本格カスタードプリン(卵プリン)がレンジで簡単に作れるレシピ!

昔ながらのあの美味しい卵の入った卵プリンがレンジで出来ちゃう。嬉しいですよね。で、レシピを見るとほんとに簡単です。カラメルソースもレンジで作ります。

スポンサードリンク


難しくて面倒そうな感じのするカスタードプリン、卵プリンのレシピですが、電子レンジを使うと簡単に作ることができます。

卵と牛乳と砂糖さえあれば、いつでもどこでも卵プリンが出来ます。カラメルソースだって電子レンジで作れます。

ただし、カラメルは高温になるので、レンジ対応のココット皿やグラタン皿などの、耐熱性容器を使わないといけませんが、カラメルソースなしの卵プリンだけ作るには、レンジ対応のお茶わんなどで大丈夫です。

出来上がる時間は約10分、卵プリンを冷やす時間がかかりますが、アツアツをいただくのも美味しいです。

その簡単レシピ、見ていきましょう。

「電子レンジプリン写真フリー」の画像検索結果

 

基本の卵プリン・・・卵1個につきその他の材料の比率

卵プリンの材料

「電子レンジプリン写真フリー」の画像検索結果

卵プリンカップ2個分

卵 1個50cc必要です。

牛乳 100cc・・・卵の2倍量・・・ここ大切!

砂糖 大さじ1と1/3は12gです。(砂糖大さじ1は9g)

バニラエッセンス 少々

「電子レンジプリン写真フリー」の画像検索結果

つまり

・卵:牛乳:砂糖=50cc:100cc:12g・・・牛乳は卵の2倍量・・・ここ大切!

これで土台の卵プリンが出来ます。

カラメルソースの材料

・砂糖 大さじ1(9g)

・水 小さじ1

・お湯 小さじ1弱

ここはキッチリ分量通りにしないとうまくカラメルソースが出来ません。

・砂糖:水:お湯=大さじ1:小さじ1:小さじ1弱

と覚えておきましょう。

その他

プリンの型に塗るバター 少量

これが卵を使ったカスタードプリン(卵プリン)をレンジで作る簡単レシピの基本です。

卵プリン レンジを使った作り方 簡単レシピ

こちら大石寿子(おおいし ひさこ)先生の作るカスタードプリンを参考にしたレシピです。沢山のレシピを考えていらっしゃる素晴らしい先生ですね。

大石先生有難うございます。➡レンジで作るプリンのレシピ

簡単卵プリンの作り方・手順

作り方

1:耐熱容器に砂糖と水を入れてゆすって混ぜる

耐熱容器に砂糖と水を入れてゆすって混ぜる
小さめのグラタン皿やココット皿などの耐熱容器に、砂糖大さじ1と水小さじ1を入れ、軽くゆすって混ぜる。プリン型(ココット容器やお茶わん)に薄くバターをぬっておく。

2:ラップなしで1分半加熱して取り出し小さじ1弱の湯を入れて混ぜる

ラップなしで1分半加熱して取り出し小さじ1弱の湯を入れて混ぜる
ラップなしで、電子レンジ(600W)で1分20〜30秒加熱して取り出し、器を回して混ぜ、すぐに湯小さじ1弱を入れて混ぜる。
電子レンジの中を見ながら、砂糖に焦げ色がつくまで加熱する。カラメルソースも容器も、とても熱くなっているので火傷に注意!

3:プリン型にカラメルソースを流しいれて冷やす

プリン型にカラメルソースを流しいれて冷やす
熱いうちにプリン型2つに流し入れ、あら熱が取れたら冷蔵庫に入れるか、氷水に浮かべて冷やして固める。
急激に冷やすと、容器が割れることがあるので、あら熱を取ってから氷水には浮かべる。
必ずカラメルソースが固まってから卵プリンの素は入れる。(・・・カラメルソースと混ざらないようにするため)

4:牛乳を温め砂糖を溶かし溶き卵とバニラエッセンスを加え型に流す

牛乳を温め砂糖を溶かし溶き卵とバニラエッセンスを加え型に流す
牛乳をボウルに入れ、40秒ほど電子レンジにかけて人肌程度に温める。砂糖を混ぜて溶かし、割りほぐした卵とあわせてよく混ぜ、バニラエッセンスを加えてプリン型に流す。
ここで網や茶こしなどを通して卵プリンの素をこせば、なめらかな口当たりになる。

5:耐熱容器に湯を入れ、プリン型を入れる

耐熱容器に湯を入れ、プリン型を入れる
タッパーのような耐熱性の容器に湯を入れ、その中に【4】を入れる。
湯の中にプリンを入れたとき、湯の上の線が、プリン液の線と同じ位か、少し上になるような湯量にする。
湯は熱いのでレンジからの出し入れに気をつける

6:ラップをふんわりかけ、弱で7分30秒〜8分加熱

ラップをふんわりかけ、弱で7分30秒〜8分加熱
ふんわりラップをかけ、電子レンジの弱で7分30秒〜8分加熱する。
あら熱を取って、冷蔵庫で冷やす。
プリンの表面を指で触ってみて、柔らかいながらもしっかりとコシがあれば完成。
ちょっと心配なときは、しばらくそのままにして置いて、予熱で固める

7:プリンの端を指で押して、皿の上に逆さにあけて取り出す

プリンの端を指で押して、皿の上に逆さにあけて取り出す
取り出し方は、プリンの端を指で軽く押してすき間をあけ、皿の上にふせて 両手で持ち、小さく上下に振って皿に落とす。

 

ポイント

電子レンジでカラメルソースを作るのは、とても簡単です。

しかしタイミングがずれるとすぐ焦げてしまいます。

レンジの前で、中の様子を見ながら作ってください。

この卵プリンのレシピはレンジで作るのに慣れたら、こんな簡単な作り方はないってくらい簡単です。

湯の温度や、容器の材質、電子レンジの種類によって、加熱時間が微妙に違ってきます。

固まらなかったら10秒位ずつ追加加熱してみましょう。

加熱しすぎて「ス」が立ってしまったら、次回から時間を減らしてください。

レンジで作る簡単卵プリンのレシピ色々

色々なやり方がありました。こちらのレンジで作る卵プリン、カラメルソースをカップの上にのせてあって可愛いですね。お子様も喜んで食べるママの味でしょう。簡単そうです。

写真も詳しくついていて失敗談もありますのでわかりやすいレシピです。

レシピID : 2418084さん有難うございます。➡COOKPADさんレンジで簡単プリン&カラメルソースも☆

レンジで簡単プリン&カラメルソースも☆

レンジで簡単プリン&カラメルソースも☆
カラメル改良版!
忙しいママでも簡単に作れるように卵プリンもカラメルソースもレンジで作れるように考えました☆(´∀`*)
材料 (6~8cmココット型4個分)
■ プリン材料
たまご
2個
牛乳or豆乳
200cc
砂糖orグラニュー糖
大さじ1
やはりここでも卵:牛乳=1:2 です。
■ カラメルソース材料
砂糖orグラニュー糖
大さじ4
大さじ1
仕上げ用の水
小さじ2
お好みでメープルシロップ
適宜

1

写真

たまごをよく混ぜます。

2

写真

砂糖を入れてジャリジャリ感がなくなるまでよく混ぜます。

3

写真

牛乳を入れてよく混ぜます。

4

写真

ザルや味噌こしで卵液をこします。

5

写真

ココット型や耐熱皿に卵液を入れます。

6

写真

レンジで5分チンします。
(我が家は600wです)
型を少し揺らしてまだ固まってないなら30秒~1分ずつチンして様子見☆

7

写真

レンジから出して荒熱を取ります。

8

写真

*失敗例*
レンジの温めにムラがあったり型に卵液を入れすぎると一気に膨らんで一気にしぼみます^^;
見た目も悪いです。

9

写真

もし失敗してしまっても、スプーンなどでクラッシュして子供用やお年寄り用にしたりします☆

10

写真

プリンの荒熱をとっている間にカラメルソースを作ります。
耐熱皿に砂糖、水を入れます。
砂糖が水によくひたるように☆

11

写真

レンジで2分~3分チン☆
色がうっすら茶色くなってきたら様子見で10秒ずつ追加でチンします。チンしすぎると苦くなります。

12

!!
仕上げ用の水を入れます。このときカラメルソースがバチバチはねることがあります。
ヤケドに十分注意してください。

お湯を加えるといくぶんはねません。

13

注意点!
カラメルソースが上手く作れず作り直す際など熱くなったままの容器やお皿でチンすると耐熱製でも割れることがあります

14

厚みのあるボウル等使用でカラメルを作ると、割れたりヒビが入らず作れます☆プラスチックはカラメルの熱で溶け変形します。

15

写真

若干プリンが温かくても大丈夫なので出来上がったカラメルソースをかけてラップをして冷蔵庫で20分~30分冷やして完成です♪

16

写真

カラメルソースが苦手な方や子供には自然甘味料のメープルシロップを食べる直前にかけて食べると美味しいです♪

17

写真

失敗したものでも、このようにクラッシュしてメープルシロップをかければ子供用で食べやすくなりますよ☆

18

2013/12/6
カラメルソースの人気検索でトップ10入りしました☆
感謝(人゜ω`*)━☆
本当に嬉しいです♪

19

写真

2014/01/11
つくれぽ10人☆
感謝━(人゜ω`*)━☆
話題入りしました☆
たくさんの方に見て頂き嬉しいです♪

20

写真

2014/01/14
カラメルソースの人気検索で1位になりました☆
たくさんの方にご覧頂き本当に嬉しいです(*・∀・*)

21

写真

チョコ味がお好きな方はぜひこちらのチョコプリンも♪
ID:2431174

コツ・ポイント

カラメルソースの仕上げ用の水を入れるときは、ゆっくり少しずつ入れて、のばしてください。
!このとき、カラメルソースがはねてヤケドする可能性もあるので要注意です。
牛乳の代わりに豆乳で作っても美味しいです☆

このレシピの生い立ち

息子が絵本を見てプリンを指さしていたのでプリンが食べたいのかな?と思いプリンを作ろうと思いました☆
ただ、ズボラママなので(笑)レンジで簡単に作れるように考えました(´∀`*)
どうせならカラメルソースもレンジで作ろうと思って作りました♪
レシピID : 2418084
スポンサードリンク


次はマグカップで作る卵プリンです。少し配合が違ってきますね。
お豆腐まで作っていらっしゃいます。その他にも色々なアレンジプリンが簡単にレンジで作れるんですね。
こちらのマグカッププリンはレシピを見るとバターを塗らずにちゃんと容器から取り出せます。
 
 レシピID : 1351368さん有難うございます。COOKPADさん➡電子レンジで簡単!マグカッププリン+α

電子レンジで簡単!マグカッププリン+α

電子レンジで簡単!マグカッププリン+α
電子レンジだけでプルンプルンのプロなみプリンが出来上がる!冷でもHotでも。幸せのプリン。チョコプリンもありですね!
材料 (大1個)
砂糖(カラメル用)
大さじ1
玉子
1個
牛乳
130cc
砂糖(プリン用)
大さじ2
バニラエッセンス
2~3滴

1

写真

お湯等でマグカップを温めておく。砂糖大さじ1と水小さじ1/2を入れレンジにかけ、少し焦がしてカラメルにする。

2

レンジ600W約1分強。かけ過ぎ注意。様子を見ながら少し焦げて色がつき少し煙が出る位で止める。色が薄いなら追加チン。

3

写真

①に再度水小さじ1/2を入れる。熱いのでジュジュと来ます。お湯はね注意!カップを回して混ぜ、少し固まる迄置いておく。

4

写真

玉子をボウルに割り入れ、思っ切りしっかりとく。多少泡が立っても大丈夫。

5

写真

④に砂糖を入れ、牛乳を2-3回に分けて入れながら、よく混ぜる。あればバニラエッセンスも混ぜ入れる。

6

写真

⑤を③に注ぎ入れ、そのまま電子レンジ600wで約2分間チン!様子が分かりやすい様にラップはしないで、よく見ている。

7

写真

表面が少し盛り上がって、グツグツ
グツっと泡が出て来たら3秒でOK。直ぐにレンジを止めて取り出す。

8

写真

⑥に手早くラップをしタオル等で包んで保温。鼻をつまんで「プリンプリン」と3回呪文を唱える。10分程度おき余熱で固める。

9

写真

粗熱をとって、冷蔵庫で冷やす。少し固まっていなくてトロトロもまた美味。
冬はそのまま温かプリンで身もココロも暖か!

10

写真

水分があり、カップにはくっつかないので、皿などに取り出し、切り分けて召し上がれ。結構きめ細かくできました。

11

写真

H23/2/9掲載、4/11話題のレシピ入り、8/6つくれぽ100人!H24年10月1000人達成!みなさんありがと~!

12

カラメルは、水数滴で砂糖がドロッとするくらい。チンは煮立って焦がし、少し煙が出る位。様子見てチンの追加を。かけ過ぎ注意。

13

写真

☆☆☆ロイヤルミルクティバージョン☆☆☆
カラメルはなし①②は不要で、③から。

14

写真

④でマグカップに牛乳150㏄・砂糖大さじ3・紅茶ティバッグを入れ、グツグツと沸くまでチンをし、10分おく。

15

ティバックを取出し⑤からは一緒。チンは短く。紅茶は濃く入れ、カラメルはなしで。コーヒー牛乳活用・ココア入りもいいね!

16

写真

豆乳で作ったレポたくさん頂き、自分でも作ってみました。意外にそんなに変わらない感じだけど、サッパリ口でヘルシー。

17

写真

更に卵を抜いてにがりを入れると、何故か手作り豆腐に。もっと簡単。マグカップ手作り豆腐?!レシピID :1796923

18

つくれぽの返事・掲載が遅くなっています。スイマセン。気長に待ってて下さい。

コツ・ポイント

カラメルのレンジかけすぎはカップが割れる事があり要注意。先にカップをお湯で温めておくと割れにくい。チンは時間より様子をよく見て。カラメルは熱いので水はねヤケドに注意。プリンにスが入ったり、柔らか過ぎたりしてもOK!美味しければ成功!
レシピID : 1351368
こちら「どんぶり」を使った卵プリンのレシピです。こちらも大石先生のレシピです。簡単に出来るデカ卵プリン・・・美味しそうですね。ありがとうございます。
電子レンジで作るどんぶりプリンのレシピ

所要時間:20分

電子レンジで大きなプリンを作る!

以前に紹介した電子レンジプリンは、湯を張った容器にプリン型を浸けて、電子レンジで加熱するというやり方でした。

今回は、湯は使わずに、どんぶりで作ります。湯に浸けて作るプリンのほうが仕上がりはきれいですが、今回のほうが作り易いと思います。しかも大きいです。

 

どんぶりプリンの材料(2人分

どんぶりプリンの材料
Lサイズ2個(110cc)
牛乳 220cc(卵の2倍)
砂糖 大さじ2
バニラエッセンス 2滴

今度もやはり 卵:牛乳=1:2ですね。砂糖は好みで良いかと思われますが、覚えやすい、大さじ2です。

カラメルソースの材料
砂糖 大さじ1
小さじ1
小さじ1弱

こちらも砂糖:水:お湯=大さじ1:小さじ1:小さじ1弱

何度も作っていると覚えてしまうほど簡単な配合のレシピです。

作り方と手順

どんぶりプリンの作り方

1:耐熱容器に砂糖と水を入れる

耐熱容器に砂糖と水を入れる
レンジ対応の耐熱容器に、砂糖大さじ1と水小さじ1を入れ、容器をゆすって混ぜる。高熱にも耐えられる、丈夫な耐熱容器(グラタン皿、ココット容器など)を使う

2:ラップをかけずに電子レンジ(600W)で1分30秒加熱

ラップをかけずに電子レンジ(600W)で1分30秒加熱
ラップなしで、電子レンジ(600W)で1分30秒加熱して取り出す。カラメルソースはとても熱くなるので、取り扱いに注意。取り出して焦げていなかったら、さらに10秒加熱する

3:湯小さじ1弱を混ぜる

湯小さじ1弱を混ぜる
すぐに湯小さじ1弱を加えて混ぜる。飛び散ったカラメルソースで火傷しないよう気をつける

4:どんぶりに流しいれて、冷やし固める

どんぶりに流しいれて、冷やし固める
電子レンジ対応のどんぶりに流し入れる。 あら熱が取れたら冷蔵庫に入れるか氷水に浮かべて冷やし固める。カラメル作りに使ったスプーン、容器、ゴムベラは洗わずにおく

5:牛乳を電子レンジで1分温めて砂糖を混ぜる

牛乳を電子レンジで1分温めて砂糖を混ぜる
カラメルソースを作った容器に牛乳を入れ、電子レンジで1分加熱する。砂糖を混ぜて溶かす。【4】で使ったスプーン、ゴムベラを牛乳にしばらく浸しておき、カラメルを溶かす

6:

卵を割りほぐし、牛乳とあわせ、バニラエッセンスを加えて混ぜる。

7:どんぶりに流しいれる

どんぶりに流しいれる
【4】のどんぶりに流しいれる。

8:湿らせたキッチンペーパーをどんぶりにかぶせ、弱で13分半加熱・・・湿らせたキッチンペーパーを使うんですね。

湿らせたキッチンペーパーをどんぶりにかぶせ、弱で13分半加熱
キッチンペーパーを水でぬらし、どんぶりにかぶせ、 電子レンジの弱で13分30秒加熱する。プリン液の温度や、どんぶりの材質によって、固まる時間が弱冠違ってくる

9:指で弾力を確かめ、どんぶりを傾けて固まっているかどうか判断

指で弾力を確かめ、どんぶりを傾けて固まっているかどうか判断
指で押して、柔らかいながらも弾力があれば加熱終了。
固まっていないようであれば10秒位ずつ加熱する。
この作り方の場合、型にバターをぬらなくても、プリンが型から離れる。
容器を少し傾けてみて、液体がにじみ出てくるようであれば加熱不足

10:火が通ってるかどうか不安なときは、蓋をして余熱で火を通す

火が通ってるかどうか不安なときは、蓋をして余熱で火を通す
火が通っているかどうか不安なときは、皿などで蓋をして5分ほどおいて、余熱で火を通す。

11:氷水に浸けてさまし、冷蔵庫でしっかり冷やす

氷水に浸けてさまし、冷蔵庫でしっかり冷やす
あら熱を取って、どんぶりごと氷水に浸して冷やす。次に、ラップして冷蔵庫でしっかり冷やす。
取り出し方は、どんぶりの上に盛り付け皿をかぶせ、一気にひっくり返す。または手の平で受けて皿に移す。

ガイドのワンポイントアドバイス

電子レンジでカラメルソースを作るのは、慣れたら簡単なのですが、加熱しすぎると焦げすぎて苦くなります。

反対にびくびくあまり神経質になって小分けに加熱すると、なかなか焦げ色がつかなかったりもします。
レンジの前にいてレンジの中の様子を見ながら作ってください。
また、カラメルソースを作る容器にひびが入ってたり、適切な器でなかったりすると、割れたりひびが入ったりすることもありますのでご注意ください。
どんぶりサイズの耐熱容器があれば、もっと簡単に作れます。
まずは、どんぶりサイズの耐熱容器でカラメルソースを作って冷やし、カスタード液を流しいれて電子レンジで加熱して冷やして出来上がりです。
何度も言いますが、カラメルソースはとても高温になるため、使う容器は、グラタン皿のような高熱に強いものに限ります。
豆乳とはちみつで作る卵プリン、美味しそうですね。カラメルソースの代わりに黒蜜もレンジで簡単に作ります。上品な卵プリンの出来上がりです。
 
大石先生有難うございます。➡電子レンジで作る豆乳プリン
この豆乳卵プリン、カラメルソースでなくて手作り黒蜜です。美味しそうですよね。とっても上品な味に仕上がる卵プリンですね。
黒蜜をメープルシロップにかえても美味しいですし、より手軽です。

こちら、大石先生も触れていらっしゃいますが、特に夏場は台所で火を使うのは大変暑くなります。このように最初から最後までレンジだけで出来る簡単でしかも経済的な美味しいレシピがあると良いですね。


夏のデザートは電子レンジで!

豆乳プリンの黒蜜がけ

豆乳プディング

使用した材料 2個分

・卵 ……………………………..L 1個(50cc)
・豆乳 ……………………………100cc・・・こちらのレシピも卵と豆乳の比率は1:2です。
・はちみつ ………………………..小さじ1・・・砂糖の代わりにはちみつですね。
・バニラエッセンス …………………2滴

黒みつ(作りやすい分量)・・・こちらのレシピも覚えておくと便利ですよね。
・黒砂糖(粉砂糖タイプ) ……………50g
・水 ……………………………..大さじ1

作り方

1.【黒みつを作る】
大きめの耐熱ボールに粉黒砂糖と水をいれてかき混ぜ、ラップして電子レンジの強(500W)に約1分間かけ、かきまぜて冷ます。
ふきあがるので電子レンジの中を見ながら加熱すること!
2.豆乳にハチミツを加え、電子レンジの強に20~30秒ほどかけて、人肌程度に温めてかき混ぜて溶かす。
3.溶きほぐした卵を豆乳に加えて泡立てないように混ぜる。

ココット皿か茶碗の内側に、バター(分量外)を薄く塗り、プリン液を流し入れる。
4. タッパーのような耐熱性の容器に、プリン液の延長線辺りまでくるようにポットのお湯を入れ、その中に(3.)を入れる。

5.ラップでおおい、電子レンジの弱で7~10分間加熱する。

(加熱時間は、湯の熱さ、プリン液の温度、容器の厚さ等によって変わります。7分たったら 中を確かめて、固まっていないようなら、更に1分ずつ加熱していくとよい。)
6.あら熱をとって冷蔵庫で冷やす。

冷えたプリンの淵を、指かスプーンの背で、ぐるりと軽く押していって、皿に逆さにおいて、 両手でしっかり皿に固定して、 上下にふると綺麗に皿におちる。

黒みつをかけて食べる。

まとめ

いかがでしたか?・・・まぁ、プリンの元祖ともいえる卵プリン、昔はオーブンで天板に水を張ったり、蒸し器で蒸したりと大変で敬遠しがちでしたが、レンジで簡単に作れるレシピがあるんですね。

これだと何度か作ってレシピに慣れますと暑い夏場でも台所を汚さず、火も使わずにパパッと簡単に出来そうなレシピです。

育ち盛りのお子様などには、「マグカッププリン」や「どんぶりプリン」など作ってあげてると、学校から帰ってお子様の美味しいおやつにもなります。なんだか、コンビニに売ってある「俺の・・・」シリーズのようですね。

今日の一言・・・美味しい昔ながらのカスタードプリン(卵プリン)、こんなに簡単な作り方があったのですね。プリンの救世主のようなレンジを使った美味しいレシピです。抹茶やココアでアレンジも出来そうですよね。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です