ケーキ用マーガリンが健康に悪いって本当?

ケーキやパンに使う材料の中に「ケーキ用マーガリン」というものがあります。バターの代用にとか、バターより軽い感じに仕上げたいとか経済的だとか健康に良いとか使用する理由には色々あると思います。

スポンサードリンク


中には健康に悪いトランス脂肪酸が含まれているからケーキ用マーガリンは使わないと考える方も少なくありません。

逆にコレステロールが心配だから動物性の脂肪は控えて健康の為ケーキ用マーガリンなどを少量利用し健康に留意しているという方もいます。その方の健康状態にもよります。

話題になるケーキ用マーガリンなどマーガリンがなぜ体に悪いといわれるのか、それはその中に含まれるトランス脂肪酸が健康に悪いと評判だからです。

ではケーキ用マーガリンなどに含まれている健康に悪いと言われるトランス脂肪酸とはどんなものかを考えていきましょう。

最後に美味しくて健康、簡単ケーキレシピつきの幸せパン、今回は健康とトランス脂肪酸が気になる方のため、バターもマーガリンもクリーム類も卵も一切使わない究極のトマトパンのレシピの紹介です。パン屋さん時代、沢山の方に愛されたパンです。

ケーキ用マーガリンにも含まれている健康に悪いと言われるトランス脂肪酸とはどんなもの?

考えるドクター

油脂についてですが、常温で液体のものを油、ケーキ用マーガリンなどの固体のものを脂といいますよね。これらは脂肪酸とグリセリンからできています。この脂肪酸、グリセリン、コレステロールなどを全部合わせて脂質といいます。

脂肪酸には飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸があります。

不飽和脂肪酸にはシス型とトランス型があります。天然の不飽和脂肪酸のほとんどはシス型です。(が、一部トランス型脂肪酸も含まれています。それは反芻動物(牛や羊)の体内にいる微生物によって作られる肉や乳製品です。)

液体の植物性油脂を固形や半固形に処理するときやサラダ油などの植物性油脂から匂いや不純物などを除去したりする時にトランス脂肪酸が出来ます。

最近までトランス脂肪酸の化学構造がプラスチックに似ているので「食べるプラスチック」などとマスコミから騒がれました。でもプラスチックは食品ではなく合成樹脂です。トランス脂肪酸は食品ですよね。

ケーキ用マーガリンなどに含まれているトランス脂肪酸が健康に悪いといわれる訳。

コレステロールには悪玉コレステロール(LDL)と善玉コレステロール(HDL)がありますが、トランス脂肪酸は悪玉を増加させ善玉を減少させる作用があるからです。その結果トランス脂肪酸を大量に摂ると心疾患、動脈硬化の原因になるというのです。

もともとコレステロールに悪玉も善玉もないのですが、健康面で分かりやすく・・・

悪玉コレステロール・・・コレステロールの運搬をする。細胞内に取り込まれなかった余分なコレステロールを血管内に放置するので動脈硬化を引き起こす。不健康な響き。

善玉コレステロール・・・コレステロールの回収をする。血液中に残ったコレステロールを肝臓に運ぶ。回収されたらホルモン、胆汁になったり排泄される。健康的な役割。

アメリカでは心疾患が深刻でマーガリンなどを健康を害するほど摂取し社会的に問題で、それゆえにトランス脂肪酸の規制がなされることになったのです。

では日本ではなぜ規制されないのでしょうか?それは食事の内容が脂質に関しては健康的で欧米人と異なるからです。

平均的な食事をした場合トランス脂肪酸は欧米人の1/8の摂取量だそうで、農林水産省ではトランス脂肪酸の摂りすぎよりもむしろ塩分の摂りすぎに日本人は気を付けるべきだと言っています。

ケーキ用マーガリン以外、トランス脂肪酸はどんなものに含まれているの?

ではケーキ用マーガリンの他にどんなものに含まれているのでしょうか?普通のマーガリンは勿論のこと、ショートニング、ポテトチップス、カップヌードル、マクドナルドのマックフライポテトなどなど加工食品や油を使ったスナック、菓子類です。雪印北海道バターにだって100g中1.74g含まれています。

健康の為、もう何も食べれない・・・そんなことはありません。危険性を念頭に食材を選ぶのとまったく無知で食べ物を口にするのとでは健康に関しては大違いです。

ケーキ用マーガリンに含まれるトランス脂肪酸の量

農林水産省ではトランス脂肪酸の一日の摂取量の目安は(日本人の1日の摂取カロリーを1900キロカロリーとした時)2g未満としています。

では、雪印のメグミルク「ケーキ用マーガリンホイップタイプ」では?

100g中トランス脂肪酸の量は0.6g、これは北海道バター100g中1.74gよりも低い値です。しかも塩分なし。まさに日本人向けですね。摂りすぎはいけませんが。

注) トランス脂肪酸に良し悪しは無い
トランス脂肪酸には2種類、つまり植物性食用油の生成過程(水素添加)や加熱で生ずる人工的なものと、
牛、羊、ヤギなどの反芻哺乳類が作り出す天然のトランス脂肪酸(共役リノール酸)があります。
これまでは、加工食品から大量に摂取する傾向の人工のトランス脂肪酸だけが取り上げられ
天然のトランス脂肪酸は話題となりませんでした。
肉類や牛乳の天然トランス脂肪酸は含有率、摂食量が植物性食用油脂より
相対的に微量であるのも理由の一つです。
80%以上のトランス脂肪酸が加工食品から摂食されてきたからです。

ところが最近「トランス脂肪酸に良し悪しは無い」という研究が
全米心臓協会(American Heart Association)の会合で報告され、話題となりました。

最近ではケーキのためのマーガリンにも健康面から考えた「トランス脂肪酸フリーのケーキ用マーガリン」があるようです。

そうはいっても完全にトランス脂肪酸を食生活の中で避けるのは難しいこと、筆者、「幸せパン」はストレスをためずトランス脂肪酸の危険性を知ったうえで食材を選びケーキ用マーガリンなどの使用量を考え健康的に食生活を楽しむのをモットーにしています。

スポンサードリンク


イタリアンの料理にピッタリ、おしゃれで可愛いくて、トマトが嫌いなお子様も食べれる健康な幸せトマトパン(ケーキ用マーガリンは含みません。)

トマトパン37

小麦粉、塩、砂糖少量、水、イーストとトマトだけで作る究極のトマトパンのレシピです。

ドクター トマトパン

これなら健康に安心ですね。

注1)あえてクリームもバターもマーガリンも卵も入れないパンですが、もともとパンというものはイーストと水があればできるのです。今回はドライイーストを使いましたが天然酵母で作ればもっと健康的です。(そのうち披露します。)

注2)さらに今回はパンは手ごねにしましたが、ホームベーカリーをお持ちの方はもっと簡単に健康パンが出来ます。(パン屋さん時代はさらに大きいミキサーを使って大量に作りましたがホームベーカリーで十分です。)

1) 準備するもの

ミキサー(トマトジュースで作るならいらない)

破れにくいビニール袋 最低2枚

ボウル 大1

ボウルを覆える大きさのぬれ布巾かガーゼ1枚

ラップ

めん棒

フォーク

ピザカッター(包丁でも良い)

オーブンペーパー

霧吹き

茶こし

2) 材料

ドライイースト 5g

砂糖 10g

(パン用)強力粉 165g プラス 打ち粉用粉 適量

塩 2g

トマト 真っ赤なもの 中2個(トマトジュースでもよいが、塩分の入ってないものが良い) 120g

3) はじめに

台は必ずきれいに拭き消毒用エタノールスプレーなどで除菌しておく。

4) 作り方

トマトパン1

ここではどこにでも売ってある強力粉を使います。国内産などにこだわる人は「ソメイヨシノ」という小麦粉を私はパン屋さん時代使っていました。モチモチしていますが、国産は水分含有量が多いので注意する必要があります。国産は、ふくらみは少し悪くなります。

トマトパン2

小麦粉の次にはドライイーストを加えます。イーストの上には塩は直ぐ入れないほうがいいです。

トマトパン4

トマトは大体このくらいの赤さに熟れたものがよいです。

トマトパン5

120g以上をミキサーにかけます。

トマトパン6

こんな感じ。

トマトパン7

約110g加えます。

トマトパン8

サクサク混ぜます。

トマトパン9

ビニール袋に入れます。

トマトパン10

少しベタベタしますがまとまるまでもみながら、一まとめにします。

トマトパン11

ボウルに粉を少し入れ、袋から生地を出してベタベタ感を取ります。

トマトパン12

新しいビニールに粉ごと入れ、まとめます。

トマトパン13

20分位ビニールが破れないように注意しながらグルテンを出すためよく捏ねます。

トマトパン15

こんな感じ。押さえつけたり揉んだりします。

トマトパン14

だんだん粘りが出てきてパン生地らしくなりました。(手で捏ねますから体温で温まります。)

トマトパン16

ビニールから出すとこんな感じです。ふっくら感が出ています。

トマトパン17

計量するとこのくらい。

トマトパン18

ボウルに戻します。

トマトパン19

ぬれたガーゼをかけ、ラップで覆う。暖かいところに1時間ほど置き、膨らます。(オーブンに発酵機能があれば30~40度で発酵させる。)

トマトパン20

こんな感じで2倍になればOK。

トマトパン22

ガス抜き(指で生地を突き刺しながら中のガスを抜く)をして丸めてベンチタイム。ラップを敷いて生地を置き網を置いてぬれたガーゼで覆う。

トマトパン23

落ち着きました。

トマトパン24

ラップに軽く粉を振りまき生地を置いてまた粉を振りまきラップをかけてめん棒で平たくします。

ある程度平たくしたらラップを上下外し生地を直に台に置きます。

トマトパン25

なかなか平たく伸ばせないときはフォークで穴を作ります。

トマトパン26

パン職人さんには怒られるかもですが、基本は楽しく(だれでも作れる)幸せパンです。

トマトパン27

こんなに伸ばせます。

トマトパン28

ピザカッターで切っちゃいましょう。(なければ包丁)

トマトパン30

こんな感じです。

トマトパン29

大きさはロールが5個~6個出来るようにです。

トマトパン31

くるくる丸めてロールパンにしましょう。

天板にオーブンペーパーを敷き、並べる。

トマトパン34

端っこの生地はひとまとめにして真ん中に。(火の通りの悪い真ん中に一番小さい生地がくるように2~3cmの間隔で置きます。)

トマトパン32

霧吹きします。

トマトパン33

1時間位発酵させます。発酵は時間ではなく大体生地がふっくらとして隣との間隔が1~2cmに狭くなるくらいです。一番ここで大切な事は生地、生地を置いている天板に衝撃を与えないこと。ショックで生地が萎むことがあります。途中2回ほど霧吹きします。

トマトパン35

ふっくらとしたら小麦粉をうっすら茶こしでかけましょう。白粉みたいです。トップが焦げるのを押さえます。ドリューは今回卵を塗ることになりますからやめます。

200度で15分。ガスオーブンの場合190度で12~13分といったところでしょうか。ご自分のオーブンの特徴を把握しておいたらいいでしょう。

トマトパン36

焼けました。

ケーキクーラーなどで冷ます。

トマトパン38

こんな感じです。実物はもっと赤くて赤オレンジです。食べ切るのが一番ですが、残ったらビニール袋に入れて保存しましょう。電子レンジで温めるとフワフッワになります。

トマトパン39

中の感じ

5) 応用

ここではトマトにしましたが、ホウレンソウ(緑色)、ニンジン(うす黄色)、カボチャ(山吹色)、紫芋(きれいな紫色)などもできます。そのうちレシピ紹介していきます。これを一度に作るとクリスマスや誕生日のパンとしてとても喜ばれます。

6) 参考

ホームベーカリーで作るなら3倍の分量で大丈夫です。もちろん手ごねでもいいのですが、かなり力が必要となり、「もうこれがパン作りは最初で最後」なんて事にならないように1/3の分量にしました。(笑)

まとめ

いかがでしたか?ケーキ用マーガリンだけでなくほかの材料も省いてパンができましたね。でもそんな必要はありませんよね?

ケーキ用マーガリンが健康に悪いと言われるわけがトランス脂肪酸含有。でも大量に摂らなければ心疾患も大丈夫。

最近のケーキ用マーガリンはバターよりトランス脂肪酸の含有量は少なく、日本人が一番健康面で気を付けないといけない塩分が入っていません。何事も過剰に摂るのがいけないのです。

知識があるのと無いのとでは大違いです。自分の健康に合った食生活を心掛け、健康を手に入れましょう。そのためにはストレスを溜めないこと、これも大切ですよね。

今日の一言・・・私がパン屋さんをやり始めた時、成功するよりも失敗した数の方がトータルでは多かったような気がします。皆さんも上手に出来なくてガッカリすることがあると思います。特にパンは難しい。

でも、そこで挫けないでもらいたいのです。失敗して挫けそうな時、「この方法じゃだめだという知識が人よりも増えた!私、どんどん達人に近づいてる!」と喜んでもらいたいのです。そして楽しく粉だらけになりながら笑顔で美味しい健康パンを作ってくださいね!

作り方は知ってる人が教えればよいのです。難しく考えない、考えない!

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です