マクロビでも使う全粒粉スコーンの作り方

マクロビオティック・・・マクロビでもよく使われる全粒粉。その全粒粉を使ってマクロビ風スコーンも作れないでしょうか。体に優しいマクロビ風スコーンを作って毎日ウィークデーに酷使した身体を週末いたわってあげるのも良いかもです。

スポンサードリンク


全粒粉で作るスコーンは今までも記事に書いてきましたように

・卵なしスコーン

だって

・バターなしスコーン

だって

・牛乳なしスコーン

だってできますから、あとは小麦を丸ごと挽いた全粒粉を使い体に優しいマクロビ風スコーンを作り美味しくそれでいて体に優しい週末を過ごし、ストレスなく毎日を過ごすのも良いですね。

マクロビについてはこちらでも少し触れていますので良かったらお読みください。

全粒粉を使った美味しいマクロビのパンケーキ

・全粒粉で出来たスコーンのザクザク系はこちら

膨らまないとは言わせない・・・基本の全粒粉スコーンの作り方

ザクザク食感がたまらない全粒粉スコーンのレシピ

・全粒粉で出来たスコーンの「しっとり系」に関してはこちらの記事もご覧ください。

全粒粉で作るスコーンをしっとりさせるには?

大人気!全粒粉で作るスコーンのレシピ・・・卵なしも必見!

スタバのスコーン、又、スタバ風アレンジの全粒粉スコーンはこちらです。

スタバのスコーンとスタバ風全粒粉スコーンのレシピ

関連画像

マクロビとは

あまり加工をしない食べ物を、できるだけ自然のままいただく、という考えのマクロビでは粉も小麦を丸ごと挽いた全粒粉が良く使われるようです。

こちらは先ほども紹介しました記事➡全粒粉を使った美味しいマクロビのパンケーキから引用しました。

マクロビオティック・・・マクロビって?・・・おさらい

マクロビオティックはとても深いのでここでは収まり切りませんが、あえて分かりやすいように簡単に書きました。

幸せパンからのお願いですが、やりだしたらきりがないマクロビです。どこまでで「よし」とするかはご自分で決めましょう。

つまり以下を参考にしてあまりストイックになりすぎずに、自分に合った「マクロビ・ライフ」を楽しんでください。

「マクロビオティック図写真フリー」の画像検索結果関連画像

うぅ~ん!図を見ても難しい!

マクロビ(マクロビオティック)とは、穀物や野菜、海藻などを中心とする日本の伝統食を基本として食事を摂ることにより、大自然と心と体の調和をとりながら、食を通して健康な暮らしを実現するという考え方です。

マクロビ、マクロビオティックの言葉の意味

「マクロビオティック」って言葉自体が何語が集まってできたもの?と思う方も少なくないと思います。

マクロ・ビオ・ティック

に区切ると分かりやすいですよね。

・マクロ・・・大きな ⇔ 小さな・・・ミクロ

・ビオ・・・バイオ  biologyから生命

・ティック・・・術、学

「長く思いっきり生きるための理論と方法」というわけで、そのためには「大きな視野で生命を見ること」が必要という事だそうです。

難しいですよね。

マクロビの始まり

マクロビオティックは、桜沢如一氏(1893~1966)が、石塚左玄の「食物養生法」の考え方と、東洋思想のベースとなる中国の「易」の陰陽を組み合わせた、「玄米菜食」という自然に則した食事法を提唱したことからはじまりました。その後1950年以降、久司道夫氏によってマクロビオティックが体系化され、欧米を中心に広まりました。

という事で、日本で提唱された食事法マクロビが実は最初に欧米を中心に広まり、そして日本にはそのあと広まったという、逆輸入的な歴史がマクロビにはあります。1950年代、日本の食生活は質素でしたが次第に欧米化してから日本でも広まったようです。

マクロビの二大原則

マクロビでは、

・身土不二(暮らす土地の旬のものを食べること)

と、

・一物全体(自然の恵を残さず丸ごといただくこと

という2つの原則があります。

身土不二(暮らす土地の旬のものを食べること)・・・人間も植物も生まれた環境と一体している、という意味です。

例えば、熱帯地域でとれるフルーツやサトウキビからとれる砂糖には体内の熱を下げる働きがあり、寒い地域でとれる野菜には体内を温める働き(大根などや大根の種類のてんさいからとれるてんさい糖)があり、四季のある日本では、季節ごとの旬の食材をとることで、からだのバランスがとれるという考え方です。

これは厳しい!最近ではスーパーにも置いてある、パパイヤやマンゴーなど熱帯果樹派ダメなのね!

一物全体(自然の恵を残さず丸ごといただくこと)・・・ひとつのものを丸ごと食べる、という意味です。

一つ一つの食材は、丸ごとでバランスがとれていますから、穀物なら精白していない玄米、野菜なら皮や葉にも栄養があり、全てを摂ることでからだのバランスがとれるという考え方です。

なるほどですから小麦ならば丸ごと挽く全粒粉なわけですね。

マクロビオティックの陰陽バランス

関連画像

マクロビの考え方では、すべてのものに「陰」と「陽」があると考えます。
陰性・・・遠心力・静かなもの・冷たいもの・水分の多いものなど。
陽性・・・求心力・動きのあるもの・熱いもの・水分の少ないものなど。

マクロビではこの陰性と陽性のバランスがとれた状態(中庸)が大切だと言っています。

食材の陰陽バランス

「マクロビオティック図写真フリー」の画像検索結果陰性の食材とは空の上に向かってのびているもの、からだを冷やす作用があります。

夏のキュウリ(陰性)は、ほてった体から熱をとる作用があります。

陽性の食材とは地中に向かってのびているもの、からだを温める作用があます。

冬のゴボウや大根(陽性)は、冷えたからだを温める作用があります。

このように季節ごとに陽性、陰性の食べ物は、からだのバランスをとる手助けをしてくれます。

マクロビでは陰陽どちらにも中庸が大切で、極端にどちらかの食べ物に傾きすぎないほうが良い、としているので、穀物や根菜、豆類などを加工せずにできるだけそのままの状態でバランスのある食べ方をします。

 バランスはマクロビだけでなく大切ですよね!

マクロビの調理法の陰陽・・・調理法にも陰と陽に分けられます。

サラダなど冷たいものや火を通さないものは陰性。それに対してシチューのように、温かいもの、じっくり煮込むものは陽性です。調理法の陰陽は次の表のようになります。

陰性 陽性
火を少なく使用する 火を多く使用する
時間をかけない 時間をかける
圧力をかけない 圧力をかける
油・水を多くする 油・水を少なくする
酢・甘味料・ハーブ等の陰性の調味料を多くする 塩・醤油・味噌等の陽性の調味料を多くする
土鍋・木製の調理器具を用いる 鉄鍋・金属の調理器具を用いる
野菜を小さめに切る(調理する場合) 野菜を大きめに切る(調理する場合)

このようなマクロビの食べ方は自然環境との関わりでもバランスが大切ということに繋がっていきます。

例えば、

・暮らす土地でとれた野菜を積極的につかうと、野菜が新鮮な状態で食べられ、からだに良い。

・大きく考えると、野菜の物流で使用された運搬で排出されるCO2の削減にもつながる。

・捨てていた皮や葉なども食べることは、キッチンからでるごみの減少にもつながる。

といったように

自分の体だけでなく、地球上のサイクルを考えて食生活をしていくと、住んでいる環境も良くなり、結果的に地球上の環境が整えられ、一人一人の生活も良くなるといったところでしょうか。

つまりマクロビとは「自然と調和をとりながら、健康な暮らしを実現する」という考え方です。

こういう言い方をしますとマクロビを真剣に毎日の生活に取り入れている方には申し訳ないのですが、現代社会で生きていく上では完璧にマクロビをやるのは難しいと思います。

ですから先ほども触れましたが、あまりストイックになりすぎずに、自分に合った「マクロビ・ライフ」を楽しんでください。

マクロビで代用する食べ物

マクロビで敬遠されがちな食べ物とその理由

基本的にマクロビで食べるのを禁止されている食材はないのですが、肉や一部の魚、乳製品の動物性タンパク質を摂らない傾向にあります。

食べるのを禁止されている食材はないとはいっても厳格にマクロビの食事療法を活用している人は「肉や魚、乳製品は全く食べない」と言う人も多いです。

理由には3つありその中で一番の理由は以下です。

(その他あと2つの理由はこちらを参照ください。➡全粒粉を使った美味しいマクロビのパンケーキ

一番の理由・・・陽性をもつ食品なので陽性に属す人間ではさらに陽性になりバランスが取れない。

「陰陽」のバランスを大切にその中庸をとるようにするのがマクロビです。

・肉や魚、乳製品などの動物性タンパク質は強い陽性(極陽)

です。という事はもちろん

・人間も陽性に属します。

その為に、

・陰性の植物を食べた方が中庸(バランス)を保ちやすい

ということで、

・動物性タンパク質の摂取が特に避けられています。

マクロビで使う甘味料

精製された砂糖である白砂糖は、極度の陰性(極陰)を持つ食材だそうで「極度の陰性は身体の調和を著しく乱すので、避けた方が良い」と言うのが、マクロビの考え方です。

ではいったいどんな甘味料が良いのか?

・甜菜(てんさい)糖・・・(砂糖大根、ビーツ)から作られる砂糖。

・黒砂糖・・・サトウキビの絞り汁で作られる黒砂糖は、未精製の砂糖の一つです。

・はちみつ

・コメ飴

・甘酒

・メープルシュガー、メープルシロップ

などを使います。

乳製品の代用

脂質・・・バターの代用

種実類をすり潰してペースト状にしたもの

  • ピーナッツバター
  • アーモンドバター
  • ごまペースト
  • タヒニ(中東料理で使われる濃い生練りごま)

植物性油脂を主に使います。

  • グレープシードオイル
  • オリーブオイル
  • サラダ油
  • ウォールナッツオイル
  • ココナッツオイル
  • キャノーラ油
  • なたね油
  • 紅花油
  • えごま油
  • ごま油

タンパク質・・・牛乳の代用

主に

・豆乳

を使います。が、沢山はだめだそうです。なぜなら豆乳は極陰性だからだとか。

そして原産地にも気を付けるよう言われています。以下に記載↓マクロビでは国内産の大豆にするよう促しています。

水分という事なら牛乳の代わりに普通の水も良く使われています。

コレステロールが0で、大豆イソフラボンが女性ホルモンと類似の働きをする、ガンを抑制するとして牛乳を飲まない方や、健康に気を使っている方に人気ですね。

しかし「遺伝子組換大豆は入っていません」と記載があっても、5%以下なら記載義務がないので、アメリカ・カナダ・オーストラリアなどの産地の大豆を使用しているものは避けたほうが良いでしょう。
マクロビですからできるだけ国産の原料のものを選ぶようにします。

マクロビ風全粒粉スコーンのレシピ

人気のマクロビ、全粒粉スコーンレシピ1・・・フレイトレシピ ➡フレイトレシピさん

・・・こちらとっても美味しそうだったので載せました。フレイトさん、有難うございます。レシピも写真が沢山で分かりやすいレシピです。一口サイズの全粒粉入りスコーンなので自分の食べる量と相談しながらいただけます。

これ作って美味しかったら色々アレンジしてマクロビスコーンが楽しめますね。

酢と豆乳が混ざるのでヨーグルト状似なり、これがコクを出すんでしょうね。フレイトさんのレシピはマクロビ風ではなくてマクロビです。お店も出店なさるとか。頑張ってください。

フレイトレシピの活動

フレイトレシピ、最近沢山のイベントに出店させて頂いています。
Jikonka
而今禾オーガニックマーケット
http://www.jikonka.com/event_lesson/
レシピの前にこんな活動をなさっているという事で載せました。
ではフレイトさんの美味しい、マクロビ全粒粉スコーンの作り方の紹介です。↓

マクロビスコーン・・・レーズンとアーモンドのマクロビスコーン

一口サイズで美味しそう!
Imgp8818

イギリスの伝統的なお菓子「スコーン」をバター、牛乳、白砂糖、卵を使わずに作ってみました。
そのままでも食べられるようにレーズンやメープルシロップで甘みを加えています。
優しい甘さがで一口サイズなのでついつい手がでる!
本当に美味しいです
一個づづ小袋に入れておやつに持ち歩いたり、誰かにあげたりするのも良いですね♪

memo材料 小 約20個分

(A)
全粒粉 150g
薄力粉 200g
コーンフラワー 50g
重曹 小さじ1
塩 ひとつまみ
てん菜糖 大さじ1
アーモンド 30g

(B)
菜種油 大さじ6

(C)
メープルシロップ 大さじ2
酢 大さじ2
豆乳 大さじ7

(D)
レーズン 50g

1. 大きめのボールに(A)の材料をすべて入れ泡立て機でよくかき混ぜます。
Imgp8987_2
私は電子はかりの上にボールをのせて粉を順番に入れていきます。
粉だけで400g!
Imgp8990_2
重曹にムラがが出ないようにしっかりと…

2. (B)の菜種油を加え菜箸でそぼろ状になるまで混ぜていきます。
Imgp8991_2
油は普通のサラダ油やコーン油でもOK!
Imgp8992_2
ダマが大きい場合は手で崩しながら均一にleftright

3. (C)の材料をあわせておきます。
Imgp8993_2
酢と豆乳が混ざるのでヨーグルト状になりますが気にしない気にしないcatface
メープルシロップはお好みで増やしてもOKです。

4. (C)と(D)のレーズンを材料に投入!菜箸でざっくり混ぜて行きます。
Imgp8994_2
ざっくり混ざったら手でまとめちゃいましょうgood

5. 台にあげ綿棒でのばし1、2回折り畳んで層を出します。
Imgp8995_2
1センチ強ぐらいの厚さにのばし、ほぼ真四角の成型をめざしてくださいupwardright

6. 最後に豆乳を塗り、包丁で好きな大きさに切って形を作ります。
Imgp8996_2
私はよく四片を落とし、十字に切って四角い形で16等分にしています。
Imgp8997_3
三角やロールにして形を楽しんでも良いですね♪

7. 余熱した220度のオーブンで20分ぐらい焼いたら完成です!
Imgp8816_2
時間は表面に塗った豆乳が良い色になるまで少しずつ調節してみて下さいね

形や中に入れる具もいろいろ楽しんでみて下さい。
Imgp9001_3
ドライフルーツやナッツ系なら何でも合いますよ
Imgp6817_2

スポンサードリンク


人気のマクロビ、全粒粉スコーンレシピ2・・・卵を使わない全粒粉100%スコーン(卵、牛乳なし)

こちらは本当に100%全粒粉の人気のレシピです。そして卵も牛乳も使いません。オーブンがあれば卵なし牛乳なしでもレシピさえ知っておけば美味しいスコーンがお家で簡単に出来ます。

レシピID : 4287831さんありがとうございます。COOKPADさん➡全粒粉100%スコーン

全粒粉100%スコーン

全粒粉100%スコーン
思い立ってからすぐ作れるレシピ。
外はサクサク中はもっちりなスコーン。
材料 (2人分)
全粒粉(グラハム粉でもよい)
150g
ベーキングパウダー
5g
砂糖
20g
オリーブオイル
大さじ2
50~100ml

1

写真

ボールに材料を水以外全部入れる

2

混ぜて馴染ませる

3

写真

水を少しずつ入れる

4

写真

まとまったら適切な大きさに切り分ける

5

写真

180度で15分焼く

コツ・ポイント

最初はなかなか全粒粉がまとまらなくて粉っぽい感じですが、水を少しずつ入れていくことでまとまってきます。・・・ここ大切(幸せパン)

このレシピの生い立ち

なかなか手軽に作れる100%全粒粉のスコーンレシピがなかったため。
レシピID : 4287831

人気のマクロビ、全粒粉スコーンレシピ3・・・↓こちらは甘酒使用です。

砂糖を使わず甘酒でザクザク全粒粉スコーン

お砂糖の代わりに甘酒とはコクのある全粒粉ザクザクスコーンのようです。甘酒が苦手な方も美味しく食べれるようですね。こちら、砂糖、卵、乳製品不使用、もちろんバターも不使用で菜種油で作っていらっしゃいます。健康志向のザクザク全粒粉スコーンです。

このレシピの嬉しいことは全粒粉が沢山の配合で使用されているところです。シンプルな配合ですがザクザクするでしょう。

レシピID : 4204573 さんありがとうございます。➡砂糖 卵 乳製品不使用!甘酒スコーン

砂糖 卵 乳製品不使用!甘酒スコーン

砂糖 卵 乳製品不使用!甘酒スコーン
甘酒の消費に。甘酒のおかげで自然な優しい甘さです。全粒粉がザクザクで癖になります^^
材料 (6個分)
全粒粉
100g
小麦粉
30g
ベーキングパウダー(アルミフリー)
6g
ひとつまみ
菜種油
30g
甘酒
100g

1

ボウルに粉類を全て入れ、手でザッとかきまぜる。

2

粉類のボウルに甘酒・菜種油を入れ、スケッパーなどでザックリ切るように混ぜ、粉っぽさが無くなりだしたらストップ。

3

台に生地を置き、少し伸ばしてはスケッパーで半分に分け、それを重ねてまた少し伸ばして…を4.5回繰り返す。

4

最終的には厚さを3センチくらいにし、型で抜く。

5

トップに薄く甘酒を塗り
190度のオーブンで15分〜
焦げやすいので様子を見ながら。

コツ・ポイント

練らない。混ぜ過ぎない。
甘酒は薄める前のもの(市販品だと濃縮タイプ)を使用しています。
冷めてしまったらトースターで温めて食べてください。
外のザクザク、中のホロホロが復活します。

このレシピの生い立ち

お砂糖を使わず、美味しい甘酒の甘みを味わいたくて。
レシピID : 4204573 

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

4(4人)

17/01/23

写真

あっという間に出来て!娘も喜んで食べました(^^)感謝です。

パンのとも。

ザクザク美味しそう〜!あっと言う間に出来るの嬉しいですよね!

17/01/21

写真

甘酒あまり得意ではないけど、スコーンに入れたら美味しいですね!

うっしーうし子

美味しそう!作ってくださり嬉しいです〜(T . T)

16/12/12

写真

外サク中しっとり♡スコーン苦手な私がまた食べたい衝動に›ᴗ‹!

ashy_gfam

わぁ型抜き可愛い〜^^作っていただけて嬉しいです!また是非*

16/12/09

写真

簡単にもちホロっとできました♡絶対また作ります!

みんみん01さん

作っていただけて嬉しいです*オシャレだし美味しそう〜!!^^

まとめ

いかがでしたか?

毎日マクロビで健康的な生活を取り戻し健康に暮らしている方もいますし、現代社会で暮らしていくには、毎日マクロビでは無理な方もいらっしゃいます。

また、「やっぱり動物性たんぱく質は大好き!」という方がたくさんだと思います。

そんな方は週末だけ自分の時間に無理なくマクロビで体に優しい食材を摂るようにも出来ます。

「マクロビスコーン写真フリー」の画像検索結果

そんな時に全粒粉で作るマクロビ風スコーンのレシピを知っていたら、美味しいし、ストレスなく週末マクロビに活用できますね。

今日の一言・・・マクロビのとっても良い点を食生活に取り入れてストレスなく健康的に毎日を暮らすのが、結局のところ一番の健康な体作りに繋がるのではないでしょうか?

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です