全粒粉で作るビスケットのレシピで人気なもの

ビスケットと聞いて皆さんは何を思い浮かべますか?全粒粉はおいといて、先ずはレシピを考える時、クッキー、ビスケット、サブレ、ビスキュイなど色々ありますよね。どれが一番人気?美味しい?色々あってゴチャゴチャします。

スポンサードリンク


市販のお菓子を買う時もビスケットと書いてあるものもあれば、クッキー、お土産店に行くとサブレなんてお土産店の中でたくさん売ってあります。

クッキーが美味しいとは限らず、「このビスケットはすごく美味しい。」「いや、クッキーにしてはこれはイマイチ」・・・と。

クッキングブックなど見る機会があっても人気のレシピでもビスケットもクッキーもサブレもだいたいメインの材料は同じのようです。配合の違いでしょうか?そもそもビスケットとクッキーその他・・・どんな違いがあるのでしょう。

「クッキービスケット写真フリー」の画像検索結果

ビスケット、クッキー、サブレの大まかな違い・・・「大まか」がつくのです。

国によって呼び方に違いがあります。

国が違うと呼び方も変わってくるようです。

「アメリカ国旗写真フリー」の画像検索結果

アメリカ・・・日本で言うクッキーもビスケットも「クッキー」

「イギリス国旗写真フリー」の画像検索結果

イギリス・・・日本で言うクッキーもビスケットも「ビスケット」

「フランス国旗写真フリー」の画像検索結果

フランス・・・日本で言うクッキーもビスケットも「ビスキュイ」

ではアメリカのビスケットは?・・・イギリスのスコーンみたいなもの。ケンタのビスケットなど。アメリカ人曰く「クッキーは甘くてビスケットは甘くない。」

かえってこんがらがります。

では日本では?

「日本国旗写真フリー」の画像検索結果

・糖分と脂肪分の合計量の違いで区別

「クッキービスケット写真フリー」の画像検索結果

 

全国ビスケット協会による定義・・・

・成分に含まれる糖分と脂肪分の合計が40%以上

手作り風の外観を有する

ものがクッキー

関連画像

それ以外のものがビスケット

「クッキービスケット写真フリー」の画像検索結果

見た目を手作り風の外観と定義するのは、かなり曖昧ですが、これはあくまで「全国ビスケット協会」による定義でして、「日本農林規格(JAS)」が定めたものではありません。

ところが、ほとんどの菓子メーカーが「全国ビスケット協会」に加盟しているので、市販のスーパーなどで売られているお菓子にこれが当てはまります。

一方、「全国ビスケット協会」に加盟していない、個人の小さな洋菓子店などは、これに従う必要がないので、糖分や脂肪分が40%以下のものをクッキーと呼んで販売しても良いですし、手作り風の外観があるものをビスケットと呼んでも良い事になります。

全国ビスケット協会にサブレの定義はありません。

ビスケットに比べれば、レシピのバターやショートニングの比率が高くてバターの風味とサクッとした食感があるものがサブレだという事はサブレはややクッキーよりでしょうか。

きわめて曖昧な決め方なのです。

なぜそんなことになったのか・・・ビスケットとクッキーの日本における歴史

幕末

「幕末写真フリー」の画像検索結果

昔の日本では、ビスケットと呼ぶのが一般的でした。ビスケットは幕末から携帯食として広まりました。

戦後

「戦後写真フリー」の画像検索結果

クッキーは日本でアメリカの文化が多く入ってきた時期に広まりました。つまりクッキーは戦後に多く使われるようになった呼び方のようです。

ですからイメージ的にはビスケットは携帯食として食べる安価なもの、クッキーは高価な材料を使って出来た高級なものという響きがあります。

ビスケットのように安くで買えるお菓子をクッキー同様に売るのは間違いという考えがあって、全国ビスケット協会が1971年に、先ほど書きましたビスケットとクッキーの基準を「成分に含まれる糖分と脂肪分の合計が40%以上で、手作り風の外観を有するものがクッキー、それ以外のものがビスケットである。」と定義したのです。

現代

そして現代、日本では飽食の時代です。これは本当に有難い事なのですが、運動をする機会のあまりない現代人にとっては食べすぎは禁物です。また、偏った食べ方もいけません。

ですから昔は精製された白い小麦粉で作られたパンやお菓子が人気でしたが、食物繊維と栄養価の高い、ポリフェノールも含まれる全粒粉を使った食べ物が見直され人気が出てきました。

そこで今回は人気のある全粒粉を使ったビスケットの中でもさらに人気のあるレシピを見ていきましょう。

スポンサードリンク


人気のある全粒粉を使ったビスケットのレシピ

カボチャも加えたヘルシー全粒粉を使った人気の簡単ビスケット

関連画像

全粒粉は身体によく人気でバターの量がクッキーと比べて比較的少ないのがビスケットです。小麦粉に不足する色々なビタミンやカロテン、さらにカボチャの甘みと繊維も加わりとっても健康的なおやつの全粒粉ビスケットですね。

サツマイモや紫芋、ニンジンなどでも美味しそうです。

レシピID : 478579さんありがとうございます。COOKPADさん➡かぼちゃの全粒粉ビスケット

**かぼちゃの全粒粉ビスケット**

**かぼちゃの全粒粉ビスケット**
身体にやさしいベジおやつです。全粒粉が入ってざっくりのビスケットです♪ ほろっとしてておいしいです♪
材料 (5cm丸形18個分)
かぼちゃ
正味50g
小麦粉(薄力粉)
100g
全粒粉
50g
ショートニングかバター
40g
砂糖
大さじ3
ベーキングパウダー
小さじ2分の1
重曹(あれば)
小さじ2分の1
牛乳
大さじ2と2分の1
ひとつまみ

1

かぼちゃはラップをしてレンジで3分加熱し、やわらかくして皮をそいでつぶしておく。
薄力粉、全粒粉、ベーキングパウダー、重曹は一緒にふるっておく。
ショートニングかバターは室温に戻しておく。

2

ショートニングかバターをよく泡たてきでかきまぜる。つぶしたかぼちゃと砂糖と塩を入れて、よくすりまぜる。
これに牛乳を少しずついれてその都度よくかきまぜる。

3

2にふるった粉をいれてよく混ぜ合わせる。まとまって一つになったら、ラップにくるんで30分ほど寝かせておく。

4

写真

オーブンを180度にあたためる。
生地を3mmぐらいに麺棒で伸ばして、型でくりぬき、フォークで穴をあけて20分焼いたらできあがり♪

コツ・ポイント
すごく簡単なので、とくにポイントはありません♪次はもっとかぼちゃを多めにして作ろうと思います♪さつまいもや他の野菜にしてもいいと思います。・・・きっと紫芋やサツマイモ、ニンジンなどでも美味しく出来ると思います。
レシピID : 478579

やっぱりチョコはビスケットに欠かせない。チョコを使った人気のマクビティ風・簡単全粒粉ビスケット

この方はビスケットにチョコを加えるのではなく、塗ってマクビティ風に作っていらっしゃいます。美味しそうで失敗無しみたいですね。

ココア生地にする場合は薄力粉10g分をココア10gに変えていらっしゃいます。

また、チョコの溶かし方も最後に詳しく書いてあるので助かりますね。

レシピID : 235707さんありがとうございます。COOKPADさん➡全粒粉チョコビスケット

*全粒粉チョコビスケット*

*全粒粉チョコビスケット*
ざくざくした全粒粉ビスケットにチョコレートを塗って、大好きなマクビティ風♪
材料 (5cm丸型 約30枚)
マーガリン
50g
砂糖
20g
1g
薄力粉
70g
全粒粉
50g
ベーキングパウダー
小さじ 1/3
牛乳
大さじ 2
チョコレート
適宜

1

マーガリンは室温に戻す。薄力粉、ベーキングパウダーは合わせて振るう。牛乳に塩を混ぜて溶かす。

2

写真

マーガリンを泡立て器でクリーム状にし、砂糖を加え白っぽくなるまで混ぜる。

3

写真

振るった粉、全粒粉を加えてゴムベラで混ぜ、牛乳を少しずつ加え混ぜ合わせる。

4

写真

粉っぽさが無くなったら、ひとまとめにしてラップで包み、冷蔵庫で30分以上休ませる。

5

写真

3mmくらいの厚さに伸ばし型抜きする。オーブンシートを敷いた天板に並べフォークで穴をあけ、170℃のオーブンで約15分焼く。

6

写真

冷めたら、溶かしたチョコを裏側に塗って出来あがり♪

7

写真

カフェオレチョコバージョン (ホワイトチョコ+コーヒーチョコ)

8

写真

ピンクのハートが可愛い☆苺チョコバージョン

9

写真

12/1、つくれぽ100人になりました!作って頂いた皆さん、ありがとうございました♪ (o´∀`人)

10

写真

ココアver.(薄力粉70g→薄力粉60g+ココア10g)ホワイトチョコをサンドしました♪

11

写真

ハートと星型で真ん中を型抜きしてチョコサンド♪

コツ・ポイント

箱にはショートニングと書いてありましたが、製菓用マーガリンが何箱もあったので(100円だったの♪)マーガリンで作りました。
生地がまとまりづらい場合は、様子を見ながら牛乳を少し足してみてください。
チョコは湯煎で保温して、トロトロの状態にしておくと綺麗に塗れます♪

このレシピの生い立ち

大好きなマクビティが作りたくて、箱の原材料を見て自分なりに作ってみました。
レシピID : 235707

低糖質人気の簡単全粒粉ビスケットのレシピ

やはりGI値が低い全粒粉を使うレシピですから低糖質のビスケットの作り方も記しておきます。オリゴ糖と書いてありますが、パルスイートやラカントなどでも出来ます。

簡単なビスケットのレシピですから作りやすく人気があり糖質制限でなくてもメープルシュガーや普通の砂糖でも出来ますよね。

粉150g+ベーキングパウダー小さじ1に、水分大さじ5・オイル大さじ3が基本、オリゴ糖をはちみつやメープルシロップにしたり、牛乳を豆乳に変えたり、砂糖を足したりと、アレンジはしやすいかと。甘みなしで塩大目だと、パイみたいになります。・・・という事です。

レシピID: 1670009424さんありがとうございます。楽天レシピさん➡低糖質全粒粉ビスケット

低糖質全粒粉ビスケット レシピ・作り方

材 料(約30枚分人分)

  • 全粒粉

    150g

  • ベーキングパウダー

    小さじ1

  • オリゴ糖

    大さじ3

  • 牛乳(or豆乳)

    大さじ2

  • サラダオイル(オリーブオイル)

    大さじ3

  • バニラエッセンス

    少々

  • 一つまみ

低糖質全粒粉ビスケット

糖質オフレシピということで、簡単に作れるものを(笑)あっさりベーシックな素朴な味ですよ。次の日とかの方が味は馴染みます。

作り方

  • 1

    ボールに全粒粉・ベーキングパウダー、塩をいれて、よくまぜておきます。

  • 2

    別なボールにオリゴ糖・牛乳・サラダオイル・バニラエッセンスをいれて、ねっとりするまでよく混ぜます。

  • 3

    1の粉に2の液体をいれて、フォークかヘラでさくさくと混ぜていきます。最初はぼろぼろしてますが、ある程度液体がいきわたったら、手でぎゅぎゅっとまとめます。

  • 4

    まな板などに、適量生地をのせて、5ミリくらいにのばして、好きな方で型抜き。オーブンは170度で余熱しておきます。

  • 5

    170度のオーブンで12~13分焼きます。3ミリくらいで薄い場合は11分くらいに加減してもいいかと。きつねいろになってしっかりしたら焼き上がり。

きっかけ

作りやすく、皆が美味しく食べられる低糖質ビスケットを色々と作ってみた結果、これが一番作りやすく好評でした。

おいしくなるコツ

粉150g+ベーキングパウダー小さじ1に、水分大さじ5・オイル大さじ3が基本、オリゴ糖をはちみつやメープルシロップにしたり、牛乳を豆乳に変えたり、砂糖を足したりと、アレンジはしやすいかと。甘みなしで塩大目だと、パイみたいになります。

レシピID: 1670009424

まとめ

いかがでしたか?クッキー、サブレ、ビスキュイ、そしてビスケット。色々な焼き菓子があります。さらにクラッカーなどもです。呼び方もお国でそれぞれ違いがありました。

ビスケットの定義は日本では大まかに決められているようです。又、その背景には歴史的に、いつ日本に持ち込まれたかも関わっているのですね

人気のレシピを見ると、脂質の量がやはりビスケットはクッキーに比べて少なめです。

最近では健康志向の方に人気のビスケットづくりに全粒粉を使うとコクのある美味しいサクサクしたビスケットが簡単に出来ます。

脂肪分が気になる方は手作りで一度、全粒粉の入ったビスケットを作ってみてはいかがでしょうか。日持ちもして低カロリーで栄養価の高い全粒粉ビスケットが自宅で簡単に出来て食べれます。

今日の一言・・・ビスケットは以外に簡単に出来ます。バターが少ない分クッキーよりも上手に出来ます。美味しい全粒粉の入ったサクサク感のあるビスケット。作ってみると市販のビスケットとは非常に違う美味しさがありクセになります。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です