パンとアイスとでは・・・どちらが太るの?

パンもアイスもどちらも大好き!でもどっちも太りそう。どっちが太るの?そんな事考えたことありませんか?

スポンサードリンク


ダイエットしていてもパンもアイスも食べたいですよね。パンは主食としていただいてる方も多いとは思います。そんなパンには全粒粉やライ麦、玄米粉などミネラルや植物繊維も豊富なものを選んで食べたらダイエットの時には強い味方になります。噛み応えがあり沢山食べなくてもお腹がいっぱいになる。「ハード系パンでダイエット」最近流行ってます。・・・と分かっていてもおやつには甘い美味しいケーキみたいなパンが時々無性に食べたくなる時があります。

%e8%8f%93%e5%ad%90%e3%83%91%e3%83%b3%ef%bc%92 「菓子パン写真」の画像検索結果

アイスもとっても魅力的なデザートですよね。「今日はどんなアイスにしようか?」なんてアイスをほとんど毎日食べていらっしゃる方も珍しくありません。最近では「アイスクリームダイエット」なんていう言葉もあるくらいです。

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a0%ef%bc%92 %e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a0%ef%bc%91

さて、パンでダイエットも可能ですし、アイスクリームダイエットもあるこの頃ですが、今回は繊維の豊富なミネラルたっぷりの健康的で主食になるようなパンではなく主にお菓子のような甘いパンとアイスとではどちらが太りやすいかについて書いてみました。

そもそも・・・何が太るか太らないかという前に・・・知っておくべきことのおさらい。

甘いものを食べると太るとかアイスを食べたから太る、パンを食べたから太るなどとよく耳にしますが、まず太る仕組みと痩せる仕組みについて考えていきましょう。

ただし、ここでの「太った」というのは体に体脂肪が蓄積していくということでアスリート達が筋肉量を増やして体重を意図的に増加させるのとは違います。

私たちは生きるために必要なエネルギーを毎日食べる事によって確保しています。これを摂取カロリーとするとその摂取カロリーが毎日の生きるために消費した消費カロリーを上回るとき、その上回った分が体脂肪として体内に蓄えられます。これが体重増加、つまり太ること。

逆に摂取カロリーよりも消費カロリーが上回れば体脂肪を燃焼して足りない分を補おうとします。体脂肪が燃焼した分体重は減り痩せたことになります。

摂取カロリー消費カロリー・・・痩せた

つまり摂取カロリー(食べた量)消費カロリー(運動量や一日の体が必要な総カロリー)より少なければ太ることはないのです。

このことから、先ず基本的に大切なことは毎日の摂取カロリーが消費カロリーを上回らないという事、たとえ毎日甘いもの例えばアイスやケーキやお菓子パンを食べても太らないと言う人は必ずこれを守っています。

つまり何が言いたいかと申しますと、お菓子パンでもアイスでも大量に摂れば(例えば摂取カロリーが消費カロリーを上回るくらい)どちらでも太るのは太るという事です

このことを念頭に読み進めていきましょう。

お菓子パンの種類とカロリー

以下に代表的なパン屋さんのお菓子パンの表があります。注:100gではなく一個単位です。

ヤマザキパン
薄皮つぶあんぱん1個 138Kcal(カロリー)
大きなチョコチップメロン1個 546Kcal
高級つぶあん(あんぱん)1個 393Kcal
コッペパン(ジャム&マーガリン)1個 546Kcal
あんパン 295Kcal
クリームパン 295Kcal
ローズネットクッキー 450Kcal
つぶあん栗入 435Kcal
マロン・マロン 460Kcal
チーズ蒸しケーキ375Kcal
ピーナツパン2個入 528Kcal
ナイススティック 445Kcal
レーズンシュガーマーガリン 690Kcal
ホワイトデニッシュショコラ403Kcal
ランチパック女峰苺ジャム&マーガリン(2枚)376KcalPasco
小倉&ネオマーガリン405Kcal
フレンチアップルパイ 430Kcal
紅茶シフォンケーキ 380Kcal
桜あんパン 315Kcal
チョコ&チョコホイップ 385Kcal
パイでシュー 350Kcal
デニッシュ小倉 495Kcal
大入りあんパン 405Kcal
チョコチップメロンパン440Kcal
果汁入りメロンパン 480Kcal
アップルパイ 430Kcal

神戸屋
つぶあん 324Kcal
チョコフランス 360Kcal
蒸しパンチョコ&チョコ 380Kcal
ミルククロワッサン 280Kcal
ふんわりちぎりロール 625Kcal
ミニクロワッサン(3個) 250Kcal
アンドーナツ(2個) 560Kcal

第一パン
横浜ショコラ物語 400Kcal
横浜カスタード物語 330Kcal
横浜あんぱん物語 343Kcal
給食揚げパン さとう 340Kcal
給食揚げパン きなこ 343Kcal
ビターチョコレート&カスタード1個85Kcal

木村屋
美味しいパンが焼けました(1枚)190Kcal
〃 バターロール1個 107Kcal
〃 レーズンロール1個 122Kcal
シフォンブレッド(1枚) 167Kcal
黒糖&レーズン(1枚) 193Kcal
あんぱん 273Kcal
つぶあんぱん 255Kcal
こだわりあんぱん 288Kcal
こだわりホイップあんぱん 391Kcal
こだわりクリームパン 340Kcal
こだわりメロンパン 347Kcal
もりもり元気 くるみ&ぶどう 437Kcal
くるみ&チーズ 306Kcal
チョココロネパン 280Kcal
Wクリーム チョコ&コーヒー 401Kcal
2色パン チョコ&クリーム 462Kcal
ふんわりサンド ピーナツ 208Kcal
ソフトペストリー カスタード 338Kcal
ソフトペストリー チョコ 364Kcal
クリームレザン 377Kcal
シナモンロール 378Kcal
ふんわりハチミツ 150Kcal
ふんわりコーヒー 168Kcal
りんごのデニッシュ 401Kcal
天然酵母 グラハムパイペストリー179Kcal
天然酵母 あんドーナツ 339Kcal
練乳ツイストドーナツ 208Kcal
マロンアンドーナツ 217Kcal
ラズベリーフロマージュ 269Kcal
アップルケーキ 367Kcal
メープルクリームケーキ 400Kcal
かすたーどパフ 256Kcal
バニラロール1個 134Kcal
ココアロール1個 133Kcal
こだわりメロンケーキ 307Kcal
ジャンボ蒸しケーキプレーン 444Kcal
練乳ミルク 269Kcal
黒糖蒸しパン 309Kcal
ミニ蒸しケーキ 167Kcal

お菓子パンが太ると言われる理由と対策

商品や種類によってかなり差がありますが、菓子パンの主な部分はパン生地の部分になります。パン生地の材料は小麦粉や米粉なので炭水化物がメインとなってきます。商品の種類や大きさによっても異なりますが、1つの菓子パンに含まれる炭水化物はおよそ60g前後となっています。

炭水化物は糖質と食物繊維などが合わさったものです。炭水化物はタンパク質、脂質と並んで3大栄養素に分類され、人間が生きていく上で必ず必要になる栄養素になります。

炭水化物は人間が生きていく上で欠かせない栄養素ですが、パンだけ、というようなバランスの偏った食事をしている人は太るので注意しないといけません。

又「お菓子」とつくように甘い砂糖やクリームに使う脂肪なども含まれています。沢山食べると当然高カロリーになってしまいます。

対策1・・・カロリーが低い菓子パンを選んで食べる。

上記からもメロンパンやジャムホイップクリーム系はかなりの高カロリーになっています。それに比べて和風のアンパンなどはクリーム不使用のものはわりと低カロリーで小豆にも食物繊維が豊富なので以外に腹持ちが良くおすすめです。

対策2・・・全粒粉や玄米粉、ライ麦粉のパンを選ぶ。

全粒粉や玄米粉、ライ麦粉のパンは比較的カロリーもGI値も低く、噛み応えがありますから沢山食べないでもお腹いっぱいになり、そのようなパンに低糖のジャムなどを使って自家製のお菓子パンを作り食べるのもミネラル、繊維質の補給にもなりヘルシーで良いです。

対策3・・・おやつにせずメインの食事にする

どうしてもお菓子パンを食べて満足したい!という方向けです。

こういうと「エェッ!」と思う方もいらっしゃると思いますが、副食にサラダ系、海藻系を取り入れてドリンクもウーロン茶やプアール茶のように脂肪の分解を助けてくれるようなものと一緒にいただくと割と栄養的にもバランスが取れます。

お菓子パンは炭水化物がメインで脂質も多く含まれがちなので注意しないといけませんが、人間に大切な植物繊維もアイスクリームには含まれていませんがお菓子パンには入っています。

又クリームなど乳製品や卵も使用されていてタンパク質、脂質も摂れるので大量に食べず考えて食べれば人間が生きていく上で必ず必要になる栄養素3大栄養素と繊維が含まれた優れた食品です。

又、便秘がちな方にはアイスクリームよりお菓子パンの方がおすすめです。

スポンサードリンク


アイスの種類とカロリー

↓大体おおよそ普通の市販のアイスのカロリーはこのくらいだとおぼえておくと摂取カロリーの計算に役に立ちますよね。

アイスクリーム100g=約212kcal

アイスクリーム 212kcal
アイスミルク  167kcal
ラクトアイス  224kcal
氷菓      127kcal

サーティワンさんのアイスクリームで考えると以下のようになり、各々商品の説明もついてます。レギュラーサイズは赤にしています。

キッズ・・70g

レギュラー・・110g

キング・・140g

スタンダードフレーバー
商品名 カロリー(kcal) アレルギー店舗ではすべてのアイスクリーム、食材に共通の器具を使用しております。アレルギーがご心配なお客様は、購入時に店舗従業員にお申し出ください。
キッズ レギュラー キング ポップ
バニラ 147 231 294 105
キャラメルリボン 154 242 308 110
ベリーベリーストロベリー 133 209 266 95
ポッピングシャワー 175 275 350 125 乳・大豆
ラブポーションサーティワン 161 253 322 115 乳・大豆・オレンジ・りんご
チョコレートミント 161 253 322 115 乳・大豆
オレオ®クッキーアンドクリーム 170 268 341 122 乳・小麦・大豆
抹茶 150 236 301 107
ジャモカコーヒー 147 231 294 105
チョップドチョコレート 175 275 350 125 乳・大豆
ラムレーズン 154 242 308 110
マスクメロン 144 227 289 103
バナナアンドストロベリー 140 220 280 100 乳・バナナ・オレンジ・りんご
ナッツトゥユー 175 275 350 125 乳・落花生・くるみ・カシューナッツ
大納言あずき 159 250 319 114
チョコレート 154 242 308 110
ジャモカアーモンドファッジ 168 264 336 120
ロッキーロード® 175 275 350 125 乳・ゼラチン
オレンジソルベ 109 170 219 78 オレンジ
コーン
商品名 カロリー(kcal) アレルギー店舗ではすべてのアイスクリーム、食材に共通の器具を使用しております。アレルギーがご心配なお客様は、購入時に店舗従業員にお申し出ください。
シュガーコーン 50 小麦・大豆
ワッフルコーン 101 乳・卵・小麦・大豆
上記+シュガーコーンでも50kcalでワッフルコーンがなんと101kcal 、アイスクリームだけ食べたいならカップにした方がカロリーカットになると思います。

キングサイズでワッフルコーンとなるとかなりのカロリー、また、レギュラーダブルでも大変なカロリーです。

アイスが太ると言われる理由と対策

アイスクリーム100g=約212kcal

アイスクリーム 212kcal
アイスミルク  167kcal
ラクトアイス  224kcal
氷菓      127kcal

↑100gあたりのカロリー計算です。ラクトアイスは乳脂肪分がない代わりに砂糖や人工甘味料などが多く含まれているので、乳脂肪分の高いアイスクリームよりもカロリーが高くなっています。注意が必要です。

又、サーティワンさんのアイスクリームもコーンを付けると手で持って歩きながら食べれるので便利でそのコーンが大好きという方もいらっしゃいますが、かなりのカロリーでバニラのレギュラーサイズ231kcalにさらにワッフルコーン101kcalが加わります。太るのを気にするならコーンは避けた方がいいですね。

アイスで「アイスクリームダイエット」があり、朝食をアイスクリームにとか脂肪も含まれていてよいとか、体を冷やすので体が体を温めようとして代謝にいいとか色々な利点もあるようです。

が、アイスクリームを作ったことのある方にはわかると思いますがかなりのお砂糖を使います。人間は冷たいものを食べるときに甘さを感じるのが鈍くなります。

うっかり溶けてしまったアイスを味見したことがありますか?超甘いですよね?これでダイエットとは・・・冷たいからダイエットになるのでしょうか。

バニラアイスでは糖分だけでも角砂糖7個相当の砂糖が使われているようです。

アイスの中でも、特に豊富な乳脂肪分を持つ物を”アイスクリーム”と分類されています。この中の
バニラ味のアイスでも多くの砂糖が使用されています。
例えば、高級アイスとして人気の高いものでたとえミニカップ1個当たり20グラムもの砂糖がしようされています。

対策1・・・コーンは出来るだけ避けてカップなどにした方がカロリーをカットできるようです。

対策2・・・ラクトアイスは乳脂肪分がない代わりに砂糖や人工甘味料などが多く含まれているので、乳脂肪分の高いアイスクリームよりもカロリーが高くなっています。注意が必要ですね。カップに記載されているカロリーをよく見てから購入するのもひとつの手です。

対策3・・・アイスにはたくさんの砂糖が含まれているので他の食事で出来るだけ砂糖の量を減らすお料理を考えてくださいね。

ついつい沢山食べてしまった時

お菓子パン1個、アイス一つが種類によってかなり差がありますが290kcal~450kcal(木村屋のこだわりあんぱん 288kcal)~(サーティワンナッツトウゥユゥキングサイズ+ワッフルコーン 451kcal)です。そして成人の1日の摂取カロリーは個人差はありますが、だいたい約1800~2200kcalくらいです。

特別な持病でドクターから糖質などを制限されている方以外なら毎日の3度の食事をバランスよく低カロリーに抑えて摂り、適度な運動を心がけ、そのごほうびにお菓子パンやアイスを1個食べるくらいであれば太る、太らないの問題なんかありません。

さらに菓子パンやアイスのカロリー分運動するなど毎日の消費カロリーを増やして消費カロリーが摂取カロリーを上回ったらエネルギーの足りない分は体脂肪を燃焼させるのでその分体重は減り太る心配はないのです。

まとめ

いかがでしたか?お菓子パンが太るとかアイスが太るとかどっちが太るか考えると結局の答えは沢山食べればどちらでも太りますし上手に食べれば太る心配もないという結果にたどり着きます。

そのためにはいつも摂取カロリー(食べた量)消費カロリー(運動量や一日の体が必要な総カロリー)より少なければ太ることはないという事を念頭にお菓子パンもアイスも美味しくいただくという事です。

今日の一言・・・美味しいお菓子パンとアイスを食べるのもどちらでも食べ方次第では太りますし、上手に食べると大丈夫なわけでして、我慢してお菓子パンもアイスも食べないでストレスを溜めるより楽しく食べれる方が断然いいですよね。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です