ウイスキーを使った美味しいフルーツケーキとそのレシピ

ドライフルーツケーキをたっぷり使ったフルーツケーキはラム酒かブランデーを漬けたり塗ったりして作りますが、ウイスキーで作られるフルーツケーキも美味しいんです。棚に残った誰も飲まないウイスキーがあれば捨てないでフルーツケーキを作ってみてはいかがですか?

スポンサードリンク


そもそも・・・お酒通でないとブランデーやラム酒、ウイスキーの違いもあんまりきちんと説明するのが難しいですよね。

 

ウイスキーでフルーツケーキを作る前に・・・ブランデーとラム酒、ウイスキーの違いって?

濃いお酒ってイメージのブランデー、ラム酒、ウイスキーですが、どれも蒸留酒です。(酒、ワインなどは醸造酒)

蒸留酒って?

Wikipediaさんから↓

蒸留酒(じょうりゅうしゅ)とは、醸造酒蒸留して作ったである。スピリッツspirit)とも呼ばれる。

基本的にはアルコール度数が高いものの、蒸留後に加水した場合でも蒸留酒とされるので、アルコール度数を大きく落とすことも可能である。世界各地に、地域に応じた様々な蒸留酒が存在する。

という事でやはり濃いアルコール度数のお酒なんです。

では何から出来ているのでしょう???

ブランデーとコニャック

「ブランデー写真フリー」の画像検索結果

・原料・・・白ぶどう を始めとする果実

「白ブドウ写真フリー」の画像検索結果

 ブランデーの原料は、ワインと同じく白ぶどうなどの果実で作ります。

ほとんどが、ぶどうが原料、中には、りんごを原料として出来たものを「アップルブランデー」と呼んだりします。

蒸留したあと、樽で熟成するところはウイスキーと同じです。ですからブランデーもウイスキーのような琥珀色に仕上がります。

余談ですが

サントリーさんの場合・・・

ブランデーには熟成の長さに応じて、
(短い)VS→VSO→VSOP→XO(長い)
と表記されています。

関連画像

こちらは熟成期間の長い最高級品の一つです。

フランスのコニャック地方は、ブランデーの主産地です。数多くの有名なブランデー銘柄を算出しています。「コニャック、コニャック」って耳にしますねぇ。

コニャックとアルマニャックのランク付け・・・

スリースター → VO → VSOP → ナポレオン → XO

厳密にこれらのランクはコニャックとアルマニャックにのみ当てはまります。

簡単に言うと

・コニャックはフランスのコニャック地方で作られたブランデー

・アルマニャックはフランスのアルマニャック地方で作られたブランデー

です。

なので、実は国産のブランデー(サントリーXOなど)はこの基準からは外れます。

難しいですよね!

 「レミーマルタン XO エクセレンス写真フリー」の画像検索結果

レミーマルタン XO エクセレンス

コニャック地方のコニャック代表というより、ブランデーを代表する銘柄が、「レミーマルタン」です。これはその中でもXO(熟成期間が長い)の最高級品です

なんだかお家の棚に1本大事にありそうですよね。高級なお酒を知らないでフルーツケーキ作りに使ったらパパから怒られそうです。
甘党の方も知っておかないといけませんね。

ラム酒

「ラム酒とサトウキビ写真フリー」の画像検索結果

・原料・・・サトウキビ

「サトウキビ写真フリー」の画像検索結果

ラムに甘さが感じられるのも納得しますね。ラム酒は、サトウキビからできていたんですね。キューバが主なラム酒の産地みたいですが、沖縄にもラム酒ケーキがあります。

「ラム酒とサトウキビ写真フリー」の画像検索結果

ウイスキー

「ウイスキー写真フリー」の画像検索結果

さぁ、やっとウイスキーです。

・原料・・・(ビールなど多くの他の酒類と同様)大麦、ライ麦、とうもろこし などの穀物

大麦がメインで大麦のみを原料に使用したウイスキーを「モルトウイスキー」と呼びます。

バーボンウイスキー

「バーボンウイスキー写真フリー」の画像検索結果

バーボンウイスキーは特にアメリカ合衆国で製造されたものを指します。規則により、原料のとうもろこしを51%以上使用することなどの条件があり、それを満たしたものしか「バーボン」と名乗れません。

スコッチウイスキー

「スコッチウイスキー写真フリー」の画像検索結果

スコッチウイスキーは、ウイスキーの中でも特にイギリス北部のスコットランドで製造されたものを指しますが、規則により、3年以上の期間熟成するものなどの条件があります。

それに当てはまるもののみが、「スコッチ」ウイスキーと呼ばれます。

テキーラ

関連画像

・原料・・・テキラリュウゼツラン

「テキーラ写真フリー」の画像検索結果

原料がリュウゼツラン(竜舌蘭)という植物である点がテキーラの特徴です。

規則によりメキシコのハリスコ州で製造されたものであること、などの条件も「テキーラ」と名乗るために課されています。

ウォッカ

「ウォッカ写真フリー」の画像検索結果

・原料・・・じゃがいも、ライ麦、大麦 などの穀物

「じゃがいも、ライ麦、大麦写真フリー」の画像検索結果

「ジャガイモ写真フリー」の画像検索結果

ウイスキーなどと同じく穀物が原料です。が、製造方法が少し違っていて蒸留したあと、白樺の炭などで濾過するそうです。白樺のほかにも、アカシアなども濾過に使われることがあるようです。独特な、まろやかな味わいがこれらの作業で生まれます。

他にもまだまだ蒸留酒には種類がありますが、今回はウイスキーでフルーツケーキを作るお話です。このくらいにしておきますね。

ウイスキーを使って作った市販のフルーツケーキ

ではどんなウイスキーで作るフルーツケーキがあるのでしょうか。見ていきましょう。

ウォーカー #393 グレンフィディックウィスキーケーキ 400g➡アマゾンプライムさん

「ウォーカー #393 グレンフィディックウイスキーケーキ 400g」の画像検索結果

 

ウォーカー・・・こちらちゃんとウイスキーケーキと書いてあります。有名なスコットランドの会社ですね。↓

ウォーカーはスコットランドの伝統的なお菓子であるショートブレッドを作り続けているメーカー。
スコットランドの小さな村スペイサイドでジョセフ・ウォーカーが世界最高のショートブレッドを目指し、1898年にベーカリーを開業したところから始まりました。
小麦粉、バター、砂糖、食塩など良質な原料にこだわり添加物を一切加えないジョセフのレシピは、100年以上経った現在でも忠実に守られています。
その品質の高さからクイーンズアワード、モンド・セレクション金賞、ハイランド経済賞など数々の栄誉に輝き、現在では世界60カ国以上で愛されています。

無添加が良いですよね。

このウイスキーケーキの評判がとっても良いのはやはりこだわりがあるからでしょう。

クリスマスケーキとして購入する方が多いようです。クリスマスの朝に切り分けて、アイスクリームを添えて食べたりすると美味しそうです。

このケーキ、12年もののスコティッシュ、グレンフィディックスシングルモルトウイスキーがつかわれています。

パッケージを開けると、スコッチウイスキーやシナモン、ナッツやフルーツの香ばしい香りがします。すべてが濃厚でフルーツもぎっしり入っています。

このケーキが少し強烈すぎる方にはこちらもあります。↓

Walkers(ウォーカー) リッチフルーツケーキ

DSC08259.JPG

こちらもイギリスのフルーツケーキとしては最高の部類に入る程の美味しさです。アルコール分も程々で焼いてあるので子供でもおいしく食べられます。

よりアルコール度の高いフルーツケーキを食べるならドランビュイフルーツケーキ#3012でウイスキーやリカーの芳醇なかおりを楽しんだ方が良いという事です。

こちらの方が軽い感じのウイスキーケーキですね。

スポンサードリンク


日本で作られるウイスキーを使ったダンディケーキ

楽天さん➡ダンディケーキ

パティシエ 和田晃一郎

パティシエの和田晃一郎です。私達は「お客様に来て頂くのではなくお届けしたい」という想いから、ネットショップ専門の「店舗をもたないスイーツ店」を開業致しました。世界各国での経験を生かし、色々なジャンルのスイーツをお届けしたいと思っています。

<受賞歴>
・2007年 ジャパン・ケーキショー東京プティ・ガトー部門 金賞
・2008年 第2回グラス(氷菓)を使ったアシェットデセール・コンテスト 入賞

こちら面白いウイスキーを使ったフルーツケーキのお取り寄せを見つけました。

オリジナルなダンディケーキです。・・・スコットランドのダンディー地方のフルーツケーキ、一応こちらのダンディケーキはウイスキーを使ってありましたので紹介します。

そしてここが面白いのですが、以下です。↓

ブランデーではなく、スコッチウイスキーを使って、湘南ゴールドと言うミカンの砂糖漬けでフルーツケーキにしているんですね。形もパウンド型。でもパンチが効いてウイスキーケーキとしては美味しそうです。

ウイスキーで作るフルーツケーキのレシピ

ドライフルーツを使って作るフルーツケーキは、ブドウから出来たブランデーやサトウキビから出来たラム酒のほうが美味しい感じです。

柑橘系オレンジ系のもの(マーマレードやオレンジピールの砂糖漬け)やチョコレートも加えたフルーツケーキはウイスキーを使ってもブランデーと少し違った美味しさのものが出来上がります。

また、バナナにはなぜか、トウモロコシが51%以上含まれるバーボンウイスキーも合うようです。

どちらにしてもブランデーやラム酒で作るフルーツケーキよりもシャープな味わいになります。

レシピはと言うと以下のようなものが美味しく出来ます。

ウイスキー入りフルーツケーキのレシピ

こちらパウンドケーキとありますが美味しそうでウイスキー使用、でもお酒がダメな方の作り方もありました。

ウイスキーで作るフルーツケーキですから柑橘系のオレンジピールをたっぷり加えると美味しいかもです。

レシピID : 3761853さん有難うございます。COOKPADさん➡ドライフルーツたっぷりパウンドケーキ

ドライフルーツたっぷりパウンドケーキ

 
ドライフルーツたっぷりパウンドケーキ
ドライフルーツをウイスキーに浸けて、大人味のパウンドケーキ♪お酒がダメな人は水でも可。お酒の量は調整してください(^^)
材料 (パウンドケーキ型1本分)
バター
75g
三温糖
75g
薄力粉
100g
ドライフルーツ&ナッツ
好きな量
ウイスキーorブランデー
75cc
ベーキングパウダー
1.5g
全卵
1.5個

1

ドライフルーツをお酒(または水)に漬け込んでおく。できれば1晩。

2

ドライフルーツの汁気をしぼって、薄力粉(分量内)にまぶす。・・・ドライフルーツが下に沈まないようにです。

残ったお酒は後で使います。(お水の場合は捨ててください)

3

常温に戻したバターをクリーム状に練る。

4

そこに、砂糖(白いお砂糖でも可)、溶き卵、薄力粉にまぶしたドライフルーツ、絞り汁を加える。

5

最後に残った薄力粉とベーキングパウダーを加えて切るように混ぜる。

6

180℃で30分焼く。

コツ・ポイント

混ぜるだけー(о´∀`о)お酒がダメな人は水で戻してもいいですよ♪

このレシピの生い立ち

ドライフルーツが沢山手に入ったので、家にあったウイスキーでパウンドケーキを作ってみました♪
レシピID : 3761853

これは簡単に出来て美味しそうなウイスキーケーキでしたね。日持ちもするので良いのではないでしょうか。

180度で30分焼きますからアルコール分はほとんど飛んでいると思います。

まとめ

いかがでしたか?蒸留酒であるウイスキーやラム酒、ブランデーが何から出来ているのか考えますと、その芳香な味わいは、やはりフルーツやサトウキビから出来ているお酒であるブランデーやラム酒でしたね。

一方ウイスキーは穀物から出来ていますので、ウイスキーで作るフルーツケーキはシャープな味わいになるようです。

市販のウイスキーを使ったフルーツケーキも美味しそうでした。

また、ウイスキーを使ったフルーツケーキの場合も、お酒が苦手な方は水で代用とありました。助かるレシピですよね。

どうにも減らないお家に残ったウイスキーでフルーツケーキを作ってみてはいかがでしょうか?

今日の一言・・・お家にあるウイスキーやブランデーをフルーツケーキに使う時はご用心です。とっても高価なお酒かもですから・・・。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です