モロゾフの抹茶プリン、そしてその気になるカロリーは?

皆さん、モロゾフと言ったら何を思い浮かべますか?モロゾフのチョコレートが最初に頭に浮かんできます。でもちょっと待ってください。モロゾフのプリンも半世紀にわたって愛されているんです。抹茶プリンも美味しい!そのカロリーは?見ていきましょう。

スポンサードリンク


モロゾフと言えばチョコレートの美味しい会社と言うイメージがあります。モロゾフは、1931創業の神戸の洋菓子メーカーです。

モロゾフのチョコレートをもらったらとっても幸せな気分で毎日食べるのが楽しみになります。モロゾフっていうとチョコレートの商品が頭の中に浮かんでくる方は多いと思います。

モロゾフのお店に立ち寄りますとプリンやゼリーの他にもケーキ、クッキー、焼き菓子、フローズンスイーツと沢山の種類が販売してあります。

モロゾフはチョコレートだけじゃ無くプリンもゼリーも美味しいのです。他のお菓子に比べ、プリンやゼリーは比較的カロリーも低く贈ると喜ばれます。

モロゾフのゼリーやプリンを贈ったり、いただいたりしたこともあると思います。モロゾフのプリンセレクション・・・その中に抹茶プリンはありませんでしたか?

「モロゾフプリンセレクション写真フリー」の画像検索結果

モロゾフのカスタードプリン、今年で55周年。では抹茶プリンは?

モロゾフのカスタードプリンが誕生して今年で55年だそうです。その企画の第2弾が今からあります。

casejyoupop_55th_cp2_sugar_n_価格パターン_ol.jpg

このほかにも「カスタードプリン」「カスタードプリンリッチ」「チョコレートリッチプリン」「あまおういちごプリン」「とろ生カスタードプリン」などがあります。

こだわり和糖のカスタードプリン販売が2017年4月17日(月)~5月31日(水)だそうです。では抹茶プリンはどうでしょうか。

進化するモロゾフの抹茶プリン

今回はプリンセレクションの方ではなくて期間限定でモロゾフのお店で買える抹茶プリンについて調べてみました。

期間限定で出されるモロゾフの抹茶プリン、どんどん進化していくのですね。

モロゾフ抹茶プリン・・・「宇治抹茶プリン」

2014年くらいにはこちらの抹茶プリンがモロゾフでありました。

宇治抹茶プリン 宇治抹茶プリン-2

これも美味しそうですよね。こちら濃厚な味わいだそうで北海道産小豆ソースを敷いて宇治抹茶を使用した抹茶プリンです。

カロリーは238kcal

生クリーム使用で濃厚なコクがありますが、甘さは控えめですから宇治抹茶の良さを殺さずバランスのとれたモロゾフの抹茶プリンのようです。

寒天で固めていますが寒天を使っているのを感じさせません。そしてソースは小豆ソースで甘いのですが、プリン自体が甘さ控えめでこちらもバランスが取れた味わいになります。

この甘さでこのカロリーなら、ダイエット時でも時々ご褒美にいただける抹茶プリンです。

期間限定でこのモロゾフの抹茶プリン、今はもうないのが残念です。

モロゾフ抹茶プリン・・・「京都宇治玉露のプリン」

2016年11月1日(火)~2017年1月12日(木)期間限定抹茶プリン

つい最近までありました。玉露を使ったプリンです。

蓋を開けてみますと美味しそうですよね。

%e3%83%a2%e3%83%ad%e3%82%be%e3%83%95%e3%80%80%e3%83%97%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%80%80%e4%ba%ac%e9%83%bd%e5%ae%87%e6%b2%bb%e6%8a%b9%e8%8c%b6

ふくよかな香りとまろやかな旨みを持つ京都産「宇治玉露」のプリンに、阿波和三盆を使ったやわらかな甘さのクリームを合わせました。お皿に移さずそのままお召し上がりください。

販売期間:
11月1日(火)〜2017年1月12日(木)

お茶のなかでは、最高級と呼ばれる京都産の宇治玉露を使用しています。砂糖は阿波和三盆(あわわさんぼんとう)を使い、やわらかな甘さのクリームを合わせています。

徳島県で作られた和三盆を阿波和三盆といいます。

この砂糖、竹糖(ちくとう)という種類のサトウキビを原料に作られる和三盆は、粒子が細かく、まろやかでくどくない上品な甘さが特長の砂糖です。作るのにとても手間がかかる高級な材料です。

干菓子の「落雁(らくがん)」にも和三盆が使われています。

re_170106_305

上には、ちょこっと金箔がのっていて、高級感が溢れています。

このモロゾフの抹茶プリン、2層に分かれていて、上の方の阿波和三盆を使った柔らかな甘さのクリームが、下の玉露プリンのほどよい渋みと苦みにマッチして美味しく食感もなめらかです。

お皿に移さずにスプーンなどですくって食べます。

これも期間限定、今では無くなっちゃいました。

モロゾフ抹茶プリン・・・「石臼挽き抹茶のプリン(京都宇治抹茶使用)」

これがモロゾフで今、手に入る抹茶プリンです。

石臼挽き抹茶のプリン (京都宇治抹茶使用)
販売期間 2017年1月13日(金)~

豊かな香りとほろ苦さが「お濃茶」のような味わい深い抹茶プリンのようです。

石臼でなめらかに挽かれた宇治抹茶を使用することで豊かな香りとほろ苦さを堪能できる、まるでお濃茶のような味わいのプリンに仕立てました。生クリームゼリーと合わせてさらに口どけよく。贅沢なひとときをお楽しみください。

「モロゾフプリン抹茶写真フリー」の画像検索結果

という事なのですが、前回の玉露とは違い、石臼でなめらかに挽かれた宇治抹茶を使用しています。おこい茶のように濃厚な味わいのようですね。

内容量/サイズ
145g
税込価格
324円(本体価格 300円)
販売期間
2017年1月13日(金)~

という事でいつまで販売されるのか、食べてみたい抹茶プリンですね。ただし以下のように書いてあり、カロリーが分かりません。

※地域、店舗及び曜日により、お取り扱いしていない場合がございます。
また、発売日も地域、店舗により異なるとともに、都合により予告なく商品内容を変更する場合もございます。

スポンサードリンク


モロゾフのプリン容器へのこだわり

モロゾフプリンのガラス容器のコンセプトは

・「蒸しながら焼き上げる工程にも耐えられる素材」
・「カラメルソースの浮きを押さえる設計」
・「確かな価値を感じてもらえるフォルム」

です。50年余りのモロゾフのプリンの歴史と共にモロゾフのこだわりが形になった容器です。食べ終わった後は捨ててしまうのはもったいないので、色々な容器の使い道があります。

手作りスイーツの容器として活用したり、観葉植物を入れてお部屋で楽しんだり、小さなお花を飾ったり、小さなコップとして使ったりと捨てるのはもったいないというほど使い道があります。

ところがモロゾフさんの方では以下のようにお断りがあり、資源ごみとして出すように勧めています。

プリン容器について

なぜカスタードプリンのガラス容器は再利用できないのですか?

モロゾフが使用しているカスタードプリンのガラス容器は工場での加熱や、流通段階(工場から店頭までの配送)での衝撃、またお客様がお持ち帰りになる際のショックなどに耐え得るよう、通常のガラス容器より厚みのある丈夫な設計がされています。
しかし、ガラス容器は一般に加熱に弱く、割れやすいという特徴があります。また、商品の輸送時などにガラス容器同士が触れ合い容器の表面にできる、目には見えない程度の微細な傷(クラック)により、加熱に対して弱くなる場合があります。
ガラス容器の破損によって、お客様がけがをされたり内容物でやけどを負われることのないよう、ガラス容器の再利用はお控えください。何卒、ご理解をお願い申し上げます。

モロゾフのプリンのガラス容器がたくさんたまっています。捨てるのはもったいないような気がするのですが。

召しあがったあとのガラス容器はよく洗って資源ゴミとしてお出しくださるようにお願いします。

ガラス容器はお住まいの地域のルールに従い、資源ゴミとしてお出しいただくと無駄にならず、有効に再利用されます。リサイクル法の施行以来、モロゾフは資源ゴミ回収にかかる費用への資金拠出を通じてプリンのガラス容器の省資源化に協力しています。お客様が資源ゴミとして出されたガラス容器は選別工場へ搬入され、入念な選別の後、細かく砕かれ「カレット」といわれる細片としてガラス製造時に原料として使用されています。モロゾフのプリン容器の場合、このようにリサイクルされたガラス原料を多く利用して作られています。ガラス容器のリサイクルはガラス製造時の原料や消費電力の低減を通じて省資源・環境保護に役立っています。

気になる抹茶プリンのカロリー

プリンのカロリーはだいたい100gで126キロカロリーで、ケーキに比べると比較的カロリーは低い方でしょう。ところが生クリームがのっているものだと1商品で200キロカロリー近くになることもあります。

モロゾフの宇治抹茶プリンのカロリーは238kcalです。

注:カロリー表示はどう決まっているのでしょうか。

一例として、日清食品の回答では「カロリー表示は法的には義務づけられていませんが、日清ではエネルギー表示を全部しております」

という事で、モロゾフのプリンのカップにも最近のプリンではカロリーの記載はされていないようです。

一見、プリンは生クリームがのっていない方がカロリーが低いのでダイエットには適しているように思われます。

その方にもよりますが、あまりにもシンプルで脂肪分の少ない抹茶プリンを一個カロリーが低いからと食べてもすぐお腹が空いてまた何か食べたくなります。

それよりも、豪華にクリームののっているカロリー的には少々高めの抹茶プリンを頂いた方が食べた感があり、次の食事まで何もカロリーを摂らなくても大丈夫だという方の方が多いみたいです。

それを考えますと、今回新発売のモロゾフの抹茶プリン、「石臼挽き抹茶のプリン(京都宇治抹茶使用)」は「おこい茶」風にプリンも濃厚、2層に分かれた上にはカロリーも十分あるクリームがのっています。

十分に満足度もあり、この抹茶プリン一個でカロリー的には大丈夫、他には間食もしなくてもよく、さらに言えばショートケーキよりもカロリーは低いはず。

ですから考えようによってはモロゾフの今回の抹茶プリン、ダイエット時にも安心していただけるスイーツとも言えます。

まとめ

いかがでしたか?モロゾフの抹茶プリンはどんどん新製品が出ています。ファンの方は期間限定のモロゾフ抹茶プリンを食べ比べて楽しんでいらっしゃる方もいるようです。

カロリー的にモロゾフのプリンはカロリーは高いような気もしますが、お抹茶の濃厚さとクリームで「一日の間食はモロゾフの抹茶プリンこれだけ」と決めて食べればかえって沢山甘いものを摂るよりもカロリーの摂りすぎにはならずにいいかもしれません。

抹茶には鎮静効果やリラックス効果も期待できます。カロリーだけでなく抹茶に含まれた体に良い成分の事を考えるとモロゾフの高級プリンもダイエットの敵ではなく味方となりうるスイーツですよね。

今日の一言・・・モロゾフに行って美味しい抹茶プリンを買いたくなってきます。

 スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です