天然酵母のパンで楽しくダイエット

皆さん天然酵母で出来たパンを食べたことありますよね。普通のパンに比べて、ズッシリ、しっとりした食感で噛めば噛むほど美味しさが噛みしめられる美味しいパンです。

スポンサードリンク


もちろんなんでも大量に食べちゃうと太るのは当たり前です。この天然酵母で作られたパンは風味もよく噛みごたえもあり、噛めば噛むほど味がしてくるのでパクパク食べることもなく食べすぎにならずダイエットの時は大いに利用しましょう。

こちらの記事ではパンとスープでダイエットをする方法を記しています。ここでも天然酵母のパンを勧めているパン屋さんも出てきますので是非読んでいただけたらと思います。➡パンとスープで美味しくダイエット

「天然酵母のパン写真フリー」の画像検索結果 「天然酵母種おこし写真」の画像検索結果

天然酵母で出来たパンとイーストで出来たパンの違い

天然酵母のパンって聞くとどんなイメージを持たれているでしょうか?天然って聞くと自然で健康的な感覚にとらわれますよね。普通のパンに比べて安全で体に良くてダイエットや美容に良いパンなんて。間違ってはないのですが、まさにその通りというわけでもありません。

パンが出来る工程

小麦粉に混ぜた酵母菌が発酵するときに炭酸ガスが排出されます。それと小麦粉の特性であるグルテンの粘りを利用して生地が膨らみます。

発酵を利用して作る食品には、酒、醤油、味噌などたくさんあります。酵母菌とはパンやビール、ワイン、日本酒、みそ、しょうゆなどを生成する際に使われている菌の事です。

発酵に関してはこの記事に詳しく書いてあります。➡チーズダイエットとパンの組み合わせでストレスなくダイエット

ここで大切なのがパンに使われているイーストを多くの人が誤解をしています。天然酵母のパンの天然(酵母)という言葉に対して天然↔人工的に作られたとか化学的に作られたと誤解されるので体に悪いのでは?と思ってしまいますが全く関係ありません。

以下に説明しますね。

イースト(パン酵母)って?

パンに使われる代表的な酵母はイースト菌です。パン酵母とも呼びます。

“イースト(パン酵母)”はもともと自然界に存在した野生酵母の中から製パンに適した優良菌株を抜粋して純粋培養しています。

家庭で作るパンなどに利用される長期保存できるドライイーストと生イーストなどがあります。

特に、生イーストは発酵力が強く安定していますので通常、学校給食や製パン工場などで大量生産されるパンに使われています。

天然酵母という言い回しから、イーストで作られたパンを化学的に作り出した添加物であるイーストで作られたパンであると誤解されている方も多いみたいですね。

イーストはパンに適した単種の微生物(パン酵母)を衛生的に工場などで純粋培養したものであり化学的に作り出したものではありません。安心してくださいね。

天然酵母って?

「天然酵母種おこし写真」の画像検索結果

ズッシリ美味しそうですよね!↑

自分ちでも出来るのです。↓

「天然酵母のパン写真フリー」の画像検索結果 「天然酵母のパン写真フリー」の画像検索結果

こちらは自分の家でも菌を繁殖培養できます。ですから安心という方もいらっしゃいますが、消毒などきちんとしないと一歩間違えば空気中の色々な雑菌、微生物も付着しかねません。

10997585

・果物や穀物に付着している酵母を利用して酵母に小麦粉などの穀物粉(栄養)と水を加えて、製パンが可能なガスを発生できるところまで培養します。

・ガスが発生してパンを膨らませることが出来るようになるまで培養したもの、つまりこの発酵種がパンづくりに使用されます。これを天然酵母で作られたパンという事になります。

これらのパン種には、酵母の他に多種多様な乳酸菌などの微生物が増殖していますので、イーストだけを使って出来た通常のパン(イーストつまりパン酵母だけで発酵させたパン)に比べてそのパン種の独特な風味、香り、食感があります。

天然酵母は、先にも述べたようにブドウなど果実や穀物に付いている酵母を利用して種を作ったものです。つまりブドウやリンゴなど果実や穀物に付いている酵母をパン酵母として使用することでイースト(純粋培養)とは違った風味を作り出しています。

幸せパンも時々ブドウやバナナ、イチゴ、リンゴを利用して天然酵母の酵母を作るのですが、それはそれは美味しいし、イチゴから作るとイチゴのかすかなフレーバー、ブドウならブドウ、レーズンならレーズンの匂いと味をそれぞれのパンで味わえます。

128801605808116209163

時間をかけて作った発酵種で時間をかけて膨らませ焼いて出来るので大切に食べます。ですから大量に食べることもなくダイエット時にはお勧めです。

注意しないといけないのは、果実や果物、根菜類などに水を加え、一定温度に 保っておけば作れるのが長所ですが、逆にお家で作るのは温度管理が難しく、殺菌消毒などの手間と時間がかかります。

10997585

↑瓶の煮沸消毒

最近では沢山の種類の市販の天然酵母の種(スターター)が販売されています。

販売されている天然酵母の種と天然酵母のパンの作り方

市販の天然酵母の種(スターター)にはいろんなものがあり、それぞれに美味しい味わいを楽しめます。

クオカさんから➡はじめよう!天然酵母パン生活

幸せパンはほしの天然酵母が個人的にはしっとりしていて大好きです。失敗もあまりありません。

おすすめは「あこ天然酵母」と「ホシノ天然酵母」。酵母職人が作った酵母を粉末状に乾燥したものだから、いちから酵母をつくる必要はありません。使う時はまず乾燥した状態でねむっている種を発酵させて起こし、パンづくりに使える状態にします(=生種づくり)。この生種ができたら、あとはイーストのパンづくりと同じ。いちから生種を作るのもいいけれど、かんたんな作業でおいしい天然酵母パンづくりができるのが、市販の天然酵母のいいところなんです。

あこ天然酵母【あこ天然酵母】
すっきりとしてクセがない 素朴な味わいがお好みの方におすすめ。

あこ天然酵母(ストロング)250g

ホシノ天然酵母【ホシノ天然酵母】
麹と酵母が作り出す旨みで、深い味わいのパンが楽しめます。

ホシノ天然酵母パン種500g

天然酵母でパンづくり

実際に天然酵母を使ってパンを作ってみましょう。ホームベーカリーによっては生種おこしコースがあるので、うまく活用するのがおすすめ。手ごね派さんは発酵器を使うとかんたんにつくれます。

ホームベーカリー派 手ごね派

生種を作ろう

お持ちのホームベーカリー「生種おこし」コースでお作りいただけます。

ホームベーカリーにセットするだけ!

手ごね派の方は、発酵器がおすすめ。生種づくりが簡単にできます。

発酵器に天然酵母を入れるだけ!

 

パンを作ろう

シンプル食パン

天然酵母を使うのが初めてという方は、まずは食パンからチャレンジしてみて。

プチパンとシリアルプチパン

あこ天然酵母独特のもちもちしたクラムと、口の中に広がる旨みが絶妙です。

手ごねでプチパン

手ごねパン
小麦粉の風味と酵母の旨みを楽しみたいなら、ベーシックなパンで!

くるみといちじくのパン

くるみといちじくのパン
イーストで作ったパンよりも、くるみとイチジクの味がさらに引き出され、旨味のあるパンに仕上がります。

この説明って本当に助かります。↓クオカさんありがとう!

ホームベーカリーを使って「あこ天然酵母を使った食パン」と「インスタントドライイーストを使った食パン」を焼き比べてみました。見た目の違い、風味や食感の違いは?

あこ天然酵母

もっちりで旨みたっぷり!
発酵時間 7〜8時間と長い
見た目 ところどころに大きな気泡があり、水分を感じる。
食感 もちもちとして、ひきがある。トーストすると表面がサクッと中がもっちりする。
風味 小麦の風味がダイレクトに伝わる。甘みと旨みの詰まった奥深い味。
インスタントドライイースト
もっちりで旨みたっぷり!
発酵時間 1時間〜1時間30分と短い
見た目 しっとりとしてキメがこまかい
食感 ふわふわと口溶けが良い。トーストするとサックリとする。
風味 イーストの香りがふわっと香り、食欲がそそられる。軽い口当たり

見ると作りたくなりますよね!また時間をかけて自分で作ったパンは時間をかけてゆっくり味わっていただくので食べすぎにはなりません。ダイエット時には天然酵母のパンはやはりいいのですね。

(自動発酵機、電子発酵器なんてのもありますが、瓶を消毒して培養して作るだけでも美味しい天然酵母のパンが出来ちゃいます。)

スポンサードリンク


どんな天然酵母のパンがあるの?

では市販の天然酵母のパンにはどんなパンがあるのでしょうか?参考までに挙げておきます。美味しそうでどれも噛みごたえありそうです。

皆さんの街にも天然酵母のパンを扱うお店があればいいですね。

「パン屋さんの天然酵母のパン」の画像検索結果

ラパンジュジュさん 広島市➡tabetainjyaさんラパンジュジュさんの天然酵母のパン

2015-04-03 15.50.04.jpg

Wälder(ワルダー)はドイツ語で森という名と同じく、森さんが作っているパン屋さんです。➡hankyu.co.jp/ekiblo/hitomi/21569/さん

s-026

火・土曜のみのパン屋さん。高槻「天然酵母の台所koroパン」さん➡Living 大阪さん

時間をかけてゆっくり作るので毎日開けてないお店もあるんですね。

天然酵母のパンのカロリー

沢山の種類の天然酵母のパンがありますから一概にこれがカロリーとは言えませんが、ダイエット時の参考になればいいと思います。

幸せパン的には普通のパンとあまりカロリーには差がないと思います。

コンタツ株式会社さんの天然酵母のパンを参考にさせていただきました。➡コンタツ株式会社さんの天然酵母のパン

しっとりした食感の発芽玄米酵母で熟成発酵させた体にやさしいディニッシュパン。
保存料・イーストフードを使用していないので毎日の朝食に、お子様のおやつに大人気です。天然酵母の長期熟成発酵だからロングライフ(長期保存)が可能に。日持ちが良いから買いおきにもとっても便利。家族みんなでお召し上がり下さい。
商品サイズ  200x150x60
天然酵母チョコパン
(320.95kcal)
天然酵母ブルーベリーパン
(311.17kcal)
天然酵母チーズパン
(330.6kcal)
天然酵母カスタードパン
(323.95kcal)
天然酵母丹波黒豆抹茶パン
(330.09kcal)
天然酵母メロンパン
(323.95kcal)
天然酵母十勝クリームパン
(323.56kcal)
天然酵母メープルパン
(325.12kcal)
天然酵母小倉あんパン
(315.99kcal)
天然酵母こしあんパン
(317.56kcal)
天然酵母クリームパン
(336.34kcal)
天然酵母ジャムパン
(313.13kcal)
種類 賞味
天然酵母パン 50日
リングパン 45日
ソフトパン 45日
豆乳パン 45日
普通のパンはイースト菌と呼ばれる自然界の果実や穀類(ジャガイモ・米・小麦)などから、パン作りに最も適した菌を、純粋培養して作られています。イースト菌は、数ある微生物の中でもパンを発酵させるのが最も得意な菌なので、これを使えば短時間でふっくらパンを膨らませることが出来ます。

これに対して、天然酵母はイースト菌と同様、果実や穀類からとれる「野生酵母菌」を利用して培養しています。
しかこれはパン作りのためのイースト菌だけでなく、あくまで自然のまま。だから他の微生物も混じっているので発酵に時間がかかります。しかし、より天然に近い旨味と香りが生まれます。

天然酵母のパンと合わせるなら・・・。

美味しくて風味豊かな天然酵母のパン、もちろん普通のパンにも合うのですが、野菜の沢山入った具沢山スープと一緒に味わって天然酵母のパンをいただくのはいかがでしょうか。満たされた気分になってダイエット時のストレス解消になること間違いなしです。

「スープの写真フリー」の画像検索結果 「野菜スープの写真フリー」の画像検索結果

天然酵母のパンはそのままでも本当に美味しいのですが、やはりパンだけではダイエット時の栄養の偏りが心配です。ビタミンC,酵素などは生野菜やフルーツから、たんぱく質は同じ発酵食品のチーズなどで補うのもお勧めです。

最初にも紹介しましたが、こちらの記事にはスープと天然酵母のパンの事が書いてあります。➡パンとスープで美味しくダイエット

天然酵母のパンはチーズと相性がピッタリです。こちらにはチーズについてのダイエットが書いてあります。➡チーズダイエットとパンの組み合わせでストレスなくダイエット

まとめ

いかがでしたか?

まず、天然酵母のパンに比べ、イーストで出来た普通のパンが天然ではないとか、化学物質、添加物が入っているという事はないという事を分かっていただけたでしょうか。(イーストフードはまた違います。)

天然酵母のパンは自分の家で果物や野菜から作れます。時間がかかりますが、その分美味しいパンが出来ますのでダイエット時にはゆっくり時間をかけて食べられ、食べすぎにはなりませんから安心ですね。

市販の天然酵母種も色々な種類があります。衛生的で美味しいので一度作ってみてはいかがでしょうか?

カロリー的には普通のパンとさほど違いは無いので心配なくゆっくり味わって食べて良いパンたちです。

天然酵母のパンを売っているパン屋さんもあります。それらのパンを利用して美味しくストレスなくダイエットが出来ると良いと思います。

今日の一言・・・幸せパンでも沢山の種類の天然酵母のパンを作ったことがあります。季節季節の果物や野菜を瓶に入れて作るのですが、毎日見るのが楽しみになります。でも普通のイーストも安全でおいしいパンを作れるので悪者扱いしないでくださいね。

自家製酵母は消毒殺菌が面倒ですが、作ってしまったらとっても美味しいので是非一度チャレンジしてみてください。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です