牛乳なしの卵プリンの色々

卵プリンは卵と牛乳とお砂糖で作るのが昔からのプリンですが、牛乳が苦手な方や、アレルギーをお持ちの方にはどんなプリンが良いのでしょう。牛乳なし、卵なし、卵と牛乳なしなど色々なプリンがあって作るのが楽しいですよね。

スポンサードリンク


牛乳を使わない、牛乳なしのプリンは牛乳アレルギーの方にも安心して食べていただけるプリンですよね。牛乳を豆乳で代用したり色々なレシピや作り方をご紹介します。

牛乳アレルギーの方はもちろん、牛乳嫌いの方、牛乳が苦手な方はぜひ作ってみてください。

「牛乳なしプリン写真フリー」の画像検索結果 関連画像

牛乳なしの卵プリン色々

牛乳の代わりに豆乳を使って作るプリンは、また少し違った味わいで美味しいようです。その他色んな牛乳なしの卵プリンがありました。

豆乳を使った牛乳なしの卵プリン

関連画像

豆乳を使って卵プリンを牛乳なしで作る場合、豆乳の良さも知っていれば、なるほど、これは良いと納得できるというものです。以下に説明いたします。

↓豆乳の栄養

・イソフラボン

大豆イソフラボンは、ポリフェノールの一種で、女性ホルモン(エストロゲン)に似た構造をしているので有名です。

乳がんは、エストロゲンの過剰分泌が原因のひとつと考えられていますが、この大豆イソフラボンは、エストロゲンが足りなければそれを補い、多すぎるときには減少させようと働きます。乳がんなどのホルモン依存型のがん予防にも効果が期待されています。

女性ホルモンのエストロゲンは骨を丈夫にするのに役立っています。ところが女性は閉経後、それまで骨を丈夫にするのに役立っていた女性ホルモンのエストロゲンが不足してきます。

これによって骨にカルシウムが届けられにくくなり骨粗鬆症になりやすくなります。大豆イソフラボンの代替ホルモンとしての働きは、骨粗鬆症予防にも役立ちます。

・サポニン・・・肥満体質の改善及び予防・動脈硬化と老化の防止

血液中のコレステロールや中性脂肪などの血液中の余分な脂質を洗い流してくれる役割があります。ですから肥満予防によいといわれています。

また、サポニンの大きな働きのひとつは、抗酸化作用です。

体内の細胞膜を構成する脂質は、歳をとるごとに活性酸素によって過酸化脂質(サビ)に変化します。サポニンにはこの動脈硬化と身体が酸化(=老化)するのを予防するといわれています。

・レシチン・・・脳の老化予防、コレステロール低下で生活習慣予防への期待

レシチンは体内の細胞が常に正常に働くように細胞膜をきれいにし、新しい細胞が次々に生まれるのを促す働きをしています。

コレステロールを乳化して肝臓へと運び排泄させるので動脈硬化を予防する効果があります。血管を強くして高血圧を防いだりもします。

更には神経伝達物質を生成することによって、脳を活性化して認知症の予防に効果が最近は期待されています。

・オリゴ糖・・・便秘が気なる方へ便秘の改善

大豆由来のオリゴ糖は、腸内環境を整えてくれる善玉菌のビフィズス菌や乳酸菌の栄養源となります。

善玉菌が増えれば免疫力が高まります。腸を刺激し腸を動かし便通をよくする働きにもなります。

・フィチン・・・抗酸化作用、発がん予防への期待

糖類の一種で、豆類や穀物類に含まれているフィチン酸は、細胞を活性酸素から守り、発がんを抑制する働きがあると今、期待されています。

・ビタミンB群・・・脳の機能維持、イライラ予防

豆乳にはビタミンB群がたくさん含まれていて脳の機能を維持する働きをもっています。

イライラなど神経の不安定、集中力不足を予防します。

・ビタミンE・・・血行促進、抗酸化作用

ビタミンEには脂肪の過酸化を防ぎ、細胞膜を強化し、呼吸器や内臓を丈夫にする作用があります。
血行をよくする作用もあり、肩こりに効果があるほか、ホルモンの分泌を盛んにして、美肌づくり、若返りを促進するといわれています。

・カリウム・・・ナトリウム排出・高血圧予防

カリウムは、血圧を安定させてくれる働きと、細胞を元気にする働きを持っています。

ナトリウムの摂取が先進国の中で最も多い日本人はカリウムを摂るように心掛けなければいけません。

なぜなら、ナトリウムが血圧を上げる作用をするのに対して、カリウムはナトリウムを排出させ、体内のナトリウムが過剰にならないようにして、血圧を正常に保つ働きをするからです。

・マグネシウム・・・ホルモン分泌器調整、カルシウムとの関係性

マグネシウムは心臓や血管、神経やホルモン分泌臓器などの働きを調整します。

カルシウムとの関係が深く、比率から言うと、マグネシウムの一日の摂取量はカルシウム600mgに対し、2対1の割合の300mgがよいと言われています。

このように大豆から出来た豆乳には人間にとても大切な栄養が沢山含まれているという事です。

これを知っていると卵プリンを牛乳なしで作る時、代わりに豆乳で代用しても十分に栄養価の高い卵プリンが出来ることになります。安心です。

では牛乳なし豆乳で作る卵プリン、見ていきましょう。

豆乳とはちみつで作る卵プリン

こちらの記事➡本格カスタードプリン(卵プリン)がレンジで簡単に作れるレシピ!でも紹介しましたが、これは本当に美味しい牛乳なし、豆乳で作る卵プリンです。ぜひ一度作ってみてください。

美味しそうですね。カラメルソースの代わりに黒蜜もレンジで簡単に作ります。上品な卵プリンの出来上がりです。
 
大石先生有難うございます。➡電子レンジで作る豆乳プリン
 
この豆乳卵プリン、カラメルソースでなくて手作り黒蜜です。美味しそうですよね。とっても上品な味に仕上がる卵プリンですね。
 
黒蜜をメープルシロップにかえても美味しいですし、より手軽です。

こちら、大石先生も触れていらっしゃいますが、特に夏場は台所で火を使うのは大変暑くなります。このように最初から最後までレンジだけで出来る簡単でしかも経済的な美味しいレシピがあると良いですね。


夏のデザートは電子レンジで!

豆乳プリンの黒蜜がけ

豆乳プディング

使用した材料■ 2個分

・卵 ……………………………..L 1個(50cc)
・豆乳 ……………………………100cc・・・こちらのレシピも卵と豆乳の比率は1:2です。
・はちみつ ………………………..小さじ1・・・砂糖の代わりにはちみつですね。
・バニラエッセンス …………………2滴

黒みつ(作りやすい分量)・・・こちらのレシピも覚えておくと便利ですよね。
・黒砂糖(粉砂糖タイプ) ……………50g
・水 ……………………………..大さじ1

作り方

1.【黒みつを作る】
大きめの耐熱ボールに粉黒砂糖と水をいれてかき混ぜ、ラップして電子レンジの強(500W)に約1分間かけ、かきまぜて冷ます。
ふきあがるので電子レンジの中を見ながら加熱すること!
2.豆乳にハチミツを加え、電子レンジの強に20~30秒ほどかけて、人肌程度に温めてかき混ぜて溶かす。
3.溶きほぐした卵を豆乳に加えて泡立てないように混ぜる。

ココット皿か茶碗の内側に、バター(分量外)を薄く塗り、プリン液を流し入れる。
4. タッパーのような耐熱性の容器に、プリン液の延長線辺りまでくるようにポットのお湯を入れ、その中に(3.)を入れる。

5.ラップでおおい、電子レンジの弱で7~10分間加熱する。

(加熱時間は、湯の熱さ、プリン液の温度、容器の厚さ等によって変わります。7分たったら 中を確かめて、固まっていないようなら、更に1分ずつ加熱していくとよい。)
6.あら熱をとって冷蔵庫で冷やす。

冷えたプリンの淵を、指かスプーンの背で、ぐるりと軽く押していって、皿に逆さにおいて、 両手でしっかり皿に固定して、 上下にふると綺麗に皿におちる。

黒みつをかけて食べる。

では次に柿を使った卵プリンです。

豆乳と柿を使うプリン

「柿写真フリー」の画像検索結果

こちら牛乳が飲めない方が考えた牛乳なしのプリンです。柿が沢山ある季節に作ってみたいプリンです。

これは卵も加えてなく卵プリンではありません。コーンスターチで固める、なめらかなプリンですね。動物性食品を一切使わないプリンです。

レシピID : 1648009さん有難うございます。COOKPADさん➡牛乳不使用・柿のプリン ビーガンOK

牛乳なし・柿のプリン ビーガンOK

牛乳不使用・柿のプリン ビーガンOK
熟した柿の救出に!柿のプリンができました♪ 67kcal/1人分
材料 (約4人分)
1個(約200g)
豆乳
100cc
砂糖(てんさい糖)
20g
コーンスターチ
15g

1

写真

柿を横半分に切り、中の果肉をスプーンですくいだす。
200gの柿で、150gとれる計算です。

2

ミキサーなどで1をピューレ状にしておく。

3

鍋に、コーンスターチ、砂糖、豆乳を入れ、よく混ぜる。
※ここでかたまりが無くなるまでよ~く混ぜると、ダマができません。

4

3の鍋を中火にかけ、とろみがつくまで混ぜながら火を通す。

5

固まってきたらすぐ火からおろし、2の柿ピューレをよく混ぜる。

6

型に流し入れ、冷蔵庫で冷やして、できあがり!
写真は、豆乳生クリームのホイップと、柿をトッピングしてあります♪

コツ・ポイント

液体部分が少ないため、4で火にかけていると、すぐ固まってきます。すぐ火からおろしてね!
・柿ピューレを後入れするのは、柿の風味を残すためです。
・熟した柿は甘いので、砂糖の量は少なめで。

このレシピの生い立ち

牛乳で作る簡単柿プリンのレシピを見て、おいしそうでうらやましかったので、牛乳が飲めない私は、豆乳で作りました
熟した柿が苦手でも、これならわざと熟させちゃう!ダイエットやベジアリアンも大丈夫の、動物性食品を使わないヘルシーレシピです♪
レシピID : 1648009

スポンサードリンク


スキムミルクを使った牛乳なしの卵プリン・・・牛乳アレルギーがある人は×

牛乳がない場合、代わりにスキムミルクで代用した卵プリンもあっさりしていて美味しい卵プリンです。フライパンで作れて簡単で良いですね。

牛乳なしで作っていらっしゃいますが、牛乳でも出来るとの事、その場合は、水とスキムミルクの量を足した量を牛乳にするようです。

レシピID : 44101953有難うございます。COOKPADさん➡牛乳なし!材料3つで固めなめらかプリン♡

「スキムミルク写真フリー」の画像検索結果

牛乳なし!材料3つで固めなめらかプリン♡

牛乳なし!材料3つで固めなめらかプリン♡
ヘルシー♡美味しい♡簡単♡フライパンで♡
もちろん牛乳550mlでもできます♪
材料 (プリンカップ6個)
スキムミルク
大体50gくらい
大体500cc(ml)
5個
砂糖
大さじ5.5

1

写真

下準備:フライパンに型の2/3くらいの水を入れて沸騰させておく

2

写真

卵と砂糖を混ぜる

3

写真

別のボールに水500ccにスキムミルク50gを入れて混ぜて溶かす(ぬるま湯だと溶けやすいです)

4

②と③を混ぜる

5

写真

茶漉しで漉しながら型に流し入れる

6

写真

沸騰しているフライパンの火を一旦止めて型を入れて蓋をする

7

ごく弱火で15〜20分

8

火を止めてそのまま10〜20分放置

9

表面を触ってみて、固まってる!ってなったら完成です♡

10

我慢できない人はあったかいまま食べても美味しいです♡わたしはいつも出来立てを食べちゃいます♡笑

コツ・ポイント

簡単すぎて特にないです(笑)
スキムミルクと水の分量は大体なので
お好みで調整してください♪♪

このレシピの生い立ち

プリン食べたい!牛乳がない(;o;)
スキムミルクでできないかな!?
って作ってみたら美味しかった♡笑
レシピID : 4410195

牛乳なしバナナの卵プリン

関連画像

バナナで作る卵プリン、胃腸にも優しいプリンのようです。

砂糖&牛乳なし☆ヘルシーなバナナプリン♪・・・ゼラチンも使わないようです。

砂糖&牛乳なし☆ヘルシーなバナナプリン♪
砂糖も牛乳も(豆乳も)ゼラチンも使わないでも、ヘルシー&美味しいプリンが簡単に作れちゃいます。
材料 (4つ分)
バナナ2本
合わせて140g位
2つ
ミネラルウォーター
全部の合計が400gになるように加える
バニラオイル
適量
あればアーモンドミルクの粉
15g
■ シロップ
ココナツやしの花蜜や本みりんを煮詰めたものなどお好み
お好み

1

写真

容器を準備し、フライパンに収まるか確認する。(キッチンペーパーを敷く)
容器に水を入れてみてプリン液の全体量を決める。

2

写真

バナナを中身の芯のようなものや外側の黒い部分やスジを取り除いて、測りの上に設置した容器に入れる。

3

写真

フォークで適当に潰す。

子供(2歳児)と一緒に潰して遊んだりもします。

4

写真

測りをそのままで、卵を割り入れてへその緒の白い部分を取り除く。

5

写真

測りに乗せたまま、水を加えていく。全体量が400gになるまで入れる。

水を入れた後、白身がサラッとするまでよく混ぜる。

6

写真

バニラオイルを加えると尚良いです。

あればアーモンドミルクの粉を入れる。(出来上がりの味には特に反映しません)

7

写真

栄養価が高いので少し加えてみる…というだけです。なくても問題ないです。

8

写真

よく混ぜた卵液を、容器に均等に入れる

9

写真

アルミホイルを上に被せる。容器の周りもしっかり密着させる。

10

写真

卵液が浸かる程度のお水を入れて、強火で加熱し、沸騰してきたら蓋をして5分で火を止める。

10分程度そのまま放置します。

11

写真

開けてみて、器を触れる位になっていたら取り出して食べてOK。

12

写真

何もかけないでも、ほんのり甘いです。

13

写真

バナナの甘みだけでも美味しいですが、(小さな子ども向けだと、あまり甘味料を入れたくないので…)

14

写真

お好みでシロップをかけて頂くのもよいです。

15

写真

ココナツやしの花蜜とかを使う事が多いですが、本みりんを煮詰めたもの、羅漢果のシロップとかも優しい甘味料です。

16

写真

ゼラチンなどは使わないでも、程よく固さもあるプリンになります。

コツ・ポイント

白身のトロミは、水を入れる前に先に混ぜてしまっても良いです。箸で白身を切るようにして強めにまぜまぜ。アサイチで、白身は水の中で混ぜるとタンパク質が溶けてくると紹介していたので、水と混ぜてみました。時間をかけて混ぜるとサラサラしてきます。

このレシピの生い立ち

子供に、砂糖が入っていないプリンを食べさせたく、バナナを使ってみました。
レシピID : 3027237

卵そのままプリン

関連画像

こちら➡淡路島にある不思議な卵プリンとそのストッキングを使った作り方に卵を割らないでそのまま作る、もちろん牛乳なし、本当の卵そのものの卵プリンがあります。

また、この卵プリン、作り方もユニークでストッキングを使うんです。よろしければ見てくださいね。

まとめ

いかがでしたか?今回は牛乳なしでも美味しく卵プリンが出来るというお話でした。以下のような卵プリンがありましたね。

牛乳なしで豆乳を使うやり方、その豆乳にも色々な体に良い栄養が含まれています。

また、スキムミルクや柿とコーンスターチ、バナナで作る卵プリンや(柿のには卵は含まれていません)、または卵そのものだけで殻も割らずに「卵プリン」と言うのもあります。

・豆乳を使った牛乳なしの卵プリン

・スキムミルクを使った牛乳なしの卵プリン・・・牛乳アレルギーがある人は×

・牛乳なし卵なしのプリン・・・柿とコーンスターチを使う

・牛乳なしバナナの卵プリン・・・バナナの甘さを利用

・卵そのまま卵プリン・・・ストッキングで作る?➡淡路島にある不思議な卵プリンとそのストッキングを使った作り方

色んな牛乳なし卵プリンが出来ます。

今日の一言・・・柿を使ったプリン、卵は無いけど美味しそうです。柿の季節に食べてみたいですね。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です