健康的な食事と朝昼晩三食なわけ

一日の食事を朝昼晩みんな健康的な食事にするにはどうすれば良いのかを考える時、先ず頭に浮かぶのは一日三食を自分はどんな食事をしているのかという事です。朝昼晩、三食しっかり食べるという方もいれば朝を抜いたり二食に減らしているという方もいると思います。

スポンサードリンク


食べ物は体を作り、そして生きていくためのエネルギーとなります。

ですが「食事」となるとそれだけではなく、食材を作ってくれた人やお料理してくれた人にも感謝しながらみんなで味わって朝昼晩、三食を美味しく楽しくいただくという身体だけではなく心の糧となる大切な事ですよね。

ところが現代人は時間に追われていると言っても過言ではありません。朝食を抜いたりファーストフードで済ませたりとついついやりがちです。

しっかり栄養価の高いものを健康的な食事として朝昼晩三食に分けて美味しく味わって食べる日々の余裕と言うものも必要かと思われます。

その反面色々な考えがあり、そんなに朝も昼も晩もと三食も食べなくても良い、飽食の時代、二食の方がかえって健康的だというプチ断食みたいな考え方もあります。

人それぞれ、その人の健康に合った食事の内容と食べ方をするのが一番良いのでしょうが、ではいったい朝昼晩、三食にするのはなぜ?と言う疑問も湧いてきます。

食事の内容と栄養は次回にまた、と言う事で、今回は人間は、朝昼晩、1日三食摂るようになったのはいつから?またその理由などについて書いていきます。

関連画像

いつから三食になったの?

朝食、昼食、夕食となぜ三食食べるのでしょうか?

そう聞かれてみますと「昔からそうだから?」とか「なんとなく?小さい時から」とか「朝から食べると元気でいられるから」「三食食べないとお腹が空くから」など色々な考えが浮かんできます。

これと言った確かな理由と言われると三食摂る理由はなかなか言えません。三食食べる利点が分かれば忙しい方でも朝食をなるべく摂るようになりますよね。

実はなぜ三食になったか、いくつか説はありますが明確にはっきりといえる理由はどれかわかりません。

日本は江戸時代前期までは1日二食の生活スタイルだった。

関連画像

江戸時代前期まで一般的な庶民の日本人は一日朝夕二食でも有難いという生活をしていたようです。

江戸時代前期に著された井原西鶴の「浮世草子」の色々な作品やその他の史料には、1日朝夕二食のことがよく記されています。そのころの言葉で単に「朝夕」といえば、それが食事のことを意味していたようです。

江戸時代後期、それ以降に朝昼晩と1日三食の文化が浸透していった。

庶民の間で1日三食をとるという習慣が普通になったのは、江戸時代後期になってからだそうです。

当時の江戸幕府は全国から大工さんや色々な職人さんを江戸に集めて朝から夕方まで一日中仕事をさせていました。

関連画像

朝食と夕食だけでは重労働ですから働く人たちの体力がもたなくなります。それで昼にも食事を提供するようになり、これが徐々に一般庶民にも広まっていったと言われています。

興味深い資料で古いのですが、討ち入り後の赤穂浪士が、各お預け先の大名屋敷での待遇の食事メニューです。

「江戸時代の食事写真フリー」の画像検索結果

参考:長府藩毛利家のメニューは・・・

朝夕 二汁五菜
・昼 菓子一度出る
・煎茶挽茶 望次第
夜食 一汁三菜

最初の「朝夕」に加えて「夜食」と記されていますね。つまり朝昼晩食事をとっていることになります。

このようにして庶民もお侍さんも「朝夕」に「夜食」が加えられたのが1日三食の原型みたいです。それがやがて朝・昼・晩という、現代まで続く朝昼晩、三食の食慣習へと発展していきます。

明らかに三食が良いとされるのは灯りも関係

一般庶民にも照明器具が発達して「あんどん」や「ちょうちん」などの明かりが発達しました。明かりがつくと、夜は長く起きていられます。それから電気の普及とだんだん起きている時間が長くなったのも二食では足りない、そこで1日朝昼晩、三食になった理由の一つと考えられます。

関連画像

エジソンの発明の影響?

電球を握ってる写真・・発明王、エジソンさん気合が入ってますよね!↓この人に感謝しなければ。

関連画像 「エジソントースター写真フリー」の画像検索結果

発明家で有名なエジソンが、1日三食を強く勧めていた事は有名ですよね。これが大きく影響して1日朝昼晩、三食が次第に定着したとされています。

つまりその根底には、エジソンが発電から送電まで事業化した事が主になるのですが、同時期にエジソンがパンを焼くトースターの発明をした事がきっかけにもなったようです。

エジソンはトースターを売る為と、電気の需要を高める為に、「1日朝昼晩、三食」を宣伝したとされています。

スゴイですよね。エジソンは発明家であるとともに自分の発明品のアピールにも力を入れていたんですね。実業家でもあったわけです。

実際にはエジソンだけの功績ではないのですが、人々の暮らしが豊かになってきたというのが1日三食朝昼晩食べるという文化も必要に応じて自然に受け入れられ、今に至るのだと思われます。

日本を代表する佐伯矩(ただす)博士

日本で学術的に一日三食を最初に推奨した人は佐伯矩(ただす)博士という人です。

佐伯 矩(さいき ただす、1886年9月1日 – 1959年11月29日)は、日本の医学博士で、栄養学の創始者、栄養学の父である。医学から栄養学を独立させ、栄養研究所、栄養士制度を発展させた。

Wikipediaさんより

佐伯矩博士はなんと日本に”世界初の栄養学校”を創設された方です。世界初の栄養学校は、実は日本だったのですね。

佐伯矩博士は「人も国も食の上に立つ」という考えのもとに、さまざまな栄養学の研究をします。

その中で、博士は「一体日本人は一日にどれだけのエネルギーを必要とするのか」という研究もやりました。

その研究の結果、「日本人の成人男性は平均して一日2500〜2700kcalのエネルギーが必要だ」という結論を導きだしました。

「これだけのカロリーを二食だけで補うことは難しい」という考えから、一日朝昼晩、三食を提唱するようになりました。

さらに佐伯矩博士は動物実験で

「一食で同じ栄養素を偏って摂取する(たとえば朝は炭水化物のみ、昼にタンパク質のみ、夜に脂質のみというように)より、それぞれの栄養素を1/3ずつ混ぜて朝と昼と晩三食でバランスよくとった方がラットの寿命が伸び、成長する」

ということを発見します。

これらの研究結果から「1日三食朝昼晩に分けてバランスよく食べましょう」という今では常識として誰もが知っている考え方、健康的な食事が定着しました。

スポンサードリンク


健康的な食事はやはり朝昼晩、三食の方が良い?

日本人の食事の現状

「現代人写真フリー」の画像検索結果

働く多くの人にとっては朝は起床してからとにかく忙しい時間帯です。時間ぎりぎりまで寝ていて起きると直ぐ顔を洗い、歯を磨き、ママならそれに家族のお世話までして自分も身支度をして・・・と、やることは多いですよね。

健康的な食事は大切とは分かっていても、そんな慌ただしい時間に「ゆっくり朝食をとるなんてとても無理だわ」という人も沢山いらっしゃるでしょう。

厚生労働省「平成21年 国民健康・栄養調査」によりますと

特に若い世代の男性にその傾向は多く、朝食をほとんど食べていない日本人男性は20歳代で21.0%、30歳代で21.4%と、2割を超えているそうです。

女性の方は、20代で14.3%、30代で10.6%と低めですが、それでも朝食をとらない人は増えているようです。

健康的な食事のとり方として「朝食はとらなくてもよい」とか、さらには「朝食はとるべきではない」と言っていらっしゃる専門家たちのお話も沢山あります。

「朝食抜き」の健康法を説く本や「プチ断食」などの本は沢山出版され続けています。更には「朝食抜きダイエット」などの本も書店で見かけます。

健康的な食事で朝食抜きは?

1日2食で朝抜きの方がいらっしゃいますが本当のところ、朝食は体にどのような影響を与えるのでしょうか。

朝食をとることは体にとって良いことなのでしょうか、それとも、とらなくてもかまわないものなのか、または摂らない方が1日の食事のとり方として健康的な食事になるのでしょうか。

「時間栄養学」の観点から考えると・・・。

柴田重信氏。早稲田大学理工学術院先進理工学部電気・情報生命工学科薬理学研究室教授。薬学博士。九州大学薬学部助手、助教授、早稲田大学人間科学部助教授、教授を経て、2003年より現職。専門の「時間生物学」を背景としながら、近年、研究が進んでいる「時間栄養学」を牽引している。

「私たちの体を支配する時計とはどこにあるのでしょうか?」と言う問いかけに

柴田教授は

「体の中にあるのです。中心となる時計遺伝子が15種類ほど見つかっており、時計の部品として働いています。そして“標準時計”が脳の中にあり、その標準時計に合わせた“家庭時計”のようなものが、それぞれ肝臓、腎臓、肺、心臓などのほとんどすべての臓器にあります。これらの“家庭時計”が、朝昼晩などの時間による遺伝子の発現や体の働きかたの変化を支配しているわけです。」

とおっしゃっています。

時間栄養学とは、時間を軸に展開される栄養素の消化、吸収、代謝、排泄などを研究する学問のことです。

薬の効き目が飲む時間によって変わってくるのと同じように、食べものが体へ及ぼす影響も時間によって変わってくるという考え方です。ここ数年で研究が進んでいる先端分野だそうです。

いろいろなものを食べて、吸収して、体内で別のものが作られるといった過程のかなりの部分に体内時計が関わっていることが分かっています。

例えば、コレステロールが高い人でお薬を服用している人は夕方にコレステロールのお薬を飲みます。それはコレステロールが夕方に体内でとてもよく合成されるからです。

炭水化物もまた、昼間に体の中で効率よく取り入れられるようになっています。活動をしている昼間に取り入れた方が生きる上で効率が良いからです。

体内時計に支配されるものには遺伝子も含まれますから、当然その中にはエネルギー代謝に関わる遺伝子なども含まれています。ですから「いつ食事をとるか」も大変重要になってきます。

地球には、地球誕生の初めっから太陽の光による明暗がありました。そしてその明暗にうまく適応した生物しか生き残ってこれませんでした。

「地球と太陽写真フリー」の画像検索結果

例えば人間でも、遺伝子の突然変異で体の時計が完全に止まったような者が生まれたとしても適応性がないのでそれらのものは淘汰されます。

関連画像

つまり私たちは地球の環境に適応していて昼に動いて夜に寝る方が、遺伝子的にも体内時計的にも楽で健康でいられるということです。

教授によると朝食によって、体内時計をリセットすることができることが分かってきました。

体が「さあスタートするぞ」といった状態になるとイメージしてもらえばいいそうです。

朝食を英語で言いますと「ブレックファスト」(Breakfast)です。つまり「断食→A fast 破る→Break」断食を破る・・つまり本来、朝食と言うのは、長いこと食べなかったあとで食べることです。

夕方に夕食をとってから翌朝に朝食をとったとすれば、食事を半日とらないことになりますよね。

半日ちかくも長い間隔を空けて食べると、短い間隔しか空けないで食べたときよりも、体内時計がリセットされやすくなることが分かってきたのです。

間隔を長く空けてから食事をとると、インスリンの量が多くなり、インスリンから来たシグナルが体内時計のスイッチをカチャッと押すようになります。

ですから1日のスタートを切る朝食を食べますと食べたものが身体の1日のエネルギーになるだけでなく「みんな起きろ~!」と体内時計のスイッチも入ります。

関連画像

つまり朝食をとることは1日の活動が手足を動かすだけでなく細胞から各臓器の隅々までスイッチが入りスムーズに働くという事になるんですね。

これは健康的な食事として朝食をとるのは大切な事のようです。

まとめ

いかがでしたか?

昔は二食の時代の方が長かったのですね。朝昼晩、三食になったのは長い歴史からしますとつい最近の事のようです。

健康的な食事の摂り方には人それぞれのやり方があります。又健康的な食事の回数も内容も人それぞれの食材でしょう。

1日しっかり朝昼晩三食の方もいれば1日朝を抜く方、寝る前の夕食を抜く方とそれぞれです。ですが、体の体内時計の事などを考えると1日のスタートをスムーズにスタートさせるにはどうも朝食をとった方が健康的な食事のとり方になるようです。

これを機会にもう一度自分の「健康的な食事のとり方」を考えても良いですね。

今日の一言・・・1日二回しか食事がなかった時代でなくて今、三食が普通の時代に私たちは生まれたことでも本当に有難い感謝しないといけない事なのかもしれません。

この地球上には今の時代でも1日一食も食べれない方もいるのです。食を大切に感謝しましょうね。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です