全粒粉を使った美味しいマクロビのパンケーキ

全粒粉はよくマクロビオティックで使われます。パンもですが、あまり加工をしない食べ物をいただくマクロビでは全粒粉のパンケーキが良く食卓に出されるようです。

スポンサードリンク


マクロビ、マクロビオティックがなぜ人気があるのか、そして全粒粉で作るマクロビのパンケーキはどんな風に作るのかを考えてみましょう。マクロビが本当に体に良いのなら、生活に取り入れても良いですよね!

「マクロビのパンケーキ写真フリー」の画像検索結果 関連画像

↑マクロビでは小麦粉は全粒粉や地粉を使い、卵を使わず牛乳も豆乳などで代用してパンケーキを作るようです。美味しそうで健康的です。

ずっと毎日マクロビでなくてもいいんじゃない?

たとえば、お仕事がお休みの週末だけは体に優しい食べ物で「週末マクロビ」をするとか。日頃、フルタイムで働かれている方は、なかなか平日は忙しくて食事に気を配れない、そんな方は多いですよね。

お付き合いで外食の機会も沢山ありますし、時間がないからお弁当も作れないので近くのコンビニのお弁当を買ったり会社の売店で買ったり食堂で食べたり。

それはそれ、せっかくなのでそんな時は会社の気の合う同僚と楽しく美味しくありがたく頂きましょう!

会社の帰りに先輩がご馳走してくれるなら、目いっぱい嬉しそうな顔で美味しくいただいちゃいましょう。

 ですが、外食で疲れた体をお仕事がお休みの週末、お家でゆっくり整え直してみませんか?そんな時に出来るのが週末マクロビです。
体にも食事のメリハリを与えてあげたらストレスも溜らないで良いのです。

マクロビオティック・・・マクロビって?・・・おさらい

マクロビオティックはとても深いのでここでは収まり切りませんが、あえて分かりやすいように簡単に書きました。

幸せパンからのお願いですが、やりだしたらきりがないマクロビです。どこまでで「よし」とするかはご自分で決めましょう。

つまり以下を参考にしてあまりストイックになりすぎずに、自分に合った「マクロビ・ライフ」を楽しんでください。

「マクロビオティック図写真フリー」の画像検索結果 関連画像

うぅ~ん!図を見ても難しい!

マクロビ(マクロビオティック)とは、穀物や野菜、海藻などを中心とする日本の伝統食を基本として食事を摂ることにより、大自然と心と体の調和をとりながら、食を通して健康な暮らしを実現するという考え方です。

マクロビ、マクロビオティックの言葉の意味

「マクロビオティック」って言葉自体が何語が集まってできたもの?と思う方も少なくないと思います。

マクロ・ビオ・ティック

に区切ると分かりやすいですよね。

マクロ・・・大きな ⇔ 小さな・・・ミクロ

ビオ・・・バイオ  biologyから生命

ティック・・・術、学

「長く思いっきり生きるための理論と方法」というわけで、そのためには「大きな視野で生命を見ること」が必要という事だそうです。

難しいですよね。

マクロビの始まり

マクロビオティックは、桜沢如一氏(1893~1966)が、石塚左玄の「食物養生法」の考え方と、東洋思想のベースとなる中国の「易」の陰陽を組み合わせた、「玄米菜食」という自然に則した食事法を提唱したことからはじまりました。その後1950年以降、久司道夫氏によってマクロビオティックが体系化され、欧米を中心に広まりました。

という事で、日本で提唱された食事法マクロビが実は最初に欧米を中心に広まり、そして日本にはそのあと広まったという、逆輸入的な歴史がマクロビにはあります。1950年代、日本の食生活は質素でしたが次第に欧米化してから日本でも広まったようです。

マクロビの二大原則

マクロビでは、

・身土不二(暮らす土地の旬のものを食べること)

と、

・一物全体(自然の恵を残さず丸ごといただくこと

という2つの原則があります。

身土不二(暮らす土地の旬のものを食べること)・・・人間も植物も生まれた環境と一体している、という意味です。

例えば、熱帯地域でとれるフルーツやサトウキビからとれる砂糖には体内の熱を下げる働きがあり、寒い地域でとれる野菜には体内を温める働き(大根などや大根の種類のてんさいからとれるてんさい糖)があり、四季のある日本では、季節ごとの旬の食材をとることで、からだのバランスがとれるという考え方です。

これは厳しい!最近ではスーパーにも置いてある、パパイヤやマンゴーなど熱帯果樹派ダメなのね!

一物全体(自然の恵を残さず丸ごといただくこと)・・・ひとつのものを丸ごと食べる、という意味です。

一つ一つの食材は、丸ごとでバランスがとれていますから、穀物なら精白していない玄米、野菜なら皮や葉にも栄養があり、全てを摂ることでからだのバランスがとれるという考え方です。

なるほどですから小麦ならば丸ごと挽く全粒粉なわけですね。

マクロビオティックの陰陽バランス

関連画像

マクロビの考え方では、すべてのものに「陰」と「陽」があると考えます。
陰性・・・遠心力・静かなもの・冷たいもの・水分の多いものなど。
陽性・・・求心力・動きのあるもの・熱いもの・水分の少ないものなど。

マクロビではこの陰性と陽性のバランスがとれた状態(中庸)が大切だと言っています。

食材の陰陽バランス

「マクロビオティック図写真フリー」の画像検索結果

陰性の食材とは空の上に向かってのびているもの、からだを冷やす作用があります。

夏のキュウリ(陰性)は、ほてった体から熱をとる作用があります。

陽性の食材とは地中に向かってのびているもの、からだを温める作用があます。

冬のゴボウや大根(陽性)は、冷えたからだを温める作用があります。

このように季節ごとに陽性、陰性の食べ物は、からだのバランスをとる手助けをしてくれます。

マクロビでは陰陽どちらにも中庸が大切で、極端にどちらかの食べ物に傾きすぎないほうが良い、としているので、穀物や根菜、豆類などを加工せずにできるだけそのままの状態でバランスのある食べ方をします。

 バランスはマクロビだけでなく大切ですよね!

マクロビの調理法の陰陽・・・調理法にも陰と陽に分けられます。

サラダなど冷たいものや火を通さないものは陰性。それに対してシチューのように、温かいもの、じっくり煮込むものは陽性です。調理法の陰陽は次の表のようになります。

陰性 陽性
火を少なく使用する 火を多く使用する
時間をかけない 時間をかける
圧力をかけない 圧力をかける
油・水を多くする 油・水を少なくする
酢・甘味料・ハーブ等の陰性の調味料を多くする 塩・醤油・味噌等の陽性の調味料を多くする
土鍋・木製の調理器具を用いる 鉄鍋・金属の調理器具を用いる
野菜を小さめに切る(調理する場合) 野菜を大きめに切る(調理する場合)

このようなマクロビの食べ方は自然環境との関わりでもバランスが大切ということに繋がっていきます。

例えば、

・暮らす土地でとれた野菜を積極的につかうと、野菜が新鮮な状態で食べられ、からだに良い。

・大きく考えると、野菜の物流で使用された運搬で排出されるCO2の削減にもつながる。

・捨てていた皮や葉なども食べることは、キッチンからでるごみの減少にもつながる。

といったように

自分の体だけでなく、地球上のサイクルを考えて食生活をしていくと、住んでいる環境も良くなり、結果的に地球上の環境が整えられ、一人一人の生活も良くなるといったところでしょうか。

つまりマクロビとは「自然と調和をとりながら、健康な暮らしを実現する」という考え方です。

こういう言い方をしますとマクロビを真剣に毎日の生活に取り入れている方には申し訳ないのですが、現代社会で生きていく上では完璧にマクロビをやるのは難しいと思います。

ですから先ほども触れましたが、あまりストイックになりすぎずに、自分に合った「マクロビ・ライフ」を楽しんでください。

じゃぁ、どうしてマクロビでは肉や魚、乳製品の動物性タンパク質がだめなの?

マクロビで食べるのを禁止されている食材は基本的にありません。しかし肉や一部の魚、乳製品の動物性タンパク質を避ける傾向にあります。

厳格にマクロビの食事療法を活用している人は「肉や魚、乳製品は全く食べない」と言う人も多いです。

理由には3つ

1:陽性をもつ食品なので陽性に属す人間ではさらに陽性になりバランスが取れない。

マクロビオティックでは「陰陽」の思想を大切に中庸をとるようにしています。

・肉や魚、乳製品などの動物性タンパク質は強い陽性(極陽)で人間も陽性に属します。その為陰性をもつ植物を食べた方が中庸(バランス)を保ちやすいということで、動物性タンパク質の摂取が特に避けられています。

2:地元(日本)の旬の食材や伝統食を食べることが良いとされる日本人の穀物中心の伝統的な食生活に合わない

・昔の日本には肉食や牛乳を飲む文化は浸透しておらず、穀物・魚中心の食生活でした。肉が魚の消費量を上回ったのは、戦後の高度成長期以降です。

マクロビの考え方「身土不二(地元の旬の食材や伝統食を食べることが良い)」の観点から言えば、日本の伝統食にない肉食は避けるべき、となるそうです。

魚の中ではマグロなどの赤身の魚は食べるのを避け、白身魚は食べても良いとされます。

まぁ、ここの理論は(動物性たんぱく質も人間には大切なので)極端になってしまうのですが、幸せパン的には現代社会での食生活ではお肉中心になりやすいので、週末にマクロビを取り入れて体のバランスを調節すると良いのではないかと思います。

3:穀物の大量消費、森林伐採を招く

1kgの食肉を生産するのに、鶏は2kg、豚は4~5kg、牛は8kgの穀物を消費するのだそうです。

今の日本では考えられない、世界中の食糧危機、飢餓問題を考えても「貴重な穀物を家畜の餌に回すべきではない」という考えがあるのだそうです。

食用穀物と、家畜に食べさせる飼料用穀物は品種が違うのですが、肉食が増えるほど、飼料用穀物を栽培する農地面積が必要となり、本来人間が食べられる穀物を栽培する面積が減ってしまいます。

また家畜の飼育や飼料用穀物の栽培の為、森林を伐採して農地面積の開発も進むことから、マクロビでは肉食が避けられているとのことです。

この考え方自体が「中庸」でなく極端な気が、幸せパンはするのですが(怒られるかも!)、お肉を食べないと身体が軽く感じ、すっきりしますので、一定時期に決めてマクロビをするのも良いかなとは思います。

スポンサードリンク


マクロビで使う甘味料

精製された砂糖である白砂糖は、極度の陰性(極陰)を持つ食材だそうで「極度の陰性は身体の調和を著しく乱すので、避けた方が良い」と言うのが、マクロビの考え方です。

ではいったいどんな甘味料が良いのか?

甜菜(てんさい)糖・・・(砂糖大根、ビーツ)から作られる砂糖。

黒砂糖・・・サトウキビの絞り汁で作られる黒砂糖は、未精製の砂糖の一つです。

はちみつ

コメ飴、甘酒

メープルシュガー、メープルシロップ

などを使います。

バターの代用

種実類をすり潰してペースト状にしたもの

  • ピーナッツバター
  • アーモンドバター
  • ごまペースト
  • タヒニ(中東料理で使われる濃い生練りごま)

植物性油脂を主に使います。

  • グレープシードオイル
  • オリーブオイル
  • サラダ油
  • ウォールナッツオイル
  • ココナッツオイル
  • キャノーラ油
  • なたね油
  • 紅花油
  • えごま油
  • ごま油

牛乳の代用

主に豆乳を使います。が、沢山はだめだそうです。極陰性だからだとか。

コレステロールが0で、大豆イソフラボンが女性ホルモンと類似の働きをする、ガンを抑制するとして牛乳を飲まない方や、健康に気を使っている方に人気ですね。

しかし「遺伝子組換大豆は入っていません」と記載があっても、5%以下なら記載義務がないので、アメリカ・カナダ・オーストラリアなどの産地の大豆を使用しているものは避けたほうが良いでしょう。
マクロビですからできるだけ国産の原料のものを選ぶようにします。

マクロビで作る健康な全粒粉を使ったパンケーキ

マクロビオティックでは「大豆など植物性タンパク質で栄養を補う」という考え方をもっています。

大豆や小豆などの豆類、大豆発酵食品、グルテン(小麦のタンパク質)を原料としたお麩などを、タンパク質として摂取します。グルテンミートなんてありますよね。

ですからマクロビでは小麦粉となると全粒粉を使い、その中には植物性たんぱく質の小麦グルテンも含まれています。

ではどんな全粒粉で作るパンケーキがあるのでしょう。

クルミ入り全粒粉パンケーキ

COOKPADさん➡クルミ入りパンケーキ♪*マクロビ・ベジ*

レシピID : 2416149さん有難うございます。

このレシピもマクロビのパンケーキのレシピですから牛乳も卵も使ってません。あっさりしすぎのところをクルミとアーモンドプードルでコクを出しています。アーモンドプードルだけでも良いかもです。

豆乳を使いシロップも体に優しいメープルシロップです。サトウキビから出来たキビ砂糖は他のにも出来ますよね。(てんさい糖やメープルシロップと言ったところでしょうか。)

クルミ入りパンケーキ♪*マクロビ・ベジ*

クルミ入りパンケーキ♪*マクロビ・ベジ*
ベジもノンベジも楽しめるコクと食べ応えたっぷりなパンケーキ♪
材料
全粒粉
150g
アーモンドプードル
40g
きび砂糖
大さじ1.5
ベーキングパウダー(アルミフリー)
小さじ2
片栗粉
小さじ1
クルミ
適量
豆乳
200〜250cc
メープルシロップ
お好きな量で♪

1

写真

粉類を袋に入れて振り混ぜ、ボウルに開ける

2

クルミはみじん切り又は袋に入れて砕いてボウルに入れる

3

豆乳を少しずつ入れて混ぜ合わせる

4

フライパンを熱して油(分量外)をひき、余分な油をキッチンペーパーで拭き取り、濡らしたタオルで1度フライパンの底を冷やす

5

おたま1杯分を入れ、蓋をする。周囲の色が変わってきたらひっくり返し3分位焼く

6

ノンベジさんはバターを載せて、ベジさんはメープルシロップで!サクッともっちりお楽しみ下さい♪

コツ・ポイント

焼き色が付きにくいですが、火加減は弱火でじっくり焼くと美味しいです。

このレシピの生い立ち

お家にあるものでパンケーキを作ってみました♪
クルミとアーモンドプードルで、卵乳不使用でもコクがあって美味しい(^o^)
レシピID : 2416149

バナナパンケーキ

COOKPADさん➡バナナパンケーキ

レシピID : 4275842さんありがとうございます。

美味しそうですね。マクロビで使うてんさい糖や豆乳と色々工夫していらっしゃいます。バナナは熱帯フルーツの一つと言うなら、季節の果物、桃やミカン、マーマレードにいちじく、ももと色々代用が出来ますよね。

バナナパンケーキ

バナナパンケーキ
全粒粉入りの、ヘルシーなパンケーキです。
材料 (3人分)
全粒粉
50g
薄力粉 あれば地粉
50g
BP(ベーキングパウダー)
小2
バナナ(完熟)
1本
てんさい糖(砂糖)
大1
一つまみ
豆乳
180ml
好みのナッツ
1/2カップ
レーズン
1/4カップ
好みのシロップ
適量

1

全粒粉、薄力粉、BP、砂糖、塩をボールに混ぜておく。

2

バナナはつぶし、豆乳と合わせ、1.と合わせてさっくり混ぜる。

3

フライパンにスプーンで生地を落として、両面こんがり焼く。

4

小さく切ったナッツ、レーズンをのせ、シロップをかけていただきます。

コツ・ポイント

このレシピの生い立ち

このパンケーキ、週末の朝食によく作るのですが、レシピ本だと液体の量がいつも足りないので、自分に合う量に調整しました。
レシピID : 4275842

マクロビオティック*イチゴのパンケーキ

COOKPADさん➡マクロビオティック*イチゴのパンケーキ

レシピID : 3796030さん有難うございます。

玄米甘酒を使って美味しく仕上げていらっしゃいます。果物もイチゴと、日本にある果物。週末のマクロビのおやつに食べると美味しそうです。

マクロビオティック*イチゴのパンケーキ

マクロビオティック*イチゴのパンケーキ
体に優しい素材を使い、甘さ控えめなパンケーキ。毎日たっぷり食べても体に負担になりにくいです。手に入りやすい材料で簡単!
材料 (2人分)
地粉
100g
ベーキングパウダー
小さじ1
自然塩
ひとつまみ
豆乳(無調整)
150cc
玄米甘酒
大さじ5
イチゴ等季節の果物
適量
ミントの葉
適量

1

大きめのボウルに地粉、ベーキングパウダー、自然塩を入れて泡立器で混ぜる。

2

小さめのボウルに豆乳と玄米甘酒大さじ3を入れて泡立器で混ぜる。

3

1に2を入れてゴムベラでさっくり混ぜる。最後は縦に切るようにして、混ぜすぎない。

4

フライパンに菜種油(分量外)を熱して中火にかけ、ぬれ部金の上で少し冷まして3の1/2量を入れる。

5

ひっくり返して両面を焼き、お皿に載せる。1枚に玄米甘酒大さじ1と果物、ミントをあしらう。

コツ・ポイント

*混ぜたらすぐに焼けるようにフライパンをセッティングしておくのがオススメです。
*生地を混ぜすぎない事もポイント。

このレシピの生い立ち

体に優しい材料で幸せ感のあるパンケーキを作りたくて。
レシピID : 3796030

まとめ

いかがでしたか?マクロビはとっても地球と自分の体を考えた術なんですね。

食べ物を陽性と陰性に区分けして人間の陽性の体には陰性のものをとるようにして中庸を心掛けた方が体に良い。

日本人が昔から食べている穀物や白身の魚中心の本来の食生活にする。

地球の環境を考えると穀物を摂って食肉を増やさない方が森林の伐採に繋がらずによい。

などなど。

でも、今の日本の食生活や社会生活では、なかなか完璧にマクロビを実現するのは難しいですよね。それに動物性たんぱく質の中に含まれるビタミンB12なども体には必要です。

ですがその反面、肉食傾向の現代、マクロビの考えと食事のやり方を日常生活にうまく取り入れてみるのも良さそうです。

今日の一言・・・いかがでしたか?ちょっとお肉の食べ過ぎ、精製した粉の摂りすぎと思った時にマクロビを試してみるのも健康的で良いかもです。

「たまには」なんて、こんなことを言いますと、徹底的にマクロビをなさっている方には申し訳ないのですが、現代社会で働く方々には毎日はちょっと厳しいかもです。が、体のコントロールと浄化の為にはマクロビは時間を決めてやってみるのはおすすめですね。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です