全粒粉ビスケットを使ったチーズケーキの色々

チーズケーキを食べる時、ボトムのクラストがチーズケーキとマッチしてとっても美味しいですよね。そのボトムの部分にはグラハム粉を使用したグラハムクラッカーで作ったり、全粒粉を使った全粒粉ビスケットで作ったりします。

スポンサードリンク


レシピにはグラハムクラッカーを使うように書いてあっても、なかなかそれが見つけられない時は代用品として割とどこにでもある全粒粉ビスケットを使ったりします。

またこだわりのある方は全粒粉ビスケットを自家製になさる方もいます。

全粒粉のザクザク感がチーズケーキのチーズととてもマッチして1つのケーキで2つの美味しさが味わえると言っても過言ではありません。

こちらでも全粒粉ビスケットについて書いていますのでお読みください。

全粒粉ビスケットが代用されるお菓子の色々

全粒粉で作るビスケットのレシピで人気なもの

「ベイクドチーズケーキ写真フリー」の画像検索結果

チーズケーキの種類

一言にチーズケーキと言っても色々なチーズケーキがあります。ちゃんとした決まり事としてのこれはベイクドチーズケーキとかこれはレアチーズケーキと言ったものはありません。大まかに大体の焼き方で区別しているようです。

ケーキ屋さんに行くと必ずチーズケーキが並んでいますよね。そんなチーズケーキですが大きく分けて作り方には3つあります。

・火を通さない

・湯せん焼き

・しっかりオーブンで焼く

このひとつひとつの作り方からさらに何種類もの作り方があります。それはチーズケーキの歴史がとても長いからです。

紀元前776年の第一回古代オリンピックがギリシャで開催された時、チーズケーキがアスリートたちに配られた記録が残っています。どんなチーズケーキだったのでしょう!

また、チーズケーキは多くの国々で昔から作られていますので、その国で色んな進化をとげて出来たチーズケーキもあるのです。

レアチーズケーキ

「レアチーズケーキ写真フリー」の画像検索結果

・製法:火を通さず、ゼラチンなどで冷やし固めます。卵を使用しないものと使用する(黄身だけ)レアチーズケーキがあります。

ボトムに全粒粉を使ったクラストを敷きます。全粒粉ビスケットでもOK

わりと簡単に家庭で作れるチーズケーキです。様々なアレンジのレシピがあります。オーブンを使用しないで作れることもあり手作りの中でも人気のチーズケーキです。

ゼラチンを寒天に変えたり、クリームチーズを半分お豆腐やグリークヨーグルト(水切りヨーグルト)に変えたものなど色々あります。カロリーがぐっと抑えられるのでダイエットにもぴったりです。

さらにゼラチンを使わずにレモン汁などのタンパク質の凝固作用だけで固める方法もあります。ケーキというよりババロアやプリンのようなお菓子になります。

・食感と味:さっぱりした味のものから濃厚なものまで。クリーミーでチーズの風味もしっかり感じられるチーズケーキです。

ブルーベリーソースやラズベリーソースなどをかけていただくと美味しいです。

お酒(洋酒)にも合うようです。

スフレチーズケーキ

「スフレチーズケーキ写真フリー」の画像検索結果

・製法:卵は、卵白のメレンゲを泡立てて使用します。湯煎で蒸し焼きです。

スフレとは「吹く」「膨らんだ」という意味です。しっかり泡立てますので放置してもしぼむことはありません。じっくり湯銭焼きにすることで、このふわっとした感じに焼きあがります。

実はこのスフレチーズケーキは日本が発祥とされています。海外では、「Japanese Cheese Cake」と呼ばれるそうですよ。

ベイクドチーズケーキに比べてカロリーも低めで、ダイエット中でもチーズケーキが食べたいときに食べられます。

ボトムに全粒粉を使ったクラストを敷きます。全粒粉ビスケットでもOK

・食感/味:ふわふわ。さっぱり。スポンジケーキのような食感。
スフレはフランス語の「Soufflé」=「吹く」という意味です。

フランス語ですが、フランス発祥という訳ではなく、スフレは日本のチーズケーキと言われています。

ニューヨークチーズケーキ

「ニューヨークチーズケーキ写真フリー」の画像検索結果

・製法:こちらも湯煎焼きです。ベイクドチーズケーキよりも、チーズの分量やサワークリームの配合が多いのが特徴です。

ボトムに全粒粉を使ったクラストを敷きます。全粒粉ビスケットでもOK

昔、ユダヤ人がニューヨークに移住した時にそこで広めたので「ニューヨーク」チーズケーキと呼ばれているそうです。

・食感と味:チーズケーキの中で、最も濃厚でクリーミー。

濃厚な味わいなので美味しいホットコーヒーでもブラックに合いそうです。

ベイクドチーズケーキ

「ベイクドチーズケーキ写真フリー」の画像検索結果

・製法:オーブンでしっかり焼き色が付くまで焼く。

ベイクドとは「焼く」という意味です。「チーズケーキ」と言えば北米やヨーロッパなどではだいたいこれをさします。

ボトムに全粒粉を使ったクラストを敷きます。全粒粉ビスケットでもOK

ズッシリ感と食べごたえがあります。しっかり焼いていますので保存がきくのが特徴です。焼きたての食感を楽しんだら1,2日時間をおいてしっとりして味のしまった濃厚な味を楽しむのも美味しいです。

毎日味が違ってきますので1つのケーキで複数の美味しさを味わえ楽しむことができます。

作り方もとても簡単なので、家庭で簡単に作れて経済的です。

・食感と味:濃厚なチーズの風味を感じる。しっとりとした食感。

ボトムの作り方色々

さてチーズケーキの種類について書いてきましたが、外側、ボトムは全粒粉を使って作ると非常に美味しく出来ます。チーズの濃厚な味を引き立ててくれ、それ自身もコクのある美味しいクラストになります。

せっかく美味しいチーズを使って作るチーズケーキですが、ボトムの味がイマイチだと全部が台無しになりますのでここは全粒粉を使って美味しいクラストに作り上げたいですよね。

全粒粉からボトムを作る場合

全粒粉からしっかりボトムのクラストを作るとすべてが手作りで手作り感のある美味しいチーズケーキが出来上がります。

またこの方のように自分でクラストも作りますとカロリーの調節も出来ますよね。全粒粉がない場合には普通の薄力粉でも量を調節して作ることが出来ると書いてあります。

こちらはベイクドチーズケーキのレシピですが、このボトムのクラストの作り方は他のチーズケーキにも応用できます。

ただしオーブンを使わないクリームチーズケーキの場合は全粒粉ビスケットを使用した方が手間はかからなくて良いかもです。

レシピID : 4276418さんありがとうございます。COOKPADさん➡満足☆ベイクドチーズケーキ

満足☆ベイクドチーズケーキ

満足☆ベイクドチーズケーキ
生クリーム、バターを使わずカロリーダウン。ほんの少しのホワイトチョコレートでさっぱりしすぎない満足チーズケーキです。
材料 (18cm丸型)
■ Aボトム生地
小麦粉
50g
全粒粉
10g
全卵
1個
菜種油
30g
ヨーグルト
30g
ベーキングパウダー
小匙1/2
■ Bチーズ生地
クリームチーズ
250g
ヨーグルト
150g
全卵
2個
きび砂糖
60g
小麦粉
大匙3杯
ホワイトチョコレート
10g

1

写真

下準備
・ホワイトチョコとクリームチーズは電子レンジて柔らかくしておく
・小麦粉Aと全粒粉、BPは合わせてふるっておく

2

写真

ボトムを作る。
菜種油ときび砂糖Aをよく混ぜ、ヨーグルトAと全卵A1個を加えてよく混ぜる

3

写真

ふるった小麦粉Aと全粒粉を加えてゴムべらで粉っぼさが残らないように混ぜ、型に流し表面を平らにならす。

4

180℃に熱したオープンで、8分間焼く。

5

写真

ボトムを焼いている間に生地を作る。
柔らかくしておいたクリームチーズとホワイトチョコレートをよく練ってきび砂糖Bを混ぜる

6

全卵B2個とヨーグルトBを加えて泡立て器でさらによく混ぜる。
小麦粉Bをふるい入れてゴムべらでよく混ぜる。

7

写真

一度濾すと口当たりが滑らかになります

8

写真

焼き上がったボトムの上に静かに流し、2.3度底をテーブルに軽く落として空気を抜く

9

180℃のオープンで50~55分焼く。
焼き上がったら型のまま冷ます。
冷蔵庫で反日くらい寝かせるとカットしやすいです。・・・粗熱が取れたらしっかり冷蔵庫で冷やしましょう。ここ大切です。

コツ・ポイント

全粒粉はなくても可。その場合は小麦粉Aを60gにしてください。・・・全粒粉全部でも出来ます。
レシピID : 4276418

全粒粉ビスケットを自分で作る場合の作り方

さて、さらに全粒粉でその都度ボトムを作るのが面倒な方にはこの方法はいかがでしょうか。全粒粉ビスケットを沢山作り置きしておくという方法です。

冷凍可能ですので暇がある時に作った全粒粉ビスケットは砕いて冷凍保存しておきましょう。

とっても美味しいので形が良いものはそのままいただいても良さそうです。140g分の全粒粉ビスケットが出来るので2倍の量で作っておくと何回もチーズケーキのクラストとして使えますね。

チーズケーキのボトムに☆全粒粉ビスケット

チーズケーキのボトムに☆全粒粉ビスケット
チーズケーキやムース、ババロアの下地に使うサクサク「全粒粉ビスケット」、これもこだわり材料で自分で作っちゃいましょうww
材料 (約140g分)
全粒薄力粉
60g
薄力粉
60g
1.5g(ふたつまみ、小匙1/4)
オリーブオイル(風味のいいオイル)
25g
メープルシロップ
35g

1

写真

全粒薄力粉、薄力粉、塩をふるってボールに入れる。オリーブオイルを粉類の上に回し入れる。

2

写真

手で、決して捏ねないように、オイルと粉をなじませる。湯指先を使ったり、こすりあわせたりするといいですよ。

3

写真

粉とオイルがなじんだ状態。サラサラとしてます。

4

写真

メープルシロップを回し入れ、ゴムべらでボールの側面、底をすくうようにしながら、なじませる。

5

写真

カードに変えて、横に動かすだけで、なじませているうちに、わりとまとまってきます。まだ、焦らないで、地道になじませて。

6

まとまりにくかったら、小匙1程度の水を加えてください。気温や湿度で水分量が変わります☆

7

写真

まとまってきたら、カードで切っては重ねてを数回繰り返す。

8

写真

根気よく繰り返しているとちゃんと生地になります。

9

写真

しっかりまとまったら、ベーキングシート(オーブンペーパー)の上に置き、このまま成形。ここで、形をきれいな立方体にしておく

10

写真

ラップをかけて5㎜くらいに伸ばす。

11

写真

脇は、片手で生地を抑えて、めん棒をあててて押すと、きれいになるよw

12

写真

包丁でカット。周りを落として、自分の好きな大きさでOK.真ん中から切ってくと楽です。好みでピケしてね。

13

写真

170℃に温めたオーブンで約30分焼成。

コツ・ポイント

オイルと粉のなじませ方は、経験を積んでいくと、コツが掴めます。
成形時に、ちゃんとした立方体にしておくと、生地を伸ばした時、非常にきれいです。
まぁ、砕いてケーキのボトムにするので、形はいびつでもいいのですが(笑)

このレシピの生い立ち

全粒粉ビスケット、自分で作るなら、こだわりの材料で、美味しくということでできたレシピ。
そのまま食べても美味しいです。
レシピID : 2382389

スポンサードリンク


市販の全粒粉ビスケットをボトム(クッキー生地)として使う場合1

これは時間がない方や、自家製手作りチーズケーキが食べたい!でも出来るだけ簡単に作りたいという方向けです。

このレシピは➡全粒粉ビスケットが代用されるお菓子の色々にも載せたものですが、とても簡単で美味しいので、またここで紹介します。

レシピID : 2530802さんありがとうございます。COOKPADさん➡ミキサーで簡単*濃厚ベイクドチーズケーキ

ミキサーで簡単*濃厚ベイクドチーズケーキ

ミキサーで簡単*濃厚ベイクドチーズケーキ
ミキサーで作るのでとっても簡単♪
15m型の小さめサイズなのでちょこっと食べたい時に丁度良いです♡
材料 (15cm丸型1台分)
■ *ボトム*(クラスト)
全粒粉ビスケット(普通のビスケットでOK)
60g
バター
30g
■ *生地*
クリームチーズ
170g
生クリーム
110㏄
砂糖
75g
小麦粉
20g
レモン汁
25㏄
卵(M玉使用)
1個
1つまみ

1

写真

型の側面に型紙をセットする。

2

写真

ミキサーに全粒粉ビスケットを適当に割り入れ、撹拌する。

3

写真

バターをレンジ等で溶かす。

4

写真

3に2を入れ、良く混ぜ合わせる。

5
写真

型に4を入れ、均等に敷き詰める。

6

写真

2で使ったミキサーを水洗いし、水気を拭き取ったら生地の材料を全て入れ、撹拌する。

7

写真

5に6を流し入れ、軽く台に打ち付け空気を抜く。

8

写真

170度に予熱したオーブンで40〜50分焼く。

9

写真

オーブンの機種によって焼け具合が違うので表面の焼き色や、竹串を刺してみた時の中の具合によって時間は調整して下さい。

10

写真

粗熱が取れたらラップをし冷蔵庫で冷やす。
翌日以降がしっとりとし、味が馴染み食べ頃です。

11

写真

こちらのレシピ本に掲載して頂きました♡

コツ・ポイント

ボトムは均等に強めに押し付けて下さい。

表面に一度温め緩くしたアプリコットジャムを塗ると艶やかで見た目も良くなります。

塩は三本指で軽く摘む位の微量で隠し味程度に入れて下さい。

レシピID : 2530802

市販の全粒粉ビスケットをボトム(クッキー生地)として使う場合2

こちらは2種のチーズケーキが一つのケーキで味わえるようです。これもクラストはビスケット使用です。

よく考えてありますね。スフレチーズケーキを作る前にメレンゲを加えない生地を型に流し込んでから、そのあとメレンゲを加えた生地を流し込んでいます。

一番注意することは表面が焦げますから、色がついたらアルミホイルなどでトップを覆いましょう。

スフレとベイクドの二重奏ですね。

レシピID : 793179さんありがとうございます。COOKPADさん➡しゅわっと濃厚☆二層のチーズケーキ

しゅわっと濃厚☆二層のチーズケーキ

しゅわっと濃厚☆二層のチーズケーキ
スフレとベイクドを合わせたチーズケーキです。
スフレのしゅわっと感と、濃厚なベイクドを一度で楽しめます♪
材料 (18cm丸型[底が外れるタイプ])
クリームチーズ
300g
砂糖
50g
全卵
1個分
卵黄
2個分
生クリーム
100ml
レモン汁
大3
コーンスターチ
30g
卵白
2個分
砂糖
30g
■ ボトム
ビスケット(あれば全粒粉ビスケット)
90g
無塩バター
40g
■ ☆
アプリコットジャム
適量

1

型に分量外のバター、又はマーガリンを塗り型より少しはみ出るくらいに切ったクッキングシートを貼り付ける。底にも敷く。

2

クッキングシートの側面だけ溶かしたバターorマーガリン{無塩でなくても良い}を塗っておく[焼いた時のひび割れ防止に]

3

オーブンは170度に余熱、
湯せん焼きにするので、お湯を沸かしておく。

4

写真

細かく砕いたビスケットに溶かした無塩バターを混ぜて、底に押し付けるように敷く。

5

写真

やわらかく練ったクリームチーズに砂糖50g加え混ぜ、卵1個卵黄2個加えよく混ぜる。
レモン汁大3加え混ぜる。

6

写真

コーンスターチ加え良く混ぜたら、生クリームを加えまぜる。

7

写真

砂糖を3回位に分けて、しっかりしたメレンゲを作る。
角がたつ位。

8

写真

チーズ生地の半分を型にながす。

9

写真

残りのチーズ生地に3分1のメレンゲを入れ良く混ぜる。

10

写真

残りのメレンゲに9のチーズ生地を加え良く混ぜる。・・・つまり泡立てたメレンゲのボウルの方に今度は生地を移すのです。

11

写真

型に流し、軽くトントンと底を台にたたきつけて、170度のオーブンに45~50分湯せん焼きする。

湯煎焼きとは オーブンの天板にお湯をはり、生地の入った型を入れた状態で蒸し焼きにすること。 プリンやチーズケーキなどをしっとり焼き上げたいときに使う調理法です。

湯煎焼きとは – クックパッド料理の基本

https://cookpad.com/cooking_basics/20345

12

写真

きれいな焼き色がついたらOK

13

写真

熱いうちにアプリッコトジャムを塗っておくとシワ防止になりますよv

14

あら熱
とれたら、型のまま冷蔵庫へ。

15

写真

16

写真

断面はこんな感じ♪

17

余ったクリームチーズと生クリームの美味しい使い道。
レシピID:793407
イチゴジャムのアイスが出来ますv

18

甘さが足りなければ、ベイクドの方に10から20g砂糖を足してみてください。

コツ・ポイント

メレンゲは硬くあわ立てましょう。
側面にバターを塗っておくとひび割れ防止になりますよ。
ご家庭のオーブンによって焦げる場合があると思うので、焼き色がついたらアルミホイルなどをかぶせてみて下さい。

このレシピの生い立ち

私は、スフレが好きで、旦那さまはベイクドが好き♪
どうにか一緒に出来ないかと、考えて作ってみましたv
レシピID : 793179

まとめ

いかがでしたか?

一言でチーズケーキと言っても色々な種類のチーズケーキがあり、

・ゼラチンを寒天に変えたり、クリームチーズを半分お豆腐やグリークヨーグルト(水切りヨーグルト)に変えたものなど色々アレンジでき、カロリーカットできるレアチーズケーキ(他のチーズケーキでも可能)

スフレチーズケーキは日本独特のチーズケーキ・・・海外では、「Japanese Cheese Cake」

ニューヨークチーズケーキはユダヤ人がニューヨークで作ったのが最初の始まり

・欧米ではチーズケーキと言えばベイクドチーズケーキを思い浮かべる

一番古いチーズケーキは紀元前オリンピックで紀元前776年の第一回古代オリンピック(資料に載ってるそうです。)

などなど色々な事が分かりました。

全粒粉を使うボトムの作り方も色々で

・粉の全粒粉自体から作るチーズケーキのボトム

・全粒粉ビスケットを自分で作ってそれをクラストにする

それも時間の無い方は

・市販の全粒粉ビスケットで代用する

など色々な方法がありました。

でもどれも美味しそうです。一度作ってみてはいかがでしょうか。

今日の一言・・・今回は全粒粉ビスケットとチーズケーキについて書きました。いつもチーズケーキをいただく時思うのはチーズケーキの味だけでなくクラストの部分です。ここが美味しいととっても豊かな気もちになりませんか?

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です