超簡単!フライパンで作る全粒粉のクッキー

クッキーづくりに欠かせないのがオーブンですが、一部のクッキーはフライパンを使っても作れます。では全粒粉クッキーはどうでしょう。とっても美味しく作れます。

スポンサードリンク


オーブンは便利なのですが、天板の整頓、お手入れ、電気代、ガスオーブンならガス代もバカになりません。焼く前に準備が必要であらかじめ余熱をしなければなりません。

フライパンで作るクッキーのことをフライパンクッキーというんだそうです。簡単に出来ますので人気になってきているようです。これで全粒粉を使って全粒粉クッキーを作ったらさらに健康的で良いですよね。

お子様など小さいお子さんとちょびっとおやつクッキーなんていう時にフライパンを使うクッキーの作り方を知っていたら便利ですね。しかも粉は栄養価の高い全粒粉だったらなおの事良いです。

これは幸せパンがフライパンで焼いた全粒粉クッキーラングドシャです。下にレシピを載せていますが、簡単に出来ます。

サクサクの全粒粉クッキーにするには超弱火でじっくり、しっとり感の全粒粉クッキーには弱火でと、焼き方も使い方もオーブンよりも易しいですね。

そして味は本当に美味しく出来ます。早く湿気るのでそこは用心です。

安心して食べれる、大好きなママが作る、手作り全粒粉クッキー。

幼稚園から帰ってくるお子様を待つ間、チャチャッとフライパンでクッキーを焼いておきます。お子様がお腹を減らして帰ってきたら2人で美味しく3時のおやつに食べれますよね。

「フライパンクッキーと子供写真フリー」の画像検索結果 「クッキーと子供写真フリー」の画像検索結果

クッキーにフライパンが良いわけ

フライパンで作るクッキーはオーブンのように予熱をする手間もないので思い立った時にすぐ作れます。

またオーブンで温度設定して焼くのに比べてコンロの火加減を見ながら自分で火の調節をすることができます。ですから失敗しにくく、わりと簡単にクッキーなどお菓子が作れます。

お菓子作りが初心者の方には、嬉しいレシピです。またひとり暮らしの方や単身赴任の男性の方などはなかなかオーブンまで台所に置いている方は少ないと思います。そんな方にもおすすめです。

フライパンでクッキーを作るコツ

普通のオーブンで作るクッキーの生地のようにクッキー生地を作り、型で抜いたり丸めたりして成形します。そしてフライパンできちんと火がとおるまで焼けばOKです。

フライパン返しなどでそっと焼いたクッキーをケーキクーラーなどに移して冷ますとフライパンクッキーの完成です。

フライパンクッキーを作る時のコツは、全粒粉クッキーでも同じですが、あくまで弱火でじっくりと焼くことです。

また、クッキングシートがあればフライパンにクッキングシートをしいて焼きますと、生地がフライパンにくっつくことなく焼けます。

こんな感じ↓

オーブンがなくても作ることができるフライパンクッキーの材料は全粒粉はもちろん、ホットケーキミックスでも大丈夫です。全粒粉の入ったホットケーキミックスもあります。それを使って裏に書いてあるレシピのアレンジ編にクッキーの作り方なども載っています。

さらに全粒粉だけではなくバターの代わりにオリーブオイルやごま油、菜種油などを使えば、ヘルシーに仕上げられます。

フライパンで作るクッキーのレシピ

簡単シンプルなフライパンクッキー

このレシピが一番見やすく、作り方も後片付けも一番簡単なので最初に載せました。ここまで簡単だと時間がない方、台所を汚したくない方、お菓子作りが苦手な方でも楽しく作れます。

このレシピを見て作った人が沢山レポートしてます。みんな美味しそうですね。

薄力粉を全粒粉に変えて作るとフライパン全粒粉クッキーになります。薄力粉60gを全部全粒粉に変えても良いですし30gだけ変えても美味しいと思います。

レシピID : 2085110 さんありがとうございます。COOKPADさん➡フライパンで焼くクッキー♪

フライパンで焼くクッキー♪

フライパンで焼くクッキー♪
簡単♪うまっ♪
思い立ったら3つの材料で作れます☆
材料 (2人分)
薄力粉・・・全粒粉でOK 60g
砂糖 20g
マーガリン 30g

1

写真

材料はこれだけ♪

2

写真

量りの上にビニール袋を乗せ、薄力粉、砂糖を計量しながら入れる。

3

写真

袋に空気を入れ口をねじり、よくふるう。
砂糖が固まりなら、空気を抜き、手で良くつぶす。

4

写真

また量りに乗せ、ふるった粉類の中に、マーガリンを計量しながら入れ、口を閉じよく手でなじませ生地の完成。

5

写真

生地を一口サイズに丸くしてから、掌や指で優しくつぶして、フライパンにのせる。

6

写真

生地が乗ったフライパンを中火にかけ温まったら、弱火~中火の間でじっくり両面焼く。
焼き時間の目安は両面で10分~15分

コツ・ポイント

1個あたりの生地の分量は5~7gでした。
今回砂糖は三温糖を使いました。
マーガリンをバターの風味やカロリーなどに配慮したものを使うと、好きなように作れます。
レシピID : 2085110 

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

16/06/11

写真

子供と一緒に作りました♪美味しかった(^^)

ちびゴン太

レポありがとうございます♪

16/06/02

写真

とっても美味しい♪フライパンの時は絶対このレシピです。ありがとう

takekimi☆

レポありがとうございます♪

16/05/30

写真

材料少なくて簡単にできるのがいいですね★

みとさんの台所

レポありがとうございます♪

16/05/27

写真

形成がうまくできませんでした。とっても美味しかったです♡

♡よりより♡

レポありがとうございます♪

動物クッキーくまさん

これは可愛いですね!少し時間に余裕があったら、ぜひじっくり時間をかけて作ってお友達にもプレゼント出来そうです。こんなにカワイイクッキーがフライパンで出来るんですね。

全粒粉を加える場合の配合や注意する点などは幸せパンが下のレシピに書いています。

関連画像

これを使っているようです。↑

関連画像

色々出来ますね!↑↓

関連画像

レシピID : 3643138さんありがとうございます。COOKPADさん➡くまちゃんクッキー♪

くまちゃんクッキー♪

くまちゃんクッキー♪
思わずかわいい〜♡と叫んじゃう!アーモンドを抱っこしたくまちゃん達。同じに作ったはずなのに、一匹一匹個性が出て面白い♪
材料 (各100枚弱)・・・フライパンで焼くのが多すぎる時は全量を半分にすると良いでしょう。
■ 【プレーン生地】
薄力粉 150g・・・薄力粉100gと全粒粉50gでOK
◯バター(1㎝角に切り冷やしておく) 75g
◯グラニュー糖 75g
◯卵黄 2個
■ 【ココア生地】
薄力粉 135g・・・薄力粉100gと全粒粉35gでOK
純ココアパウダー 15g
■ ◯は共通
■ ーーーーーーーーーーーーー
■ トッピング アーモンド(ロースト) クッキーの枚数分

写真

今回はアムウェイの電磁調理器インダクションレンジを使用します。(もちろんオーブンでも焼けると思います)

1 フードプロセッサーがない場合 (幸せパンより)

バターをクリーム状にして砂糖を3回に分けて加え、その都度、白っぽくなるまですり混ぜる。

卵黄を3回に分けて加えながらその都度混ぜる。

粉を加えて混ぜる。・・・(ここでココア生地の場合はあらかじめ粉類をみんな一緒にしてふるっておきます。)

ここで4のレシピへ

2 フードプロセッサーがある場合

写真

フードプロセッサーに卵黄以外の材料を入れ回す。

3

写真

クリーム状になったら卵黄を加え、ひとかたまりになるまで回す。

4
写真

生地を取り出しラップをして、扱いやすい固さになるまで少し冷蔵庫又は冷凍庫へ。

5

写真

クッキングシートを敷いた台に生地を出し、綿棒で厚さ2〜3㎜位まで伸ばしてくま型で抜く。

6

写真

爪楊枝などで目を作り、アーモンドを抱かせる。

7 IHホットプレートと書いてあります。普通のフライパンやホットプレートでも可能です。

写真

フライパンにクッキングシートを敷いてIRプレート170°Cで片面のみ11〜12分蓋をして焼く(ココア生地は10分程度)

8

写真

焼きあがったら網の上で十分冷ます。ラッピングするとこんな感じ♪

9

写真

なんと!
くま型を上下ひっくり返して使うと、うさちゃんに変身します♡・・・これも面白い

10

写真

いろんなものを抱っこさせてみました♪

こんな色々のマーブルでも出来るのですね!カラフルで小さなお子様も喜びそう! 

コツ・ポイント

◯薄力粉、全粒粉とココアパウダーは合わせて振るっておきましょう。
◯型抜き時、生地が柔らかくて扱いにくい場合は、小分けにして冷蔵庫や冷凍庫から出し入れしながら作ると良いです。
夏場に作るなら冷房のガンガン効いた部屋で!
レシピID : 3643138

紅茶の葉っぱを加えたザクザク感が美味しいフライパン全粒粉クッキー

レシピID : 1327550さんありがとうございます。COOKPADさん➡オーブンなし*紅茶のザクザククッキー*

オーブンなし*紅茶のザクザククッキー*

オーブンなし*紅茶のザクザククッキー*
あまりものの紅茶の葉で、すぐできるクッキーを!アレンジ自由です。計30分ほど。
材料 (3cm丸型12個ほど)
小麦粉
120g
(半分を全粒粉にしてもOK)
ココナッツファイン(あれば)
ふたにぎりほど
紅茶の葉(あまりものなんでも)
大さじ1~2
菜種油またはオリーブオイル
大さじ2
メープルシロップ
大さじ2
ふたつまみ

1

大き目のボウルに、粉類・紅茶の葉・塩をいれ、手でぐるぐると混ぜます。

2

全体が混ざったら、油を加えて、また手でぐるぐるとお米をとぐようにまぜます。

3

10秒くらい、両手を擦り合わせて、粉の大きなかたまりをほぐすようにすりまぜます。
※やりすぎないこと。

4

めん棒で7mmくらいのあつさに伸ばし、お好みの型で抜きます。
あまり分厚くしないほうがいいので、5mm~7mm間で。

5

フッソ加工のフライパンにクッキングシートをひきます。
型抜きした生地を並べ、弱火で蓋をし7分ほど焼きます。

6

外側が硬くなり、焼き色がついたらひっくり返します。手でできますが、慣れるまではフォークが便利です。

7

ひっくり返したら、また蓋をして弱火(さっきより弱め)で7分ほど焼きます。
途中でこげそうなったら、やめます。

8

クッキーの真ん中を指で押して、硬ければ、外側がやわらかそうでも大丈夫。

9

余熱で固まります。火を止めて、そのまま2分ほど置きます。
これで余熱でカリっとします。

10

写真

バター・砂糖不使用なので健康にもいいですヨ♪片付けもラクチン!

11

紅茶の葉は、手間でなければ、ミルで細かくすると量をたくさん入れてOk!風味も増します。

12

メープルシロップのオススメは、シタデール。濃厚なのに、甘さはさっぱり。

コツ・ポイント

アーモンドプードルを加える場合は、小麦をー30にして、+30を加えます。
いらない紅茶の葉でOK。ローズヒップにすると、酸味が加わってあっさり風味になったり、といろいろ楽しめます^^
乾燥させたオレンジやレモンの皮を細かく切り入れても美味しい

このレシピの生い立ち

余った紅茶の葉で・・・
レシピID : 1327550

スポンサードリンク


幸せパンのだれでも作れる美味しいクッキー・・・全粒粉のフライパンラングドシャ

「ラングドシャ写真フリー」の画像検索結果
この形のクッキーは17世紀に現れたようである。 フランス語で「猫の舌」の意味で、猫の舌の形をしていることからそう呼ばれる。 室温で柔らかくして練ったバターと同量の砂糖を合わせ、それに小麦粉、卵白、バニラエッセンスを加えて生地を作り、薄く細長い棒状にオーブンで焼き上げる。
Wikipediaさんより

サクサクの全粒粉クッキーにするには超弱火でじっくり、しっとり感の全粒粉クッキーには弱火でと、焼き方も使い方もオーブンよりも易しいですね。

薄~く猫ちゃんの舌のように普通のフライパンで焼きました。

テフロン加工ではもっと滑らかになります。

材料

・卵Mの卵白 1個分 室温で常温にもどしておく

・全粒粉 30g

・バター 30g 室温でやわらかくしておく

・グラニュー糖 25g~30g(てんさい糖でもよい)

少ない量のようですが、これだけでも沢山出来ますので焼くのに時間がかかりますからこれくらいで十分です。

作り方

バターをボウルに入れて柔らかくなったら砂糖を加え白っぽくなるまですり混ぜる。

溶いた白身を出来れば3回に分けて加え、その都度よくすり混ぜる。

全粒粉をふるいながら加えてゴムベラなどで均一に混ぜる。

ビニール袋の角を2~3mm切ったものに生地を入れる。

弱火で熱したフライパンに絞り入れる。

スプーンなどで平たくして焼いた後、周りが焼け始めたらフライパン返しでひっくり返す。

裏側もこんがり焼いて焼き上がり。

作った全粒粉クッキーはその都度ケーキクーラーか金網のような風通しのよいものに置いて粗熱をとる。

サクサクしてきたら器に盛る。

鉄分補給なら Fe 鉄 のフライパンでこんな感じ↑

テフロン加工(フッ素樹脂加工)のフライパンで作るとこんな感じ↑

とこんな感じです。

まとめ

いかがでしたか?フライパンでクッキーが作れる。それも粉を全粒粉に変えると健康に良い全粒粉クッキーが出来ちゃいます。それも簡単にです。

味がとっても良くて時間短縮、洗い物もあまりないので台所に立つ人は非常に助かります。おやつに最適、経済的で全粒粉ですからヘルシーですね。

是非一度作ってみてください。簡単で美味しいのにビックリします。「オーブンさん、さようなら~!」なんて聞こえてきそうです。

今日の一言・・・全粒粉を使ってフライパンで美味しいクッキーが出来たら、おやつやティータイムにピッタリです。

もう一つフライパンで作る良いところは、オーブンみたいに沢山作れない事。だから作りすぎが防げて食べすぎも防げます。

余分な生地は冷凍して、少しずつ焼くとなおさら手間が省けます。

時間があったらお家で全粒粉のフライパンクッキー一度作ってみてくださいね。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です