいかえって前より体調がよくない状態にもなりかねないので、自分の体と相談し計画的に強い意志を持って断食に挑む必要性があります。

宿便を出す方法・・・飲み物、食べ物で!

宿便を出す方法・・・飲み物

宿便を出す方法というより、水分は大切だとはお分かりですよね。水分が足りないと便も硬くなり出にくくなります。

デトックス用の飲み物には、黒ウーロン茶、プーアール茶、黒豆茶、マテ茶、ゴボウ茶、杜仲茶、生姜茶などがあります。

「デトックス用飲み物写真」の画像検索結果

又、最近は飲むヨーグルトなど乳酸菌飲料もありますね。

ただし、センナ茶のような下剤の効果に使うお茶は腸にかえって負担をかけますので、日頃、便秘気味で飲む方以外は避けた方がいいようです。

宿便を出す方法・・・食べ物・・・腸内を綺麗にする成分の代表、食物繊維

№1はコンニャクですよね。食物繊維たっぷりです。

「コンニャク写真」の画像検索結果

食物繊維は便のカサを増やし、腸の運動を高め、腸内のお掃除をしてくれます。

宿便を出す方法には食物繊維は欠かせません。ローカロリーで食物繊維たっぷりのコンニャクを食べる習慣をつけましょう。

コンニャク以外でも、ひじきやところてん、寒天などの海藻類は特にカロリーは低く、デトックス力が高いといわれています。

 

「ひじきところてん寒天写真」の画像検索結果 「ひじきところてん寒天写真」の画像検索結果 関連画像

野菜ではゴボウ、おから、大豆なども宿便を出す方法としては食物繊維豊富でいいでしょう。カサを増やし繊維が腸にこばりついた宿便をこさぎとってくれそうです。

「ゴボウおから大豆写真」の画像検索結果

宿便を出す方法・・・腸内環境を良くする乳酸菌

ヨーグルトなどの乳酸菌食品も、宿便を出す方法の一つです。

なぜなら善玉菌を増やし、腸の老廃物を排泄させる作用が期待できます。ですから、乳酸菌飲料なども宿便を出す方法の一つとして手軽に出来ますね。

「ヨーグルト写真」の画像検索結果

又、オリゴ糖、ラクツロースは、大腸で腸内の善玉菌(乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌)の「えさ」となり、善玉菌を増やし、悪玉菌をやっつけて腸の運動を促します。

シロップなどが売られているので、甘味料として試してみるといいでしょう。これも宿便を出す方法の一つです。

「オリゴ糖写真」の画像検索結果

乳酸菌など善玉菌を増やす「えさ」を体に与えることで善玉菌が増え、間接的に宿便を出す方法に繋がります。

宿便を出す方法・・・運動

宿便(滞留便)の原因には運動不足があげられることもあります。高齢で運動が無理、仕事が忙しいので運動は無理という方でも、工夫すれば少しでも運動不足の解消になり、宿便を出す方法の一つになります。

体質的に宿便が溜まりやすい方もいらっしゃいます。「食生活の改善だけでは結果がでない」という方もいらっしゃるでしょう。

そんなときは「運動を毎日の生活に取り入れてみよう。」と考えてみてください。腹筋を鍛えることだけでも便を押し出す力が強まり、宿便を出す方法の一つになるかもです。

体操や運動をすることによって便秘だけでなく宿便は解消可能だということです。

宿便を出す方法に効果的といわれる運動は特別なスポーツではありません。

「ながら運動」や、通勤・通学時にひと駅からふた駅歩く習慣をつけたり、エレベーター・エスカレーターは使わず階段の上り下りにする、、毎日ジョギング、ウォーキングする、などです。

ですが、しっかりと運動の成果(宿便を出す方法につながる成果)があらわれるのは、5km以上ジョギング、ウォーキングや30分以上ジョギング、ウォーキングなど、ある程度の運動が必要です。

腹筋を鍛える体操など工夫してやるのもいいでしょう。宿便を出す方法のひとつになります。

両手を使って「の」のマッサージを暇な時間がある時やる習慣をつけるのもいいみたいです。

「宿便を出す体操写真」の画像検索結果

さらには手をグウにしてマッサージ

「宿便を出す体操写真」の画像検索結果

「下腹ポッコリの便秘、たった3分の「腸もみ」で改善 )」

より引用させていただきました。

まとめ

いかがでしたか?宿便って色々な病気のもとになるんですね。宿便を出す方法にも色んな方法がありました。

一人に3kg~5kgの宿便があると聞いてショックですね。

宿便を出す方法では、

・腸内洗浄

・ファスティング(断食)

・宿便を出す方法に効果的な飲み物や食べ物

・腸内環境を整える乳酸菌

・そしてその餌になる(善玉菌を増やす)食べ物

・それから宿便を出す方法に効果的な日常の運動。

毎日快便の方でさえも宿便はあるそうです。なるべく自分に合った宿便を出す方法をためして、腸内環境を整え、健康的な生活をおくる習慣をみにつけましょう。

今日の一言・・・宿便ってだれにもあるなんてびっくりですが、少なくする(出す方法)を取り入れて皆が健康な暮らしができるといいですね!

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です