うどんとパンではどちらが太る?

手軽に食べれるパンと日本人の大好きなうどん、どちらがダイエットには向いているのでしょうか?どちらも美味しいですね。

スポンサードリンク


うどんとパンどちらが太るの?なんて比べたくないですよね!でも知っておいた方が良いこともありますから。

%e3%81%86%e3%81%a9%e3%82%93%ef%bc%92 %e3%83%91%e3%83%b3%e3%81%86%e3%81%a9%e3%82%93%ef%bc%91

パンばかりの食事だと「たまにはうどんが・・・。」とか反対に麺類ばかりだと「パンが食べたい!」と、ないものねだりになりがちですが、どちらも美味しいとは分かってはいてもダイエット中に避けるべき食べ方とはどんな事か、うどんとパンについて考えてみましょう。

どちらも小麦粉からできている。・・・どんな小麦粉?うどんとパンの粉の種類

%e3%81%86%e3%81%a9%e3%82%93%e3%81%a8%e3%83%91%e3%83%b3%e3%81%ae%e7%b2%89

パンもうどんも小麦粉から作りますよね。(最近では米粉も使われますが。)小麦粉にも種類があります。グルテンの含まれる量の違いで区別してあります。小麦粉は含まれるタンパク質(グルテン)の量や質により大きく3種類に分けられます。

強力粉・・パン

グルテンの量が最も多く粘りが強く弾力性が最も強いので一番膨らむタイプです。小麦粉の中では粒が最も粗いものです。主にパンや餃子の皮、ピザ、中華麺などに使われます。パンの小麦粉はこの強力粉になります。

中力粉・・・うどん

グルテンの量、粘り、弾力性、粒の大きさとも強力粉と薄力粉の中間くらいの小麦粉です。主にうどんにはこの中力粉が使われます。

薄力粉

グルテンの量が最も少なく、粘りやコシ(弾力性)も最も弱いタイプでサックリ焼くときはこれになります。粒は最も細かくやわらかいため、主に天ぷらやケーキ、お菓子などに使われます。

パンは強力粉が、うどんは中力粉が使われるんですね。では強力粉と中力粉のカロリーはどうでしょうか。

「パン写真」の画像検索結果

↑パンに使われる強力粉100g・・・366kcal (注:米粉パンの米粉100g・・・362kcal)

%e3%81%86%e3%81%a9%e3%82%93%ef%bc%91

↑うどんに使われる中力粉100g・・・368kcal

上記からグルテンの量により区分けしてありますが、100gのカロリーでは大差はないという事が分かります。つまり粉自体のカロリーではパンとうどんはどちらが太るのかは判定できませんよね。

以下はうどんの出来る工程ですが、パンと似てますよね。老舗のうどん屋さんなんかでは手打ちを披露してるところもありますが見ていて楽しいですね。

%e6%89%8b%e6%89%93%e3%81%a1%e3%81%86%e3%81%a9%e3%82%93%ef%bc%93

 

%e6%89%8b%e6%89%93%e3%81%a1%e3%81%86%e3%81%a9%e3%82%93%ef%bc%92

 

%e6%89%8b%e6%89%93%e3%81%a1%e3%81%86%e3%81%a9%e3%82%93%ef%bc%91

 

%e6%89%8b%e6%89%93%e3%81%a1%e3%81%86%e3%81%a9%e3%82%93%ef%bc%94

うどんとパンのカロリー

うどん1食分のカロリーは?

うどんを作るときの材料(約一人前)

中力粉 100g

水 135cc~145cc

塩 5g

うち粉 適量

上記がうどんの材料ですが、本当にシンプルです。中力粉100g・・・368kcal

さらに生うどん・・・うどん(生)1玉重さ230g・・・242kcal

つまり一人分のうどん・・・242kca~という事になりますがうどんと言ってもうどんの麺だけを食べるのではなく、これにおつゆと〇〇うどんといった、〇〇の部分のおかずに当たるものが加わってきます。〇〇の部分でカロリーが随分違ってきます。

パン1食分のカロリーは?

パンではそうはいきません。イーストはもちろんの事、塩、砂糖、バターやマーガリン、ミルクや卵まで入っているパンがあります。三大栄養素である炭水化物・たんぱく質・脂質の3つがすでに含まれていて栄養価の高いものとなってはいますが、その分カロリーもうどんに比べ高くなりがちです。

食パン4枚切り(約90g)……238kcal
食パン6枚切り(約60g)……158kcal
食パン8枚切り(約45g)……119kcal
食パン10枚切り(約36g)……95kcal
フランスパン1切れ(約16g)……45kcal
バターロール1個(約40g)……126kcal

上記のように食パン4枚切り一枚で238kcal、生うどん(生)1玉重さ230gの242kcalに大体相当しますが、パンの場合、これにバター、ジャムなどを付けるともっとカロリーは増えるというものです。・・・太るのを防ぐためパンにつけるものは量を減らすのも一つの方法です。

又、バターロールなら2個は食べるでしょうし、クロワッサンなんかはバターなどの油脂もかなり入っています。

バターロール2個 252kcal、クロワッサン1個 150kcal~220kcal

スポンサードリンク


うどんの種類とカロリーと、うどんは太るか

以下カロリーSlismさんを参考にします。

カレーうどん:492Kcal

きつねうどん:453Kcal

天ぷらうどん:435Kcal

肉うどん:428Kcal

たぬきうどん:419Kcal

山かけうどん:391Kcal

月見うどん:390Kcal

山菜うどん:352Kcal

かけうどん:320Kcal

ざるうどん:289Kcal

↑上記を見るとやはり、揚げ物が上にのせてあるだけでカロリーが高くなりますね。

↓以下参考に・・・こんなのも見つけました。カップ麺は本場のうどんと違って小さい割にハイカロリーで用心しないと太ります。「夜食に1個食べよう!」なんてやってたら一日4食、1食多く取ったことにもなりかねませんね。

日清
きつねうどん 415kcal
天ぷらそば 473kcal
天ぷらうどん 470kcal
肉うどん 386kcal
カレーうどん 388kcal
とん汁うどん 410kcal
京うどん(75g) 335kcal

マルちゃん
赤いきつねうどん 428~428kcal
緑のたぬき天そば 473~478kcal
カレーうどん 311kcal
白い力もちうどん 412kcal
たっぷり肉うどん 364kcal
黒い豚カレーうどん 370kcal
あつあつ豚汁うどん 425kcal
天ぷら讃岐風うどん 431kcal

サンヨー食品
カップスターしお 359kcal

うどんの利点と欠点

利点・・・

1つの器で簡単に食べれます。

あっさりしていて脂っこくなく、うどんだけ(素うどんなど)ならカロリーも低いですよね。

温かいのでゆっくり食べないといけないので食べ過ぎが防げます。

欠点・・・

消化が良い代わりにGI値も高いので血糖値が上がりやすくインスリンが分泌され脂肪の蓄積につながり太る原因になります。

上記利点と反対になりますが、柔らかく咀嚼(そしゃく)しなくていいので満腹感がなく、サイドメニューに稲荷寿司とかおにぎり系の炭水化物をさらに注文するケースがあります。炭水化物だらけで太る原因になります。

これまた上記利点と反対になりますが、あっさりしていて脂っこくなく、直ぐにお腹が空き、間食をしてしまう。太る原因になります。

さらに、おつゆには塩分も含まれるのでスープが美味しいのはわかるのですが、スープまで完食すると塩分の摂りすぎで浮腫んだりして体脂肪とは関係なくこれも体重増加で太るのにつながります。他にも塩分という事で高血圧の人などは極力おつゆは残したほうが無難ですね。

うどんの結論・・・

ダイエット中はうどんだけならわりとカロリーも低いのでサイドメニューにはなるべく炭水化物ではなく低カロリーのたんぱく質や野菜などを当方が良いと思います。そうすれば、間食も避けられダイエットにも適するというものですね。ただ、カップ麺は食べない方が良いみたいです。

また、塩分摂りすぎは浮腫みにつながるのでスープには気を付ける必要ありです。

パンの種類とカロリーと、パンは太るか

・食パン(6枚切り1枚) 177kcal

・フランスパン(厚さ3㎝にカットしたもの) 70 kcal

・ライ麦パン(6枚切り1枚) 177 kcal

・レーズンパン(1個 40g) 108 kcal

・バターロール(1個 30g) 95kcal

・クロワッサン(1個 40g) 179 kcal

・イングリッシュマフィン(1個 60g) 228 kcal

・あんぱん(1個 95g) 266kcal

・クリームパン(1個 95g) 290kcal

・ジャムパン(1個 95g) 238kcal

・メロンパン(1個 95g) 412kcal

利点・・・

種類によっては考えないといけないが、具材を考えれば栄養価のバランスが取れ腹持ちもするので間食が避けられます。

全粒粉や玄米粉、ライ麦のパン、フランスパン系では食物繊維もミネラルも豊富でゆっくり噛んで食べないといけないので沢山食べずによく便秘解消にもなり、美容と健康面からダイエットにも利用される場合もあります。

欠点・・・

パン自体軽い食感なので美味しくてついつい食べ過ぎてしまう人もいます。

総菜パンとお菓子パンをひとつずつ合計2個食べるなど、かなりのカロリーになる場合もあります。種類にもよるのでダイエット中はパンのカロリーと相談してパンを選ぶ必要があります。

パンだけではなく、ついついバターやマーガリン、ジャム、スプレッドなどたっぷりつけてしまう恐れがあります。

一緒に飲む飲み物も糖分の多いものにする傾向もあり、その分プラスアルファのカロリーになります。

パンの結論・・・

パンによっては噛み応えがあり低カロリーで食物繊維豊富、ミネラルたっぷりのものもあります。それらを利用してダイエットすることもできます。

しかし総菜パンや、ケーキみたいなお菓子パンを選ぶ時は十分カロリーを考えて(他の食事で低カロリーにするとか)食べないとパンも太ることになりかねません。また、一緒に飲む飲み物も低カロリーにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?うどんにはうどんの良さが、パンにはパンの良さがあり、パンでも低カロリーのミネラルたっぷりのパンがあり、うどんでもそれ自体は低カロリーですから、うどんの具を低カロリーで栄養価の高いものにして、太るのを気を付けて食べればどちらもダイエットの見方にもなりうるのです。

今日の一言・・・うどんもパンも美味しいし、ダイエットの敵なんて言いたくありません。どんなうどんが大丈夫なのか、どんなパンが太る心配がないのか・・・さらにもう少し掘り下げて考えれば、こんなに美味しい食べ物達をどう食べれば太らないか考えてそれを実行すれば、どんなものでもバランスよく健康的に美味しくいただけますよね。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です