必見!簡単で失敗しない人気のドライフルーツケーキのコツとレシピ

色々な種類のパウンドケーキの中で、作る材料にドライフルーツを加えたものをドライフルーツケーキと言います。ケーキ作りを始めたらだれでも一度は作ったことのある簡単で初心者にも人気のあるケーキのレシピです。

簡単に作れるドライフルーツケーキですが、ちょっとしたレシピのコツをつかんでおくとさらに美味しく出来上がります。

日持ちもして贈り物にも喜ばれる手作りのドライフルーツケーキに挑戦してみましょう。

スポンサードリンク


ドライフルーツケーキのレシピを見てみますとバターに砂糖を混ぜ合わせ、さらに、卵、ドライフルーツと薄力粉を順々に混ぜていきオーブンで焼いて作る、と言った意外と簡単で美味しいケーキのレシピです。

ドライフルーツケーキは、簡単に言うと「材料にドライフルーツを入れたパウンドケーキ」です。

昔パウンドケーキは小麦粉、バター、砂糖、卵をそれぞれ1ポンド(パウンド)ずつ使用して作ることから パウンドケーキという名前がつけられました。

作ってみると意外と簡単に出来て、ケーキ屋さんのフルーツケーキと同じように美味しく出来てケーキ作りが楽しくなります。お家で作る、美味しいドライフルーツケーキの簡単で人気のレシピを見ていきましょう。

「ドライフルーツケーキ写真フリー」の画像検索結果 関連画像

ドライフルーツケーキって?どんなケーキのレシピ?

普通のフルーツケーキとドライフルーツケーキを比べてみると・・・

Wikipediaさん➡

フルーツケーキ(FRUITCAKE)は、果物をつかった洋菓子。生地に果物を混ぜ込んで焼いたものと、スポンジ生地などにクリームとともに果物をあしらったタイプのものがある。

フルーツケーキはフレッシュなフルーツを沢山生クリームと一緒に軽い生地の土台、つまりスポンジケーキやシフォンケーキに盛り付けて作ったケーキです。

「フルーツケーキ写真フリー」の画像検索結果

作ってすぐいただいた方がより新鮮なフルーツの味と生クリームの味が楽しめます。

関連画像

それとは真反対に、ドライフルーツケーキは、土台の生地事態もバターがたっぷりでどっしり感のあるパウンドケーキやバターケーキです。

関連画像

その中に重量感あるドライフルーツやナッツ類をたっぷり加えてあり、トップのトッピングにも大きなドライフルーツやナッツなどを飾って焼き上げます。

日持ちもして、作ってすぐより1日置いた方が生地も落ち着いて美味しさが増します。

ドライフルーツケーキ

ウイキペディアさん➡

漬け込んだフルーツもしくはドライフルーツを使うタイプ

大きくはバターケーキの一種でバター・小麦粉・砂糖・卵・ベーキングパウダーにドライフルーツあるいは洋酒に漬け込んでおいたフルーツを刻んで混ぜ込み、型に入れて焼いたものである。そのなかでもバター・小麦粉・砂糖・卵を等量に使用したものをパウンドケーキとも言う。

このタイプのフルーツケーキをプラムケーキと言うこともある[2]

ドライフルーツケーキの簡単な人気のあるレシピ

わりと簡単に作れる人気のドライフルーツケーキでも、さらに美味しく作るコツなどを紹介していきます。

簡単で美味しいドライフルーツケーキのレシピでこれだけはおさえておきたい、失敗しないコツとポイント

生クリームを使ったフルーツケーキに比べ手軽でおいしく日持ちがして、それが人気のドライフルーツケーキは、皆さん一度は作ったことのあるような手作りケーキの代表的なレシピです。

レシピの手順を見ますと一つのボウルで作れて、わりと簡単なレシピのケーキのひとつです。

ところが、手順や混ぜ方、焼き方、温度などがわずかに変わるだけで同じ材料で作っても味も食感も全然違ったものになってきます。

しっとりした食感と、丸く膨らんだ見た目も可愛い奥行きのあるドライフルーツケーキの味を出すためにはどんなことに気を付けて作ったが良いでしょう。

失敗しないコツのレシピを最初に知っていたら、「外側が固くなってしまった」とか、「膨らまなかった」とか、「真ん中は焼けてなかった」「上が焦げた」などの失敗がなくなります。

簡単フルーツケーキの作り方のレシピ・・・コツ1

材料を室温に戻しておいた方が良い。

特にバターと卵の温度は室温に戻しておきましょう。小麦粉が傷んだりカビが生えたりするのを防ぐために冷蔵庫や冷凍庫に保存したりしている方もいますが使用する分は常温に戻しておきましょう。

そのためには、作り始める数時間前に冷蔵庫から出し、必ず室温に戻してください。

バターは特に大切なので次に詳しく説明します。

簡単フルーツケーキの作り方のレシピ・・・コツ2

バターは溶けてはいけない、固くない、クリーム状にする。

「バタークリーム状柔らかい写真フリー」の画像検索結果

バターの柔らかさでパウンドケーキの出来が違ってきます。

レシピを見ますとパウンドケーキ作りで最も大切と言っても良いバターと砂糖をすり混ぜるところです。

泡だて器でバターと砂糖をすり混ぜながら空気を含ませていくのですが、ここがきれいに混ざらないと、しっとりしたなめらかさと、どっしりとしたパウンドケーキらしいリッチな味わいになりません。

パサパサ感が出てきます。

固いとクリーム状に練ることができません。混ぜる時に泡だて器の中に詰まってしまったり、卵と合わせる時点で分離する原因になります。

バターは見た目は硬い時と同じですが、指で押してみると固くなくそのままスッと指がバターに埋もれるくらいです。

関連画像 「バタークリーム状柔らかい写真フリー」の画像検索結果

冬場、バターがなかなかやわらかくならないときなどは、小さくカットして、200W前後で少しずつ加熱するか(10秒ずつ様子を見る)、体温より少し熱いくらい(40℃くらい)のお湯で湯せんするか、発酵機能の付いたオーブンで35度で様子を見ながら30分位前もって温めるかしてください。

こちら溶けすぎです。直射日光を避けましょう。又、レンジで温めすぎるとこのようになります。

「バタークリーム状柔らかい写真フリー」の画像検索結果

簡単フルーツケーキの作り方のレシピ・・・コツ3

バターと砂糖の混ぜ方をしっかりする。

ボウルにバターを入れて砂糖を加え、空気を入れて白っぽくなるまですり混ぜるのですが、ここがうまくいかないと美味しいフルーツケーキが出来ません。簡単なようで大切なポイントです。

「バタークリーム状柔らかい写真フリー」の画像検索結果 「バタークリーム状柔らかい写真フリー」の画像検索結果

目安としては、クリーム色だったバターの色白っぽくなってふんわりとかさばり混ぜる力が軽くなったような感じになるまでです。

簡単フルーツケーキの作り方のレシピ・・・コツ4

卵の加え方はすこしずつ、一度に加えると分離する。

油脂に水性の卵を加えるのですから一度に加えてしまうと分離してしまいます。あらかじめよく溶いた常温の卵を少しずつ加えてはよく混ぜ、加えてはよく混ぜしていき、油脂に水性の卵を乳化させます。

「卵とバター分離写真フリー」の画像検索結果 「卵とバター分離写真フリー」の画像検索結果

このように少しずつ加えます。これをしないと下のように分離してバターと砂糖のクリームがぶつぶつに分かれます。↓

関連画像

上記の写真のようになったら、生地に使う小麦粉を少し加えてよく混ぜてみてください。分離したままだと美味しいフルーツケーキにはなりません。

少し加えた小麦粉と生地がなじんで分離がなくなったらOKです。

簡単フルーツケーキの作り方のレシピ・・・コツ5

粉を加えてサックリ切るように混ぜる。練るように混ぜてはいけない。

ふるった粉をスプーン一杯分取り分け、ドライフルーツにまぶします。ドライフルーツがケーキの底に沈まないようにするためです。

薄力粉と言えど、小麦粉にはグルテンが含まれています。小麦粉を加えた後、材料を練ってしまうと生地に粘りができて、ふんわりしっとりしたケーキになりません。

片方の手でボウルを回転させながら、もう一方の手で生地を縦に切るように行うとサックリ手早く混ぜることができます。

関連画像

出来ればゴムベラよりも木べらの方が粘りが出ないようです。おしゃもじでも良いでしょう。

あらかじめ粉をスプーン1杯とっておいてドライフルーツにまぶしておくとドライフルーツが底に沈まず均等になります。

ドライフルーツも粉を加えて混ぜる半ばで加えます。粉を加えて混ぜ終わってからドライフルーツを加えてさらに混ぜますと、混ぜすぎ、練りすぎになります。

簡単フルーツケーキの作り方のレシピ・・・コツ6

型に入れ方・・・真ん中をくぼませる。

ドライフルーツケーキの型は深めのパウンドケーキ型です。熱の通りを真ん中まで行かせるために真ん中はくぼませましょう。山形に生地を型に入れるのではなく、谷を作るような感じでヘラでなじませます。

焼いていると膨らんできます。

焼く前に必ず15cmくらいの高さから型を落として記事を均等にします。

関連画像

焼き始めて10分ほど経ってからオーブンから取り出し、ナイフで切れ目を入れますと焼き上がりには真ん中がポコッと膨らんだフルーツケーキの姿に焼き上がります。半生焼けを防げて美味しいフルーツケーキになります。

自然な割れ方が好きな方は切れ目は入れません。

簡単フルーツケーキの作り方のレシピ・・・コツ7

焼き具合

「パウンドケーキ作り竹串写真フリー」の画像検索結果

竹串を刺して何もつかなければOKです。

「パウンドケーキ作りオーブンアルミホイル写真フリー」の画像検索結果

時間を見ながら上の方が焦げそうになったらアルミホイルでカバーして10分ほどさらに焼きます。

スポンサードリンク


美味しそうな人気のドライフルーツケーキのレシピ

こちらのドライフルーツケーキはドライフルーツがケーキの底に沈んでしまわない工夫もしてあり、簡単で人気のレシピです。ぜひ作ってみてください。

卵とバターが分離しないコツもレシピを見ると工夫がしてあります。

レシピID : 892481さん有難うございます。COOKPADさん➡ドライフルーツのパウンドケーキ

ドライフルーツのパウンドケーキ

ドライフルーツのパウンドケーキ
ラム酒をたっぷり染み込ませた、贅沢な大人のパウンドケーキです。ミックスドライフルーツの芳醇な味と香りがたまりません!
材料 (底7cm×16.5cm×高さ6cmパウンド型1台分)
無塩バター
100g
粉糖
90g
M2個
薄力粉
120g
ベーキングパウダー
小さじ1
ラム酒浸けミックスドライフルーツ
140g
ラム酒
適量

1

写真

☆下準備 1
バターをボウルに入れ常温に戻します。
卵は卵黄と卵白に分け、常温に戻します。

2

写真

☆下準備 2
薄力粉、ベーキングパウダーを一緒にふるっておきます。
型にオーブンシートを敷きます。

3

写真

☆下準備 3
ドライフルーツは、チェリーなどの大きいものがあれば切って大きさを揃え、キッチンペーパーで汁気を取ります。

4

写真

室温で柔らかくしておいたバターを滑らかになるまで泡立て器で練り、粉糖を3回に分けて加え、よく混ぜます。

5

写真

卵黄をまず半量加えてよく混ぜ、よくときほぐした卵白半量をスプーン1杯ずつ加え、その都度よく混ぜます。

6

残りの卵黄半分を混ぜ、もう半量の卵白をまたスプーン1杯ずつ加えて混ぜます。

7

写真

ふるった粉をスプーン一杯分取り分け、ドライフルーツにまぶします。ドライフルーツがケーキの底に沈まないようにするためです。

8

写真

手順5に粉類をふるいながら入れ、その粉の上にドライフルーツを乗せます。

9

写真

ドライフルーツに粉をまぶすようにしながら全体を混ぜていきます。ドライフルーツに付いた粉が見えなくなるまで混ぜてください。

10

写真

型に入れ表面を均し、中央をくぼませます。
170度で60~分焼きます。
途中で焦げそうならホイルをかぶせます。

11

写真

ケーキが焼きあがったらすぐ型から外し、熱いうちにラム酒を全体にたっぷりと塗り、ラップをきっちりとかぶせます。

12

手順11を、30分おきに4~5回繰り返してください。乾燥防止のため、冷ましている間はラップをきっちりかぶせてくださいね。

13

写真

プレゼントにもどうぞ☆

※かなりラム酒が効いたケーキです。お子さんが召し上がる時は、塗る量を調整してください。

コツ・ポイント

手順5、6は、バターの分離を防ぐためにこのように卵を混ぜます。
卵白が固まらない程度のお湯にボウルごと浸けて温めておくと、なお分離しづらくなりますよ。
冷蔵庫に保存した場合、常温に戻すとより美味しく召し上がれます。

このレシピの生い立ち

ドライフルーツをたっぷり混ぜ込んだパウンドケーキを作ってみました。
ドライフルーツがケーキの下に沈んでしまわないよう、材料の配合に工夫してあります。
レシピID : 892481

まとめ

いかがでしたか?割と簡単に作れるドライフルーツケーキの失敗しない作り方のコツとレシピをまとめてみました。日持ちのするドライフルーツケーキはプレゼントしても大変喜ばれる人気のケーキのひとつです。

簡単フルーツケーキの作り方のレシピでは以下の事に注意すると美味しいフルーツケーキが簡単に出来ます。

・コツ1は材料を常温にする。

・コツ2はバターの柔らかさを調節する。

・コツ3はバターと砂糖の混ぜ方をしっかりする。

・コツ4は卵の加え方はすこしずつ、一度に加えると分離するので少しずつ加える。

・コツ5は粉を加えてサックリ切るように混ぜる。練るように混ぜてはいけない。

ドライフルーツがケーキの底に沈まないようにするためふるった粉をスプーン一杯分取り分け、ドライフルーツにまぶします。

・コツ6は型に入れ方・・・真ん中をくぼませる。

・コツ7は焼き具合・・竹串を刺して何もつかないまで。

今日の一言・・・ドライフルーツケーキは日持ちがしてラッピングも可愛く出来ます。贈り物にも最適で、自分のオリジナルなドライフルーツケーキのレシピを持っているとプレゼントなども出来て最高に喜ばれます。ぜひ一度作ってくださいね。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です